新型CRV/CR-Vとエクストレイルのサイズ比較【車内の広さが全然違う!?】

2018年6月、ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、ハイブリッド車とガソリン車の7人乗り仕様を引っ下げて、日本市場に帰ってきました。

そんな新型モデルの競合車・ライバル車の一つが、日産から発売されているタフギア新型エクストレイル(X-TRAIL)です。

先日、この2台のモデルを乗り比べる事ができたのですが、ボディサイズや車内の広さ、運転のしやすさに大きな違いが…。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVと競合車の新型エクストレイル(X-TRAIL)のボディサイズは、それぞれどのくらいの大きさなのでしょうか?また、ボディサイズの違いを実感する事はあるのでしょうか?

新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVとその競合車のボディサイズの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vと新型エクストレイルのボディサイズ比較

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ホンダの新型CRV/CR-Vの外装・エクステリア

この新型モデルは、メッキ調のパーツを上手にあしらって、高級感・上質感のあるデザインに…。オフロードを走るというよりも、町中での運転にオシャレな出残になっていました。

一方、日産から発売されているミドルクラスSUV新型エクストレイル(X-TRAIL)の外装・エクステリアは、このようになっています。

■日産の新型エクストレイルの外装・エクステリア

一方、日産から発売されている新型エクストレイル(X-TRAIL)は、街乗りにピッタリなアーバンスタイルのSUVと言うよりも、キャンプやスキーなどのレジャーに行くのに最適なアウトドアスタイルのSUVになっているよに感じました。

このように見た目の印象が全く異なるこの2台のモデルですが、ボディサイズはそれぞれ次のようになっていました。

■新型CRV/CR-Vと新型エクストレイルのボディサイズ比較
・ホンダ 新型CRV/CR-Vのボディサイズ
全長:4,605mm
全幅:1,855mm
全高:1,860mm
・日産 新型エクストレイルのボディサイズ
全長:4,690mm
全幅:1,820mm
全高:1,740mm

新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVよりも全長が長く、そして、全高が低い日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)は、スラリとした伸びやかなデザインに…。

一方、全高&全幅が大きい新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVは、新型エクストレイル(X-TRAIL)よりもドッシリとした塊感のあるシルエットになっていました。

車内に乗ってもボディサイズの違いを実感

このようにボディサイズ&特徴が大きく異なるホンダの新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVと新型エクストレイル(X-TRAIL)ですが、車内からでも広さ・大きさの違いを実感します。

私がこの2台のモデルを乗り比べて、広いと思ったのは、ホンダから新発売されている新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVの方です。

特に違いを感じたのは、後部座席(2列目シート)に座った時の居住性&広さです。

私がこの新型モデルの2列目シートに座ってみたところ、足元空間(ニークリアランス)は約270mm、そして、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、約110mmとかなり広めに…。

■新型CRV/CR-Vの2列目シート

身長約175㎝ある私が後部座席に座っても、窮屈感や圧迫感を感じない広さになっていたのは、好印象でした。また、この新型モデルは、横幅が広いため、プライベート空間をしっかりと確保できるのも、お気に入りのポイントでした。

一方、日産から発売されている新型エクストレイル(X-TRAIL)も足元空間(ニークリアランス)は、新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVに負けず劣らず十分に広いです。

■エクストレイルの2列目シート

ただ、頭上空間(ヘッドクリアランス)に大きな違いが…。

新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVの後に新型エクストレイル(X-TRAIL)の後部座席に座ると、やはり頭上空間(ヘッドクリアランス)に窮屈さを感じます。

なので、車内の過ごしやすさや居住性を優先するのなら、新型エクストレイル(X-TRAIL)よりも新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVの方が良いのかなと思いました。

運転のしやすさにも違いが…

また、新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVと新型エクストレイル(X-TRAIL)では、運転のしやすさにも違いがありました。

個人的には、運転がしやすいと感じたのは、日産から発売されている新型エクストレイル(X-TRAIL)の方です。

どちらのモデルもボンネネット(フロントオーバーハング)が長いため、前方の見切りは、どちらもあまり良いとは言えないのですが、大きく違いを感じたのは、車体感覚の掴みやすさです。

日産から発売されている新型エクストレイル(X-TRAIL)は、横幅がスリムになっているため、車体感覚が掴みやすく、運転がミドルクラスSUVの中では比較的運転がしやすいように感じました。

■新型エクストレイルの運転席からの視界

一方、新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVは、ミドルクラスSUVの中でも特に全幅が広くなっているため、左側の車体感覚が掴みにくいです。

■新型CRV/CR-Vの運転席からの視界

私は比較的ミドルクラスSUVサイズのクルマの運転に慣れている方なのですが、初めて、このクルマの運転席に乗った瞬間、

「うわ!?このクルマ、ボディでかい!」

と、感じてしまいました。

ちなみに、今回新発売された新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVでは、左側(助手席側)の死角をカバーするアイテムとして、鏡の反射を利用して前輪付近を映し出してくれるプリズムアンダーミラーを標準装備しています。

■新型CRV/CR-Vのプリズムアンダーミラー

ただ、このプリズムアンダーミラーの視認性には、ちょっとクセがあります。

なので、もしこの新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVを試乗する際は、助手席側のサイドミラーの下側に備わっているプリズムアンダーミラーの視認性や使い勝手も確認してみてくださいね。

>>> 視認性はどう?新型CRV/CR-Vのプリズムアンダーミラーの実車画像レビュー

2018年6月にデビューをしたホンダの新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVと競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)のボディサイズを比較してみたところ、このようになっていました。

全長に関しては、新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が大きいですが、全幅&全高に関しては、新型CR-V/CRV新型CR-V/CRVの方が圧倒的に上。なので、この2台のモデルでは、居住性や運転のしやすさが、全く異なります。

もしこの2台のモデルでどちらにしようか迷っているのなら、走破性や使い勝手だけではなく、居住性などもしっかりとチェックをしてみてくださいね。

>>> CRV/CR-Vとエクストレイルの7人乗り仕様の荷室【使い勝手が良いのはどっち?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする