ガソリン車よりも劣る点とは?新型CRV/CR-Vハイブリッドの荷室レビュー

ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vがハイブリッド車とガソリン車の7人乗り仕様を引っ下げて、2年半ぶりに日本市場に帰ってきました。

そんな新型モデルのハイブリッド車は、ガソリン車とは異なる荷室・ラゲッジスペースの作りに…。

個人的には、ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースよりもガソリン車の方が使い勝手が良いように感じました。

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ガソリン車と比較して、どこが劣ると感じたのでしょうか?

ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vハイブリッドの荷室・ラゲッジスペースは、どんなデザイン?

2018年8月にホンダからデビューをしたミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型CRV/CR-Vハイブリッドの荷室・ラゲッジスペース

開口部の広さは、ガソリン車と大きく違いが無いような感じが…。

■新型CRV/CR-Vガソリン車の荷室・ラゲッジスペース

そんな新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの室内の広さは、このようになっています。

■新型CRV/CR-Vハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの広さ

ミドルクラスサイズのSUVと言う事で、後部座席を使用した状態でも広さは十分ですよね。

このようにこのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を使用した状態でも十分な広さを確保しているので、積載量で困る事はないのかなと思いました。

また、今回デビューをした新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペース左右には、後部座席を収納するレバーが用意されとり、レバーを引くだけで後部座席を収納できるのようになっているのも好印象でした。

ちなみに、この新型ハイブリッド車の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■後部座席を収納した時のハイブリッド車の荷室

後部座席を収納すると、車中泊もできるくらいの広さが…。
また、後部座席を収納した際、段差ができずにほぼフルフラットな荷室フロアが登場するのも、好印象でした。

新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の荷室の不満&欠点

このように十分な広さを備えている新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースですが、ガソリン車よりも劣っていると感じた部分も…。

私がこの新型モデルのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースを見て気になった事を、包み隠さず紹介したいと思います。

欠点1.床下収納(サブトランク)の広さ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジスペースを見比べてみて気になったのは、床下収納(サブトランク)の広さです。

ガソリン車の5乗り仕様は、荷室フロアの下側全面が収納スペースになっている広い床下収納(サブトランク)を備えているのですが、ハイブリッド車では、ごく僅かなサイズに…。

■ガソリン車の5人乗り仕様の床下収納

■ハイブリッド車の床下収納

床下収納(サブトランク)の広さにだいぶ違いがありますよね。

一応、ハイブリッド車でも小物を収納できるスペースは用意されているのですが、本当に小さいため、置けるアイテムには限りがあります。

新型CR-V/CRVのハイブリッド車とガソリン車では、荷室・ラゲッジスペースの広さ自体は大きな差はありませんが、床下収納の広さや使い勝手に関しては、雲泥の差があるように感じました。

欠点2. 荷室・ラゲッジスペースの使い勝手

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が劣っている点の一つです。

新型CR-V/CRVのガソリン車は荷室・ラゲッジスペースの高さを調整できるラゲッジボードが標準装備されており、荷物の背の大きさや量などによって、荷室・ラゲッジスペースの高さを調整する事が可能です。

■ガソリン車の荷室:ラゲッジボードを上段設置時

■ガソリン車の荷室:ラゲッジボードを下段設置時

画像で見ると、僅かな差しかなさそうに感じますが、ラゲッジボードを上段に設置した時と下段に設置した時では、だいぶ荷室・ラゲッジスペースの高さが違います。

また、ラゲッジボードを上段に設置すれば、ちょっと大きめのアイテムを収納できるのもガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つなのかなと思いました。

一方、新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、ラゲッジボードが用意されていないません。なので、この状態から荷室・ラゲッジスペースの高さを変える事ができません。

このハイブリッド車でも十分な広さを備えていますが、ハイブリッド車とガソリン車を見比べると、荷室の高さを調整できるガソリン車の方が使い勝手が良いのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

この新型ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、ガソリン車に負けず劣らず十分な広さを確保。

ただ、広い床下収納やラゲッジボードを備えているガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの方が、ガソリン車よりも広くて使い勝手が良いように感じました。

もしこれからこの新型CR-V/CRVのハイブリッド車とガソリン車を見る機会がある方は、荷室や床下収納の違いを確認してみてくださいね。

>>> 3つのモデルで異なる!?新型CRV/CR-Vの床下収納の広さ&使い勝手を実車画像で比較

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする