ウェイク(WAKE)一覧

ダイハツ ウェイクの後部座席の乗り心地は欠点!その理由とは?

ダイハツのウルトラハイト系ワゴンのウェイク(WAKE)の魅力の一つは、背の高さを居住性・快適性。しかし、実際にウェイクの後部座席に座ってみると、乗り心地・座り心地はそれ程よくあrません。このウェイクの後部座席の乗り心地が悪い理由は何なのか?実際に試乗をして感じた感想を紹介します。

乗り心地は要注意!?ダイハツ ウェイクの試乗の感想

ダイハツからウルトラハイト系ワゴンのウェイク(WAKE)が新発売されましたね。先日、このウェイクの試乗に行ってきたのですが、気になったのは乗り心地!このウェイクを試乗した際に感じた乗り心地を紹介します。また、このクルマの乗り心地はフロントシートと後部座席でまったく異なりました。それぞれのシートの乗り心地も紹介します。

【ダイハツ ウェイクの注目装備】ラゲッジボードを徹底レビュー

ダイハツから背の高い軽自動車ウェイクが発売されましたね。このクルマの魅力の一つが、高さを調節できるラゲッジボード。このラゲッジボードは、テーブルとしても使うことができて、とっても便利。そんな使い勝手の良いウェイクのラゲッジボードを徹底的にレビューしたいと思います。

【足元空間も広い!?】ウェイクの後部座席の居住性・快適性の感想インプレ

ダイハツのウェイクの魅力と言えば、背の高さを活かした収納スペースと居住性の広さですよね。そんなダイハツ ウェイクの後部座席は本当に居住性に優れ、快適なのか気になったので、試乗した際に確認してきました。このウェイクの足元空間や頭上空間は?実際にウェイクの後部座席に座ってみた感想を紹介いたします。

ウェイクのメーターを徹底検証。センターメーターの使い勝手はどう?

ダイハツのウェイクがマイナーチェンジをして、新発売されましたね。新発売されたウェイクも先代モデルと同様にセンターメーターを採用。このウェイクのセンターメーターは、どのようなデザインなのか?またセンターメーターの使い勝手はどうなのか?実際に試乗してセンターメーターを実感した感想を紹介いたします。

ダイハツ ウェイクの内装・インパネ比較【先代との3つの違いとは?】

ダイハツのウェイクがマイナーチェンジをして新発売されましたね。今回新発売されたウェイクは、外装のデザインの変更が注目を集めていますが、内装・インテリアのデザインも大幅に変わりました。このウェイクの内装の変更点は何なのか?3つの違いを紹介します。

ウェイクの床下収納レビュー【デッキボードで荷室はどう変わる?】

ダイハツのウェイクがマイナーチェンジをして新発売されましたね。このクルマの魅力と言えば、広い床下収納と使い勝手が良い高さを調整できるデッキボード。このデッキボードの高さを変えると、荷室・ラゲッジスペースのはどうなるのか?先日この高さを調整できるデッキボードと床下収納を徹底的にレビューします。

荷室の欠点・デメリットとは?ウェイクを実際に見て気になった事

ダイハツのウルトラハイト系ワゴンのウェイクの魅力と言えば、背の高さと広い荷室・ラゲッジボックスですよね。私もこの荷室は大好きなのですが、実際に見てみると気になる欠点・デメリットも…。私がこのクルマの荷室・ラゲッジスペースを見て気になった不満・欠点を紹介します。

リクライニング機能は装備されている?ウェイクの後部座席の画像レビュー

ダイハツのウルトラハイト系ワゴンのウェイクがマイナーチェンジをして、新発売されました。先日このクルマを見に行ってきたのですが、気になったのは、後部座席にリクライニング機能が装備されているかと言う事…。なので、先日この新型ウェイクを試乗した際、後部座席のリクライニング機能を確かめてきました。こ

ダイハツ ウェイクの内装画像レビュー【マイチェンの変更点とは?】

ダイハツのウェイク(WAKE)がマイナーチェンジをして、新発売されましたね。今回のマイナーチェンジで内装・インテリアの変更。より高級感のあるデザインになっていました。今回のマイナーチェンジで新型ウェイクの内装・インテリアはどのようなデザインになったのか?実際に私が撮った画像を使って紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)