全席に標準装備!? 新型CRV/CR-Vのシートヒーターを徹底解剖

北米や中国を中心に世界中のファンから愛されているホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vが、2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されました。

2年ぶりに新発売をした新型モデルは、ハイブリッド車や7人乗りの3列シート仕様を新たにラインナップするなど、大幅に進化を遂げました。

そんな新型CRV/CR-Vを先日、見に行った際に目を引いたのは、機能の充実度です。

今回、フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは、ナビや大型のサンルーフ、SUVらしさを演出するルーフレールが標準装備していました。

では、この新型モデルの快適性は、どうだったのでしょうか?シートヒーターは、フロントシートだけではなく、後部座席にも備わっていたのでしょうか?

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vのシートヒーターを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vにシートヒーターは標準装備されている?実車画像を使って徹底チェック

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのシートは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのシート

こちらは本革素材を採用した最上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”のシートなのですが、プレミアムSUVらしい高級感・上質感に溢れたシートデザインですよね。

シートサイズも大きくゆったりと座れるサイズになっており、恰幅(かっぷく)の良い男性でもゆったりと座れるサイズになっているのも好印象でした。

このようなデザインになっている新型CRV/CR-Vですが、運転席&助手席には、3段階から温度を調節できるシートヒーターが全グレード標準装備されています。

最上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”だけではなく、廉価モデルの”EXグレード”でもシートヒーターが標準装備されているのは、嬉しいですよね。

しかも、自分好みの温かさに設定しやすい3段階温度調節機能付き!

私も実際に使用をしてみたのですが、ほんの30秒も経たないうちに、背中やお尻から温かさを感じます。また、一番強くすると、ちょっと熱すぎるくらい…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの運転席には、シートヒーターだけではなく、ハンドルをじんわりと温かくするステアリングヒーターも用意されいるので、エアコンのヒーターを使用しなくても十分な暖を取れるのかなと思いました。

シートヒーターの操作性も十分

このようなデザインに十分な暖を取れる新型CRV/CR-Vのシートヒーターですが、使い勝手も十分です。

この新型モデルでは、エアコンパネルのの左右、ダイヤル式のスイッチの下のスペースにシートヒータースイッチが備わっております。

■新型CRV/CR-Vのシートヒータースイッチ

この新型モデルのシートヒーターの操作スイッチは、エアコンパネルの左右に設置。

シートヒーターのスイッチサイズも大きく、運転席/助手席側どちらからでも操作しやすいデザインになっているのが、とても良いと思いました。

また、この新型モデルのシートヒーターは、このスイッチを押して、設定温度を変更するのですが、ご覧の通りボタンサイズが大きいため、運転中、視線を落とさずにスイッチ操作ができるのも好印象でした。

ちょっと残念だったのは、後部座席のシートヒーター

このように2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのフロントシート周りのシートヒーターは大満足だったのですが、ちょっと残念だったのは、後部座席のシートヒーターです。

今回新発売された新型モデルは、運転席と助手席にシートヒーターが標準装備されていたものの、残念ながら、5人乗り2列シート仕様/7人乗り3列シート仕様問わず後部座席用のシートヒーターは、全グレード用意されていません。

これはちょっと残念ですよね。

なので、後部座席に座ると、ヒーターで車内が温まるまで、寒さを我慢しないといけない事に…。なので、後部座席の快適性は、フロントシートよりも劣ります。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)の上位グレードでは、2段階から調節できる後部座席用のシートヒーターが標準装備されています。

■新型フォレスターの後部座席用のシートヒーター

また、スバルから発売された新型フォレスターが特別なのではなく、マツダの人気ミドルクラスSUVの新型CX-5/CX5や日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)にも鵜部座席のシートヒーターは、標準装備されていました。

今回、2年半ぶりにホンダから新発売された新型モデルの乗り出し価格は400万円オーバーとなっており、ミドルクラスSUVの中でもトップクラスの金額となっております。(さらにその上には、トヨタのハリアーがありますが…)

乗り出し価格の高さや高級感や上質感を追求したこ新型CRV/CR-Vの車格・イメージを考慮すると、後部座席用のシートヒーターは用意してしかるべきだったのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのシートヒーターを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの運転席・助手席には、使い勝手の良い3段階調整機能付きのシートヒーターが全グレード標準装備されていました。しかし、残念ながら、この新型モデルの後部座席には、シートヒーターが用意されていませんでした。

なので、後部座席の快適性は、競合車・ライバル車よりも若干劣る感じが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは機能や装備が充実しているのが魅力の一つなのですが、後部座席のシートヒーターが標準装備されていなかったのは、少々残念でした。

>>> 新型CRV/CR-Vのタイヤ&ホイールはHVとガソリンで違う!?【実車画像で確認!】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする