HVとガソリン車で違う!?新型カローラスポーツのシフトレバーの実車画像レビュー

2018年6月、踏ん張り感のあるスタイルが特徴のスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)がデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルはハイブリッド車とガソリン車の2つのモデルを用意していますが、内装・インテリアのデザインや機能、装備が若干異なります。

その内装・インテリアの違いの一つが、シフトレバーです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシフトレバーは、どのようなデザインになっているのか?また、ハイブリッド車とガソリン車でどのような違いがあったのか?

トヨタから新発売された新型モデルのシフトレバーのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カローラスポーツのシフトレバーのデザインは?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)はハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意していますが、ハイブリッド車/ガソリン車問わずオーソドックスなストレート式のシフトレバーを標準装備しておりました。

■新型カローラスポーツのシフトレバー

ただ、この新型モデルのシフトレバーは、グレードによって、若干デザインに違いがありました。

こちらは、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”に用意されているシフトレバーです。

■GZグレード/Gグレードのシフトレバー

中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”や最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、本革巻きのシフトレバーを採用しており、高級感・上質感のあるデザインに…。

また、新発売された新型モデルでは、ステッチ付きのシフトブーツを備えており、スポーツモデルらしいデザインになっていました。

一方、こちらは、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”のシフトレバーは、このようなデザインになっています。

■GXグレードのシフトレバー

ステッチが施されたシフトブーツを備えるところや、ピアノブラック調のパネルを採用しているところなど、基本的なシフトレバーのデザインは、上位モデルと同じになっています。

ただ、シフトノブ部分が本革ではなく、ウレタン製に…。

個人的には、やはり上位モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”などの方が、見た目のデザイン性だけではなく、握った時のグリップ感もワンランク上になっているように感じました。

新型カローラスポーツのシフトレバー:ハイブリッド車とガソリン車の違いは?

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシフトレバーですが、ハイブリッド車とガソリン車で若干使い勝手や機能性が異なります。

この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のシフトレバーの違いを、紹介したいと思います。

違い1:シフトレバーのポジション

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシフトレバーのハイブリッド車とガソリン車の違いの一つが、ポジションです。

こちらは、ガソリン車のシフトレバーのポジションです。

■ガソリン車のシフトレバーのポジション

この新型モデルのガソリン車のシフトレバーでは、前進のポジションは、”D(ドライブ)”のみ用意。

ガソリン車では、エンジンブレーキを掛ける時に役に立つ”L(ロー)”のポジションは用意していないのですが、シフトアップやシフトダウンを行える”マニュアルモード”を全グレード標準装備しています。

また、ハンドル・ステアリングホイールの左右の付け根に手元でシフトアップやシフトダウンを行えるパドルシフトを標準装備しているのも、ガソリン車の特権なのかなと思いました。

■ガソリン車に用意されているパドルシフト

一方、こちらは、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車のシフトレバーのポジションです。

■ハイブリッド車のシフトレバーのポジション

ガソリン車と異なり、ハイブリッド車では、シフトアップやシフトダウンを行えるマニュアルモードは、用意されておりません。また、パドルシフトの用意もありません。

ちょっとコレは残念ですよね。

ただ、その代わりにハイブリッド車では、強いエンジンブレーキを掛ける際に使える”B(ブレーキ)”のポジションを用意。なので、急な坂道を下る特にエンジンブレーキを掛けたい際は、この”B(ブレーキ)”のポジションを使うと良いと思いますよ。

違い2:シフトレバー上段のスイッチ

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車では、シフトレバー前方に設置されているスイッチにも違いがありました。

ガソリン車では、ドライブモード選択スイッチの隣に、アイドリングストップの解除スイッチを配置。

■ガソリン車のアイドリングストップ解除スイッチ

一方、ハイブリッド車では、強制的にモーターのみで走行するように制御をする”EVモード”スイッチを標準装備。

■ハイブリッド車のEVモードスイッチ

このようなシフトレバーの前方に用意されているスイッチも、ハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つなのかなと思いました。

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシフトレバーは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルでは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらもオーソドックスなストレート式のシフトレバーを標準装備。なので、どちらのモデルを選んでも、違和感なくシフトレバーを使う事ができると思います。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では、シフトレバーのポジションに若干の違いが…。
特にガソリン車の購入を検討している方は、試乗をする際、シフトアップやシフトダウンを行えるマニュアルモードの使い勝手や操作性を確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする