新型カローラスポーツ ハイブリッドのメーター【特徴&魅力を徹底レビュー】

2018年6月、今までのカローラ像と打って変わって若々しいデザインに生まれ変わった新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタから新発売されました。

今回新発売された新型モデルのハイブリッド車のメーターは、ガソリン車とは異なる専用デザインになっています。

また、この新型モデルのハイブリッド車のメーターは、CHR/CH-Rやヴィッツ(VITZ)とは違い、スポーツモデルらしいデザインになっているのが印象的でした。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車のメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、視認性や使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2018年6月にトヨタからデビューをした新型スポーツハッチバックのハイブリッドモデルのメーターの視認性やデザインを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カローラスポーツのハイブリッド車のメーター画像レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車は3つのグレードを用意していますが、グレードによって、メーターのデザインが異なります。

最上位モデルの”ハイブリッドGZ”では、スピードメーターが表示されている中央部分に液晶ディスプレイを採用したフルデジタル表示のメーターを標準装備。

■ハイブリッドGZのメーター

スピードメーターが配置されている中央部分に7インチサイズの液晶ディスプレイを採用した最上位モデル”ハイブリッドGZ”のメーターは、他のグレードとは一味異なる先進性のあるデザインになっていました。

また、中央にあるスピードメーターは、アナログ表示とデジタル表示を切り替える事ができ、自分好みのデザインにカスタマイズできるのも好印象でした。

>>>画面の変更が可能!新型カローラスポーツGZのメーターの注目ポイント

一方、中間モデルの”ハイブリッドGX”と最廉価モデルの”ハイブリッドGX”では、オーソドックスな3眼式のメーターを採用しています。

■ハイブリッドGのメーター

■ハイブリッドGXのメーター

フルデジタル表示を採用している最上位モデルのハイブリッドGZと比較すると、先進性では劣ります。

ただ、スピードメーターが大きく中央に配置された3眼式メーターは、最上位モデルのハイブリッドGZに劣らない視認性に…。

また、オーソドックスなデザインになっている分、運転をしていて違和感を感じないのもアナログ式メーターの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ハイブリッド車のメーターを見て驚いた事

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車ですが、私が驚いたのは、搭載されているメーターのデザインです。

トヨタから発売されているハイブリッド車の多くは、現在のエネルギーの出力や回生状況を一目で理解する事ができる”パワー/チャージインジケーター”を搭載しています。

ちなみに、こちらは同じトヨタの人気コンパクトカーのヴィッツ(Vitz)のハイブリッド車のメーターのデザインです。

■ヴィッツのハイブリッド車のメーター

ご覧の通り、ヴィッツ(VITZ)のハイブリッド車では、左側にパワー/チャージインジケーターを搭載しています。

しかし、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車では、ガソリン車と同様にタコメーターを標準装備。

■新型カローラスポーツ ハイブリッドのタコメーター

パワー/チャージインジケーターではなく、タコメーターを標準装備装備しているのは、スポーツモデルらしくて、とても良いと思いました。

ちなみに、パワー/チャージインジケーターは、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイで確認する事ができますよ。

また、最上位モデルの”ハイブリッドGZ”では、メーカーオプションで用意されているヘッドアップディスプレイ(HUD)でも確認をする事ができますよ。

■新型カローラスポーツのヘッドアップディスプレイ

ハイブリッド専用ののマルチインフォメーション画面も…

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のメーターには、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイが標準装備されていますが、ハイブリッド車専用の表示項目も用意されています。

その一つが、先ほども紹介しました先ほども紹介をしたパワー/チャージインジケーターです。

■新型カローラスポーツのパワー/チャージインジケーター

また、現在のエネルギーの流れを表示してくれるエネルギーモニターも、ハイブリッド車専用の画面となっています。

■新型カローラスポーツのエネルギーモニター

このように専用画面を用意しているのも、ハイブリッド車のメーターの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車のメーターは、このようなデザインになっていました。

通常、ハイブリッド車のメーターは、ガソリン車と異なり、エコさやクリーンさを連想させるようなデザインになっている事が多いのです。ただ、この新型モデルのハイブリッド車は、スポーツモデルらしいデザインに…。

ハイブリッド車でありながら、ガソリン車のようなタコメーターを装着したのは、「運転を楽しんでもらいたい。」と言う、トヨタのメッセージが込められているように感じました。

>>> HVとガソリン車で違う!?新型カローラスポーツのシフトレバーの実車画像レビュー

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする