サイドモニターはついている!?新型カローラスポーツのドアミラーの実車画像レビュー

2018年6月、若々しい見た目に生まれ変わったハッチバックモデル新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルの競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのスポーツハッチバック新型インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)では、最新の安全装備”アイサイト”が標準装備されております。

また、それだけではなく、クルマの助手席側の死角の視認性をサポートする”サイドモニター”や”フロントモニター”をオプションで用意しています。

一方、トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、助手席側の死角をサポートするサイドモニター”や”フロントモニター”は、用意されていたのでしょうか?また、この新型モデルの視認性は、どうだったのでしょうか?

2018年6月にトヨタからデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の視認性を、確認してきました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カローラスポーツにサイドモニターは付いている?

サイドモニターとは、運転席から目視をしにくい助手席側の死角を、マルチインフォメーションディスプレイやナビに映しだしてくれる機能です。

ちなみに、こちらはスバルの人気SUV”新型エクストレイル(X-TRAIL)”に用意されているサイドモニターです。

■日産の新型エクストレイルのサイドモニター

日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)では、ナビに助手席側の死角を映しだす機能を用意。また、日産のクルマでは、真上からの視点でクルマと周囲の状況を確認できるアラウンドビューモニターまで備えています。

■日産 新型エクストレイルのアラウンドビューモニター

また、の競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)でも、助手席側の死角をモニターに映し出してくれる”サイドモニター”をオプションで装着する事ができます。

しかし、今回デビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、助手席側の死角の映像をナビやマルチインフォメーションディスプレイに映しだしてくれるサイドモニターは、用意されていません。

■新型カローラスポーツのドアミラー

なので、競合車・ライバル車の一つでもある新型インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)と異なり、目視で助手席側の死角をしなければいけません。

しかも、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、競合車・ライバル車の中でも特に横幅が広くなっており、助手席側の車体感覚を掴むのに気を使います。

■新型カローラスポーツと競合車の横幅を比較
トヨタ カローラ スポーツ      :1,790mm
スバル インプレッサ スポーツ:1,775mm
ホンダ シビック ハッチバック:1,800mm

競合車の中でも比較的広い車幅になっているにも関わらず、助手席の死角をカバーするサイドモニターが用意されていないのは、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

新型カローラスポーツのドアミラーがカバーできる範囲は、どれくらい?

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は残念ながらサイドモニターが用意されていませんでしたが、ドアミラー(サイドミラー)がカバーできる範囲は、どのくらい広かったのでしょうか?

今回新発売された新型モデルのドアミラーは、このようなデザインになっていました。

■新型カローラスポーツのドアミラー

今回新発売された新型モデルはスポーツモデルと言う事もあり、ドアミラー(サイドミラー)も先が尖ったシャープなデザインに…。

なので、ドアミラーがカバーできる範囲はそれ程広くなく、四角くて大きなドアミラーを備えている軽自動車やコンパクトカーなどから乗り換えると、ドアミラーの小ささを感じるかもしれません。

このように今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のドアミラーは小さめの設計になっており、死角が多いので、試乗する際は、ドアミラーの視認性や運転のしやすさも確認してみてくださいね。

新型カローラスポーツのドアミラーで良かったところも…

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のドアミラーは、良いところもありました。

それは、ドアミラーが設置されている位置です。

この新型モデルでは、フロントガラスを支えるAピラーの付け根からドアミラー(サイドミラー)が生えているのではなく、ドアパネル部分に設定されています。

そのため、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の斜め前方の視界は広々としており、運転がしやすい設計に…。なので、歩行者が多い横断歩道を右左折する際、わざわざ体を前後にずらして斜め前方の視界を確認する必要はありません。

この死角が少ない斜め前方の視界は、今回新発売された新型モデルの良いところ&メリットの一つなのかなと思いました。

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のドアミラーを確認したところ、このようなデザインになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルでは、助手席側の死角の映像を映し出すサイドモニターは用意されていませんでした。また、ドアミラー(サイドミラー)のサイズも小さいため、確認できる範囲も少ないです。

ただ、今回新発売された新型モデルは、斜め前方の視界が良いというメリット&魅力もあります。

もし新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の試乗をする際は、ドアミラーの視認性や斜め前方の視認性などもしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 標準装備されている!?新型カローラスポーツのフォグランプを徹底レビュー

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする