新型フォレスターのハンドル【スイッチの操作性やデザインを徹底レビュー】

2018年6月、オンロードだけではなく、オフロードでも走れる走破性が魅力のスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)がデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、先代モデルのキープコンセプトとなってるものの、世代モデルよりも高級感・上質感のあるデザインに…。特にアドバンスに用意されているブラウンの内装色は、オシャレでとても良いように感じました。

>>> 新型フォレスターの内装色【ブラックとブラウンでどれだけ違う!?】

そんな新型フォレスター(Forester)ですが、ハンドル・ステアリングホイールも高級感と使い勝手を兼ね備えたデザインに…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ステアリングスイッチの使い勝手や操作性は、どうだったのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハンドル・ステアリングホイールを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターのハンドルの画像レビュー:デザイン編

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハンドル・ステアリングホイールは2種類用意しており、グレードのよって、デザインが異なります。

こちらは、Xブレイク(X-BREAK)以外のグレードの標準装備されているシルバーのステッチのハンドル・ステアリングホイールです。

■新型フォレスターのハンドル・ステアリングホイール
グレード:アドバンス/プレミアム/ツーリング

一方、こちらはオレンジのステッチを採用したX-BREAK(Xブレイク)のハンドル・ステアリングホイールです。

■新型フォレスターのハンドル・ステアリングホイール
グレード:Xブレイク

オレンジのステッチが施されているX-BREAK(Xブレイク)のハンドル・ステアリングホイールは、シルバーステッチのものよりもインパクトのあるデザインになっているように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハンドル・ステアリングホイールは、全グレード本革仕様を採用。

上位モデルのプレミアム(Premium)やアドバンス(Advance)だけではなく、最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”も本革仕様になっているのは、好印象でした。

新型フォレスター のハンドルはグリップ感も抜群

このようなデザインになっている新型フォレスター(Forester)のハンドル・ステアリングホイールですが、グリップ感も良い感じ。

ハンドル自体も太めになっているので、握ってる感覚の強い、また、自然と手に馴染むようなフィット感の良いハンドル・ステアリングホイールになっているように感じました。

新型フォレスターのハンドルのスイッチの操作性・使い勝手をチェック

このようなデザインになっている新型フォレスター(Forester)のハンドル・ステアリングホイールですが、ちょっと戸惑うのが、ステアリングスイッチの多さです。

そんな新型モデルのハンドル・ステアリングホイールには、どのようなスイッチが良いされているのか紹介したいと思います。

ステアリングホイールの右側のスイッチは何がある?

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールの右側には、ACC(クルーズコントロール)とドライブモードを切り替える”SI-DRIVE”スイッチを標準装備。

■新型フォレスターの右側のステアリングスイッチ

スピードを設定するために使用する上下にカチカチと動かすレバーは、指のかかりも良く、運転中の操作性もかなり良いように感じました。

また、新型フォレスター(Forester)のハンドル右下奥に用意されているのは、ハンドルの握る部分をじんわりと温めてくれるステアリングヒーターのスイッチです。

ステアリングヒータースイッチがハンドル部分に用意されていて、運転中に手軽にON/OFFをする事ができるのも、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

ステアリングホイールの左側のスイッチは何がある?

一方、新型フォレスター(Forester)の左側のステアリングスイッチには、何が用意されていたのでしょうか?

こちらが、この新型モデルの左側のステアリングスイッチです。

 

ステアリングホイールの右側に用意されているステアリングスイッチは運転に関係する機能の操作ができましたが、左側に用意されているスイッチは、オーディオ関係とインパネ中央に用意されているマルチファンクションディスプレイの画面を切り替えるためのスイッチを装備。

■新型フォエスターのマルチファンクションディスプレイ

運転中にハンドル・ステアリングホイールから手を離さずにオーディオの切り替えやボリュームを変更できるのは、とても便利だと思いました。

また、ハンドルの左下には、スピードメーターとタコメーターの間にあるマルチインフォメーションディスプレイの切り替えスイッチを標準装備。

 ■マルチインフォメーションディスプレイの切り替えスイッチ

実際にマルチインフォメーションディスプレイを切り替えてみると、このような感じに…。

このようにこの新型モデルでは、ハンドル・ステアリングスイッチでマルチインフォメーションディスプレイの表示項目も変更できるので、試乗をする機会があったら、ぜひともこのスイッチの操作性も確認してみてくださいね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっていました。また、ハンドル・ステアリングには、このようなスイッチが用意されていました。

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、スイッチが多く、パッと見た感じ、ゴチャゴチャしています。

ただ、ハンドルの右側に用意されているのは運転関係、左側には、オーディオ関係と、きちんとすみ分けされているので、実際に使用してみると、思ったよりも使い勝手は悪く無いように感じました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、ハンドル・ステアリングホイールスイッチの握り心地やスイッチの操作性も確認してみてくださいね。

>>> 新型フォレスターにはナノイーorプラズマクラスターは、用意されているの?

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする