新型フォレスター アドバンスの荷室の魅力とは?【エクストレイルと比較】

2018年6月、スバルが世界に誇るミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

現在、日本だけではなく世界中で使い勝手の良いSUVは人気が高いと言う事もあり、この新型モデルには、強力なライバル・競合車が…。

その一つが、日産から発売されているミドルクラスSUVの新型エクストレイル(X-TRAIL)です。

どちらのモデルもハイブリッド車を用意しているなど、共通点も多いこの2台のモデルですが、新型フォレスター(Forester)の方が良いと感じた部分も…。

その一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)と競合車の一つでもある日産 新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また新型エクストレイル(X-TRAIL)には無い新型フォレスター(Forester)の荷室のメリットは、何だったのでしょうか?

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを比較して、新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースの方が優れていると感じた事を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター アドンバンスとエクストレイルの荷室比較

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター アドバンスの荷室・ラゲッジスペース

一方、日産の人気ミドルクラスSUV新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクストレイル ハイブリッドの荷室・ラゲッジスペース

パッと見ただけでも、この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの作りが違うのが、分りますよね。

やはりスバルのスバルの新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”の荷室・ラゲッジスペースの方が圧倒的に使い勝手が良さそうな感じが…。

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを比べて、新型エクストレイル(X-TRAIL)よりも新型フォレスター(Forester)の方が良いと感じたメリット・魅力を紹介したいと思います。

新型フォレスターの荷室の魅力1:使い勝手

この2台のモデルを見比べてみて、新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースの方が良いと思った事の一つは、使い勝手です。

競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)では、荷室・ラゲッジスペースの下にハイブリッドシステムを搭載しているため、荷室フロアが上げ底に…。

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)の魅力の一つは、ラゲッジボードの位置を変更する事によって、様々な荷室アレンジを行える”フレキシブルラゲッジ”が魅力の一つですが、フレキシブルラゲッジを採用してるのは、ガソリン車のみ。ハイブリッド車では、用意されていないのも少々残念でした。

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”は、新型エクストレイル(X-TRAIL)のように上げ底になっておらず荷室開口部と同じ高さに…。そのため、荷物が積み込みやすいです。

また、新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースの左右には、後部座席の背もたれを簡単に倒す事ができる”収納レバー”が用意されているのも好印象でした。

■新型フォレスターの後部座席の収納レバー

新型フォレスターの荷室の魅力2:開口部の広さ

また、今回、改めてこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを見比べて、新ためて新型フォレスター(Forester)の荷室の良さを実感したのは、荷室開口部の広さです。

■新型フォレスターの荷室開口部

■新型エクストレイルの荷室開口部

見るからに荷室開口部の広さが異なるこの2台のモデルですが、新型フォレスター(Forester)は、ミドルクラスSUVの中でトップクラスとなる1,300mmの広さを確保。そのおかげで、ゴルフバッグのような長い荷物も横向きのまま、そのまま積み込む事ができちゃいます。

一方、新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室開口部もミドルクラスSUVの中では平均的な広さになっており、極端に狭いわけではないのですが、やはり新型フォレスター(Forester)を見た後では、荷室開口部の狭さが気になります。

先日、友人と新型エクストレイル(X-TRAIL)を所有している友人とゴルフに行ったのですが、このクルマの場合、ゴルフバッグを荷室・ラゲッジスペースに積み込む場合、まずは縦にして荷室・ラゲッジスペース内に入れてから、横向きにしないといけないので、手間が多いです。

長尺物や大きい荷物を積み込む方は、荷室開口部が広く、荷物の積み降ろしがしやすい新型フォレスター(Forester)の方が良いのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス”と、競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室・ラゲッジスペースを比較してみたところ、こにょおうになっていました。

どちらのモデルも特徴的な荷室・ラゲッジスペースを備えていますが、ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースに関しては、新型フォレスター(Forester)の方が圧倒的に良いように感じました。

このようにこの2台のモデルは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が全く異なるので、どちらのモデルを購入しようか迷っている方は、荷室にも注意を払ってみてくださいね。

>>> 先代より広くなった?5代目新型フォレスターの荷室容量を確認してきた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする