座り心地が良くなった?新型フォレスターの運転席の広さや機能性を徹底解剖

2018年6月、スバルの中でも特に人気が高いSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い5代目モデルがデビューをしました。

存在感が増した外装・エクステリアなど全方位的にレベルアップをしたこの5代目モデルですが、先代モデルよりも運転席の座り心地も格段に良くなった感じが…。また、快適に運転できるように機能性も格段に良くなって

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の運転席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ドライバーさんが快適に運転できるように備わっていた機能や装備は、どのようなものがあったのでしょうか?

5代目新型モデルの運転席の座り心地や広さ、機能性を確認してきたので、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型フォレスターの運転席の実車画像レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の運転席は、このようなデザインになっています。

こちらは標準装備されているファブリック素材を使用した運転席です。

■新型フォレスターのファブリック素材の運転席
グレード:プレミアム

アクティブ志向が強いX-BREAK(Xブレイク)では、撥水加工を施した専用デザインのファブリックシートとなります。

■新型フォレスター X-BREAKの運転席

また、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premiamu)”とハイブリッド車のアドバンス”アドバンス(Adovan)”では、メーカーオプションで本革仕様を用意しています。

■新型フォレスターの本革仕様の運転席

やはり本革仕様のシートの方が高級感がありますね。

ただ、座り心地に関しては、ファブリック仕様でも十分に満足できる仕上がりになっていました。

先代と比較して、5代目新型フォレスター運転席の方が良くなっていたところとは??

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の運転席が、先代モデルよりも良くなった事の一つが、シートサイズです。

今回新発売された新型モデルの運転席は、先代モデルより座面のサイズが大きくなり、ゆったりと座り心地に…。なので、少し恰幅(かっぷく)が良い体形の成人男性が座っても、窮屈感を感じない作りになっています。

ちなみに、私がこの新型モデルを試乗した際、担当をしてくださった営業マンの方は、身長が170cmくらいで、体重は80kg以上あるようなかなりふくよかな体形をしていたのですが、その方でも窮屈さを感じない大きなシートサイズに…。

この誰でも快適に過ごせるシートサイズになったのは、先代モデルよりも大きく進化をしたポイントの一つだなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の運転席は、先代モデルよりも立体的なデザインに…。

■5代目新型フォレスターの運転席

■4代目新型フォレスターの運転席

シートの立体感(特に背もたれの…)が、異なりますよね。

今回新発売された5代目モデルの運転席の方が背中のフィット感がとても良く、また、肩口までしっかりとカバーしてくれるおかげで、背中全体が包みこまれているような安心感がありました。

5代目新型フォレスターの運転席は、機能性も十分

また、今回、フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の運転席を確認してみて、良いと思ったのが、快適に運転できる機能や装備が充実していた事です。

例えば、今回新発売されたこの5代目モデルでは、運転席&助手席のシートヒーターが全グレード標準装備されています。

■新型フォレスターのシートヒータースイッチ

全グレード、シートヒータが標準装備されているのは、嬉しいですよね。

また、新型フォレスター(Forester)では、シートヒーターだけではなく、ハンドルをジンワリと温めてくれるステアリングヒーターも標準装備されています。

個人的には、これはかなり羨ましい…。

このようにクルマに乗りこんだ瞬間から、暖を取れるようになっているのは、女性にとては、かなり嬉しいのかなと思いました。

上位モデルでは運転席の調整をラクにしてくれる電動パワーシートを標準装備

この5代目モデルの上位モデル”プレミアム(Premium)”と”アドバンス(Advance)”では、前後のスライド位置や高さ、背もたれのリクライニング角度を調整できる8ウェイ電動パワーシートを標準装備しています。

■新型フォレスターの電動パワーシートスイッチ

また、運転席のポジションは、2パターンをメモリーする事ができるので、家族みんなで新型フォレスター(Forester)を使用する時など、助かるのかなと思いました。

ハイブリッド車のアドバンスでは、さらに便利な機能を標準装備

今回新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車では、運転手の状態を常に検知してくれる”ドライバーモニタリングシステム”を標準装備。

そして、ドライバーさんの顔を事前に登録しておけば、運転席に乗りこんだ瞬間に顔を認識して、メモリーをして置いたシートポジションに自動的に調節してくれます。また、ドアミラーの角度なども事前登録した角度に調整してくれます。

ちなみに、この便利なドライバーモニタリングシステムが用意されているのは、ハイブリッド車だけです。このドライバーモニタリングシステムは、メーカーオプション設定になっていたいため、ガソリン車では搭載する事ができません。

このように先進的な機能や装備が充実しているのは、新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車の特徴の一つなのかなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の運転席は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの運転席は座り心地が良くなっただけではなく、機能も充実。
特にハイブリッド車のアドバンス(Advance)に標準装備されているドライバーモニタリングシステムは、とても便利で良いと思いまいた。

このように今回新発売された5代目モデルは、運転席の座り心地だけではなく、機能性も充実しているので、試乗に言った際には、ぜひとも細かくチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする