グレードによって何が違う!?新型フォレスターのタイヤ画像レビュー

先代モデル良いところを踏襲しつつ進化を遂げたスバルのミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車のアドバンス(Advance)を含めて4つのグレードを用意していますが、各グレードによって、タイヤのサイズやホイールのデザインが異なります。

また、アクティブモデルのXブレイク(X-BREAK)は、他のモデルと異なるタイヤを装備しています。

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の各グレードは、それぞれどのようなデザインのタイヤ&ホイールを装着していたのでしょうか?また、タイヤサイズやメーカー、ブランドは、なんだったのでしょうか?

スバルから発売された5代目モデルのタイヤ&ホイールを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

5代目新型フォレスターのタイヤ画像レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の各グレードのタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■アドバンス(Advance)のタイヤ&ホイール

■プレミアム(Premium)のタイヤ&ホイール

■ツーリング(Touring)のタイヤ&ホイール

■Xブレイク(X-BREAK)のタイヤ&ホイール

今回新発売された5代目モデルでは、最廉価モデルの”ツーリング(Touring)を含めて”全グレードでスタイリッシュな切削加工が施されたスタイリッシュなアルミホイールを標準装備しています。

最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”でもアルミホイールが標準装備されているのは、ポイントが高いですよね。そのおかげもあり、”ツーリング(Touring)”を選んでも十分に満足できる質感を備えているように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は、グレードによって、ホイールの柄(パターン)やカラーが異なります。

なので、この5代目モデルは、タイヤ&ホイールを確認すると、どのグレードか簡単に見分ける事ができますよ。

5代目新型フォレスターはタイヤサイズにも違いが…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は、17インチと18インチの2種類のタイヤサイズを用意しており、グレードによって装着されているタイヤが異なります。

■17インチタイヤを装着しているグレード
・ツーリング(Touring)
・Xブレイク(X-BREAK)

■18インチタイヤを装着しているグレード
・プレミアム(Premium)
・アドバンス(Advance)

このようにグレードによって、タイヤサイズが異なるので、運転した時のドライビングフィール、乗り心地も若干違いがあります。

17インチタイヤを装着したツーリング(Touring)の下からの突き上げや衝撃が少ない柔らかな乗り心地も良かったのですが、個人的には、ステアリング操作に対するレスポンス、地面との接地感、グリップ感が良い18インチタイヤの方が、スバルのクルマらしくて好みでした。

このようにタイヤサイズによって、新型フォレスター(Forester)は乗り心地は全然異なるので、試乗をする際は、この乗り心地の違いにも注目をしてみてくださいね。

新型フォレスターは、グレードによってタイヤの種類にも違いが…

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は、グレードによって、タイヤの種類(メーカー&ブランド)にも違いがありました。

新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”、ツーリング”Touring”の3つのグレードでは、乾いた路面や濡れた路面で使用する事を前提にしたブリヂストンの夏タイヤ(サマータイヤ)、SUVに特化をした”デューラー H/P スポーツ(DUELER H/P SPORT)”を標準装備しておりました。

一方、今回新発売された5代目モデルから一般グレードに格上げをしたアクティブモデルのXブレイク(X-BREAK)は他のグレードと異なり、乾いた路面から濡れた路面、雪道まで走破する事ができるブリヂストンのオールシーズンタイヤ”エコピア H/L 422 プラス(ECOPIA H/L422 Plus)”を標準装備しています。

Xブレイク(X-BREAK)をアクティブに使いこなしたいと思っている人には、雪道にも対応しているオールシーズンタイヤが装着されているのは、心強いですよね。

新型フォレスター(Forester)のXブレイク(X-BREAK)は、撥水加工を施した荷室・ラゲッジスペースなど他のグレードには用意されていない専用装備を備えていますが、このように装着しているタイヤが他のグレードと異なるのも特徴の一つなのかなと思いました。

ただ、実際にこの新型Xブレイク(X-BREAK)を運転してみると、静寂性やグリップ力は、他のグレードよりも劣る感じが…。

また、JC08燃費モードでは、新型フォレスター(Forester)のXブレイク(X-BREAK)と他のガソリン車は同じ数値になっていますが、厳密にいうと、低燃費タイヤを装着している他のガソリン車よりもオールシーズンタイヤを装着しているXブレイクの方が実燃費は劣ってしまうようですよ。

しかし、個人的には、この無骨な感じがX-BREAK(Xブレイク)の魅力のなのかなと、試乗をしていて思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)のタイヤは、このようにグレードによって、デザインやサイズ、種類が異なります。

また、実際にこの新型モデルを乗り比べてみると、タイヤサイズや種類の違いもあり、乗り心地やドライビングフィール、静寂性も若干異なります。

なので、どのグレードを購入しようか迷っている方は、気になるグレードを乗り比べて、タイヤのグリップ力やドライビングフィール、静寂性などを確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする