先代より広くなった?5代目新型フォレスターの荷室容量を確認してきた

2018年6月、冒険心をくすぐるデザインが魅力の本格派SUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、キープコンセプトとなっているため、外装や内装に大きな変化はありません。ただ、あらゆる面において、格段に進化をしていました。

その一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

そんな新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースの容量は、どれくらいだったのでしょうか?また、先代モデルと比較して、この5代目モデルの荷室容量はどうだったのでしょうか?

2018年6月にデビューをした5代目新型モデルの荷室容量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

5代目新型フォレスターの荷室容量はどれくらい?確認をしてみた

2018年7月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■5代目新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペース

この新型モデルはオフロードも走破できる本格派SUVと言う事で、競合車・ライバル車よりも荷室フロアは若干高くなっています。なので、重たい荷物の積み降ろしは、ちょっと大変な感じが…。

ただ、後部座席を使用した状態での荷室・ラゲッジスペースでも十分な荷室サイズを確保しており、比較的使い勝手の良いデザインになっているように感じました。

また、荷室フロアの下には、広い床下収納(サブトランク)を備えているのも好印象でした。

■5代目新型フォレスターの床下収納

そんな新型フォレスター(Forester)の荷室容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■5代目新型フォレスターの荷室容量
ガソリン車…520リットル
ハイブリッド車…509リットル

今回新発売された5代目モデルのガソリン車では、520リットルの荷室容量を確保。
先代モデルの荷室容量が505リットルだったので、5代目モデルは、15リットル程荷室容量が増えた事となりました。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースを確認していたところ、先代モデルよりも使い勝手も良くなっているように感じました。

新型フォレスターの荷室の良くなった点1:広くなった開口部

2フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースを確認してみて、先代モデルよりも良くなったと感じた事の一つが、荷室・ラゲッジスペースの開口部の広さです。

実際に比較してみると一目瞭然なのですが、5代目モデルは先代モデルよりも荷室・ラゲッジスペースの開口部が格段に広くなっていました。

■5代目新型フォレスターの荷室開口部

■先代モデルの荷室開口部

このように見比べると、一目瞭然ですよね。

先代モデルの荷室開口幅が1,166mmだったのに対し、今回新発売された5代目モデルでは
荷室開口幅を1300mmに拡大。おかげで、ゴルフバックを真横のままスッポリと収納できるようになっているそうですよ。

この広くて荷物が積みやすくなった荷室・ラゲッジスペースの開口部は、新型フォレスター(Forester)の注も公ポイントの一つなのかなと思いました。

新型フォレスターの荷室の良くなった点2:コンビニフックの数

また、5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認していて良いと思った事の一つが、コンビニフックの数が増え、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良くなった事です。

先代モデルでは、このように荷室・ラゲッジスペースの左右に1つずつしかコンビニフックが用意されていませんでした。

■先代モデルの荷室に用意されているコンビニフック

しかし、今回新発売された新型モデルでは、荷室・ラゲッジスペースに用意されているコンビニフックの数を2つずつに増加。

■5代目新型モデルのコンビニフック

コンビニフックは小さい荷物・アイテムを荷室・ラゲッジスペースに積み込む時に重宝するんですよね。このコンビニフックの数を増やし、使い勝手を良くしたことも注目ポイントの一つなのかなと思いました。

新型フォレスターの荷室の良くなった点3:フルフラットな荷室フロア

また、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジで良いと思った事の一つが、フルラットになった荷室・ラゲッジスペースです。

先代モデルでは、後部座席を収納した際、後部座席の背もたれ部分で少し段差ができてしまい手前下がりになっていたんですよね。

しかし、今回新発売された5代目モデルは限り無くフルフラットに近い感じに…。

■後部座席を収納時の5代目新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペース

かなり使い勝手が良さそうだと思いませんか?

このようにこの5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロアは限りなくフルフラットに近くなったので、重たい荷物を積み込む時だけでなく、車中泊をする際にも重宝するのかなと思いました。

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの荷室容量は、先代モデルよりも多くなり、積載量がアップしていました。

ただ、個人的には荷室容量が増えた事よりも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良くなっていた事の方が好印象でした。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする