新型フォレスターの後部座席用ドリンクホルダー【使い勝手&配置を徹底レビュー】

ドライブに行きたくなるような刺激的なデザインが魅力のスバルの本格派SUV新型フォレスター(Forester)の5代目モデルが、2018年6月にデビューをしました。

先代モデルの面影を残しながら、走りや安全性、パッケージなど全方位的に進化を遂げた5代目モデルですが、後部座席の足元空間(ニークリアランス)が広くなり、居住性が良くなったのも注目ポイントの一つです。

>>> 新型フォレスターって本当に狭い?後部座席を広さを確認してみた

そんな新型フォレスター(Forester)の後部座席ですが、十分な数のドリンクホルダーを備えており、快適性&利便性も十分に満足できるレベルに…。

そんな新型モデルの後部座席は、いくつのドリンクホルダーを用意していたのでしょうか?また、使い勝手はどうだったのでしょうか?

新型フォレスターの後部座席用ドリンクホルダーの使い勝手や配置、個数を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターの後部座席のドリンクホルダーの使い勝手レビュー

先ほども紹介した通り、2018年6月にデビューをした5代目新型フォレスター(Forester)の後部座席は、十分に満足できるだけのドリンクホルダーの数を備えています。

この新型モデルの後部座席周りには合計4つのドリンクホルダーを用意しているのですが、おそらくメインで使用するのは、後部座席の中央のアームレスト部分に用意されているドリンクホルダーです。

実際に後部座席の中央部分の”センターアームレスト”に備わっているのドリンクホルダーを確認してみると、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの後部座席の中央に備わっているドリンクホルダー

この後部座席の中央部分のセンターアームレストに備わっているドリンクホルダーにドリンクを置いてみると、このような感じに…。

■後部座席中央のドリンクホルダーに飲み物を置いた時の様子

この新型モデルのセンターアームレストは、頑丈にできていて、垂直の状態をキープしてくれているので、安心してドリンクを置く事ができます。

実際にこの新型モデルの後部座席用のアームレストを横からみると、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの後部座席用アームレスト

丈夫そうなのが一目で分かりますよね。

ここは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルのドリンクホルダーの大きなアドバンテージの一つだと思いました。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席用のドリンクホルダーは、ストッパーも用意されています。

後部座席用のドリンクホルダーは簡易的な作りをしている事が多いので、置いた飲み物を安定させるストッパーが用意されているクルマは少ないんですよね。

しかし、この新型モデルの後部座席用のドリンクホルダーには、しっかりとストッパーを用意。

運転席周りのドリンクホルダーと同様の後部座席のドリンクホルダーも、置いた飲み物がこぼれる心配が少ない使い勝手の良さを安定性を兼ね備えたデザインになっているのが好印象でした。

ドア内側ポケットにもドリンクホルダーを用意

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は後部座席用のセンターコンソールだけでなく、ドア内側パネルにもドリンクホルダーを用意しています。

■新型フォレスターのドア内側パネルのドリンクホルダー部分

このドア内側パネルに用意されているドリンクホルダーはペットボトル専用になっているのですが、実際にこのスペースにドリンクを置いてみると、このような感じになります。

■ドア内側パネルにドリンクを置いた時の様子

後部座席用のドア内側パネルは、ドリンクホルダーが用意されているポケット部分とその上段にあるドア内側アームレスト部分と距離が近くなっているため、500mlのペットボトルを置くとちょっと窮屈な感じが…。

なので、500mlのペットボトルを置くと、出し入れがしにくいです。
また、出し入れをする際にドア内側パネルを傷つけそうな感じが…。

この後部座席用のドア内側パネルに備わっているドリンクホルダーを上手に使うのなら、500mlサイズの大きいペットボトルよりも350mlの小さいサイズペットボトルを置いた方が良いのかなと思いました。

ただ、この新型フォレスター(Forester)の後部座席のドア内側パネルに備わっているドリンクホルダーは、収納したペットボルトが斜めにならずに縦に収納されるのは、個人的には、好印象でした。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席に用意されているドリンクホルダーの配置や数、使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

センターアームレストに損割っているドリンクホルダーにストッパーが用意されていなかった事など、細かいところの不満点を上げればキリがありませんが、基本的な使い勝手や配置など十分に満足できる仕上がりに…。

また、何より自然な体勢で手が届く位置にドリンクホルダーが用意されているのが、とても良いと思いました。

クルマを購入後、ドリンクホルダーの使い勝手や個数、配置に不満を持つ方は意外と多いです。

もしこれからこの新型フォレスター(Forester)の試乗に行かれるのなら、後部座席の座り心地や足元空間(ニークリアランス)の広さだけではなく、ドリンクホルダーの使い勝手や配置にも注意を向けてみてくださいね。

>>> 新型フォレスターの後部座席のリクライニング方法は簡単?実際に試してみた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする