新型フォレスターの荷室はフラットになる?試乗をした時に確認してみた

SUVに定評のあるスバル車の中でもトップクラスの人気を誇る新型フォレスター(Forestre)が、2018年6月にフルモデルチェンジを行いました。

スバルの新型フォレスターと言えば、広くて使い勝手の荷室・ラゲッジスペースが魅力の一つですが、先代モデルの荷室・ラゲッジスペースには、後部座席を収納した時に段差ができてしまうと言う欠点・デメリットが…。

そんな先代モデルの欠点・デメリットを、5代目モデルは解決できたのでしょうか?

今回新発売された5代目モデルの後部座席を収納した時、荷室・ラゲッジスペースは、フルフラットになったのでしょうか?また、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

5代目新型フォレスター(Forester)の後部座席を収納した際、荷室・ラゲッジスペースは、フルフラットになるのか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

5代目新型フォレスターの荷室はフラットになる?実車画像レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■5代目新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペース

こちらは先代モデルの荷室・ラゲッジスペースです。

■先代モデルの荷室・ラゲッジスペース

先代モデルでも十分な荷室開口部を備えていましたが、今回新発売された5代目モデルでは、荷室開口部がさらに拡大。ゴルフバッグがそのまま横積みできる広さになり、使い勝手が格段に良くなりました。

また、先代モデルよりも荷室容量が増えたのも、5代目モデルの見逃せないポイントの一つだと思いました。

>>> 先代より広くなった?5代目新型フォレスターの荷室容量を確認してきた

このように積載量が増え、使い勝手が良くなった新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースですが、後部座席の収納方法は、先代モデルと同じです。荷室の左右に用意されているレバーを引くだけで、カンタンに後部座席を収納する事ができます。

■新型フォレスターの後部座席収納レバー

そして、この5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースを収納してみると、このような感じに…。

■5代目新型フォレスターの後部座席を収納した時の荷室

ちなみに、こちらが先代モデルの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースです。

■4代目新型フォレスターの後部座席を収納した時の荷室

ちょっと画像からは分かりずらいですが、先代モデルでは、後部座席の背もたれ部分で段差ができてしまいました。なので、キャンプなどのアウトドアレジャーで荷室・ラゲッジスペースを使う際、大きい荷物の積み込みがしにくいと、ディーラーさんに多くの声が届いていたようです。

しかし、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースでは、ご覧いただいた通り、この段差がかなり解消。

よ~く見ると、若干の手前下がりになっており、完全なフルフラットではありません。
ただ、後部座席の背もたれ部分での大きな段差がなくなり、ほぼフルフラットな形状に…。

クルマによっては、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を最優先したため、後部座席の座面や背もたれが薄くなり、座り心地が悪い車種もあります。しかし、この新型フォレスター(Forester)は、後部座席の座り心地の良さを確保したまま、荷室・ラゲッジスペースのフルフラット性を格段に良くしました。

おそらく後部座席の座り心地と荷室・ラゲッジスペースをフルフラット性を確保するため、かなりの工夫をしたのだと思います。

そのおかげもあり、今回新発売された5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車の中でトップクラスの広さと使い勝手を兼ね備えているように感じました。

5代目新型フォレスターの荷室は、車中泊をするのに便利

また、後部座席を収納した時の5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約1780mmとなっており、ミドルクラスミニバンでは、トップクラスの数値です。

ちょっと我慢をすれば、成人男性でも車中泊をするのにも便利な荷室・ラゲッジスペースになっているように感じました。

ちなみに、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースには、テールゲート部分にもコンビニフックが用意されています。

■新型フォレスターのテールゲートのコンビニフック

車中泊をする際には、このテールゲートに用意されているこのコンビニフックが意外と重宝するのかなと、思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、後部座席部分の段差がなくなり、ほぼフルフラットな形状に…。個人的には、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、先代モデルと比較して、かなり使い勝手が良くなったように感じました。

もしかしたら、先代モデルのオーナーさんは、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを見て、ちょっと羨ましがっているかもしれませんね。

>>> どこが進化した?新型フォレスターのパワーリヤゲートの改良点とは?

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする