アイサイトは付いている?新型フォレスターXブレイクの安全性を確認

スバルが世界に誇るミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)が2018年6月にフルモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

そんな新型モデルの注目グレードの一つが、この5代目から特別仕様車から格上げをしたXブレイク(X-BREAK)です。

オレンジのアクセントラインが特徴のこの新型Xブレイク(X-BREAK)は、外装や内装に様々な専用装備を採用。アクティブに使いこなしたい人には、ピッタリなモデルになっているように感じました。

そんな新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)ですが、スバルの最新の安全装備システム”アイサイト(EyeSight)”は、標準装備されているのでしょうか?また、このXブレイク(X-BREAK)の安全性は、どうだったのでしょうか?

今回新発売された新型Xブレイク(X-BREAK)の安全装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターXブレイクにアイサイトは付いている?安全性を徹底チェック

結論から申し上げますと、他のグレードと同様にこの新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)でも、”アイサイト(EyeSight)”の最新版でもある”バージョン3″が標準装備されています。

■新型フォレスターに搭載されているアイサイト用カメラ

ちょっとコレは嬉しいですよね。

そんな新型Xブレイク(X-BREAK)に標準装備されている”アイサイト バージョン3″の機能・安全装備を確認してみたところ、このようになっていました。

■Xブレイクのアイサイトで搭載される安全装備
・プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)
・後退時自動ブレーキシステム
・AT誤発進抑制制御
・AT誤後退抑制制御
・ツーリングアシスト
・全車速追従機能付きクルーズコントロール
・車線逸脱抑制
・背戦逸脱警報
・ふらつき警報
・先行車発進お知らせ機能

このようにこの新型Xブレイク(X-BREAK)では、自動ブレーキをはじめ様々な安全装備が充実。競合車・ライバル車の日産の新型エクストレイルやホンダのCRV/CR-Vなど競合車と比較しても信頼できる安全装備を備えていました。

そんな新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)の安全装備の中で個人的に良いと思ったのは、ツーリングアシストです。

今回新発売されたこの新型Xブレイク(X-BREAK)でも他のグレードと同様に、アクセルやブレーキ、ステアリング操作を自動的に制御してくれるツーリングアシスト機能が標準装備。

この機能のおかげで、高速道路などのロングドライブがだいぶラクになるように感じました。

また、クルーズコントロール(クルコン)の対応可能速度が時速0km/h~120km/hと拡大されたのも、個人的には嬉しかったです。

2つ用意されているアイサイトセーフティプラスはメーカーオプション設定

このように今回新発売された新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)は、アイサイトの最新バージョンを標準装備してるため、十分に満足できる安全性を備えています。

また、今回新発売された5代目モデルでは、さらに安全性を高める2種類の安全装備システム”アイサイトセーフティプラス(視界拡張)”と”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”が用意されています。

■アイサイトセーフティプラス(視界拡張)で搭載される機能
・フロントビューモニター
・スマートリヤビューミラー

■アイサイトセーフティプラス(運転支援)
・スバルリヤビークルディクテーション(後側方警戒支援システム)
・アダプティブドライビングビーム

ガソリン車の上位モデルの”プレミアム”やハイブリッドモデルの”アドバンス”では、高速道路などでの車線変更をサポートしてくれるスバルリヤビークルディクテーションが搭載される”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”が標準装備されています。

ただ、今回新発売された新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)では、この”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”が標準装備されておらずメーカーオプション設定になっています。

この新型Xブレイク(X-BREAK)の乗り出し価格やクルマの特徴などを考えると、上位モデルのプレミアム(Puremium)と同様にこの新型モデルでも”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”を標準装備にして貰いたかったなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)では、このようにスバルの最新の安全装備”アイサイトVer.3″が標準装備されていました。

なので、標準装備のままでも十分に満足できる安全性を備えています。

ただ、この新型モデルでは視界性をサポートする”アイサイトセーフティプラス(視界拡張)”と、より快適に運転ができるようになる”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”がメーカーオプション設定になっています。

ただ、もしこの新型モデルの視界性や見切りに不安を感じる方や車線変更が苦手な方は、メーカーオプション設定になっている”アイサイトセーフティプラス”の装着を検討した方が安心して運転できるのかなと思いました。

>>> 他グレードと違う!?新型フォレスターXブレイクのオプション

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする