先代より良くなったところとは?新型フォレスターのラゲッジの魅力&メリット

男っぽい無骨なデザインが魅力のスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルに移行をしました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッドシステムが登場するなど、先代モデルよりも格段に進化を遂げましたが、ラゲッジスペースも大幅に進化。先代モデルよりも容量が増えただけではなく、使い勝手も良くなっていました。

>>> 先代より広くなった?5代目新型フォレスターの荷室容量を確認してきた

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のラゲッジルームは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、先代モデルよりも良くなっていたところは、どこだったのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルのラゲッジスペースが先代モデルよりも良くなっていたところを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

5代目新型フォレスターの荷室の魅力【先代モデルよりも良くなっていたところとは?】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のラゲッジスペース・トランクは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターのラゲッジ

この新型モデルのラゲッジスペースは、奥行きも高さも十分で、多くの荷物を積み込みやすいデザインに…。

特にアクティブモデルのXブレイク(X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースは、撥水加工が施されており、汚れてもサッと拭き取れる手軽さが好印象でした。

■新型フォレスター Xブレイクのラゲッジ

そんな5代目新型フォレスター(Forester)のラゲッジスペース・トランクですが、先代モデルと比較して、次のような魅力&メリットがありました。

新型フォレスターのラゲッジの魅力1:荷室開口部の広さ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のラゲッジスペース・トランクの良くなったところの一つが、荷室開口部の広さです。

先代モデルと新型モデルの荷室開口部を比較してみると、その差は一目瞭然です。

■5代目新型フォレスターの荷室開口部の広さ

■先代モデルの荷室開口部の広さ

今回新発売された新型モデルの荷室開口部の一番広い部分は1300mmとなっており、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの広さに…。

そのため、この新型モデルでは、ゴルフバックを真横にしたまま、そのまま荷物・ラゲッジスペースに積み込む事が可能になりました。この積み込みのしやすさは、今回フルモデルチェンジをした5代目モデルのラゲッジの魅力の一つなのかなと思いました。

>>> 新型フォレスターにゴルフバックは何個積める!?実際に積みこんでみた

新型フォレスターのラゲッジの魅力2:広くなった床下収納

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)のラゲッジルーム・トランクを確認してみて良いと思った事の一つが、床下収納(サブトランク)の広さと使い勝手です。

今回新発売された新型モデルは、先代モデルと同様に荷室フロアを持ち上げると、床下収納(サブトランク)が登場します。しかし、この新型モデルの床下収納(サブトランク)は、先代モデルよりも広くなって、使い勝手が良くなった感じが…。

実際に5代目新型フォレスター(Forester)と先代モデルの床下収納(サブトランク)を比較してみると、このような違いが…。

■5代目新型フォレスターの床下収納

■先代モデルの床下収納

どちらも似たような形状の床下収納(サブトランク)になっていますが、5代目新型フォレスター(Forester)の床下収納の方が手前のスペースの方が広くて、使い勝手が良くなっています。

このように床下収納(サブトランク)が広くて、使い勝手が良くなった事もこの新型モデルのラゲッジスペースの見逃せないポイントの一つだと思いました。

ちなみに、今回新発売された5代目モデルで新しく登場をしたハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)では、ガソリン車と床下収納(サブトランク)の広さや使い勝手が異なるので、注意をしてくださいね。

新型フォレスターのラゲッジの魅力3:段差がないフルフラットなラゲッジフロア

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のラゲッジルーム・トランクの魅力の一つは、後部座席を収納した時のフルフラット性能です。

先代モデルでは、後部座席を収納した時、このように大きな段差が生じてしまいました。

■先代モデルの後部座席を収納した時のラゲッジスペース

なので、先代モデルは、車中泊をするのに不向きなクルマでした。

しかし、2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型フォレスター(Forester)のラゲッジスペース・トランクは、ご覧の通り、後部座席を収納した時の大きな段差を解消。

■新型フォレスターの後部座席を収納した時のラゲッジスペース

厳密に言えば、若干の手前下がりになっていますが、ほぼフルフラットと呼んでも良い形状に…。なので、荷物の積み込がラクになっただけではなく、車中泊がしやすくなりました。

このようにラゲッジスペース・トランクの使い勝手が良くなった事も、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つだなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型フォレスター(Forester)のラゲッジスペース・トランクを確認したところ、このようなデザインになっていました。

また、この5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースは、このように先代モデルよりも使い勝手が良くなっていました。

私が特に良いと感じたのは、荷室開口部の広さです。

この新型モデルにたくさんの荷物を積み込んでアクティブを使いこなす人には、荷室開口部が広くなり、荷物が積み込みやすくなった新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、重宝するのかなと思いました。

>>> 【デザインや価格はどう?】新型フォレスターの本革シートを徹底レビュー

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする