新型フォレスター アドバンスのマルチファンクションディスプレイ【表示項目は何がある?】

2018年6月、スバル車の中でも特に人気が高いフラッグシップモデル新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルに移行をしました。

今回新発売された新型モデルの大きなトピックの一つが、2.5リットルのエンジンを搭載したガソリン車のほか、2.0リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデル”アドバンス(Advance)”を設定した事ですよね。

そんな新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”の外装や内装を確認していて、ガソリン車と大きく異なると感じたのは、マルチファンクションディスプレイのデザインです。

この新型モデルのマルチファンクションディスプレイは顔認証を行う”ドライバーモニタリングシステム”を搭載するだけではなく、ガソリン車には無い表示項目が用意されていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”のマルチファンクションディスプレイは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この”アドバンス(Advance)”のマルチファンクションディスプレイには、どのような表示項目が用意されていたのでしょうか?

この新型モデルのハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”のマルチファンクションディスプレイを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター アドバンスのマルチファンクションディスプレイの実車画像レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター アドバンスの内装・インテリア

 

そんな新型モデルのインパネ中央上部に備わっているのが、様々な情報を表示してくれるマルチファンクションディスプレイです。

■新型フォレスター アドバンスのマルチファンクションディスプレイ

そんな新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”のマルチファンクションディスプレイの表示項目を確認してみたところ、このようなものが用意されていました。

■燃費画面

■時計/カレンダー画面

■先進装備画面

■フェイバレット画面

■アイサイト画面

■予防安全画面

■エアコン使用時の割り込み画面

■オーディオ操作画面

■X-MODE使用時画面:スノーダート

■X-MODE使用時画面:ディープスノー・マッド

これらの表示画面は、ガソリン車にも用意されていて、全く同じになっています。

ハイブリッド仕様アドバンス専用の表示画面も…

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”のマルチファンクションディスプレイでは、次のような専用画面も用意されていました。

■ハイブリッドシステム表示画面

この新型モデルのハイブリッド車では、エンジンやモーターの稼働状況やバッテリーの残量をリアルタイム表示してくれる”ハイブリッドシステム表示画面”を用意。

このようなエンジンやモーターの稼働状況を表示してくれる画面は、日産の新型エクストレイルやホンダの新型CRV/CR-Vなど競合車のハイブリッド車にも用意されています。

ただ、競合車・ライバル車よりも新型フォレスター(Forester)の方が表示される画面サイズの方が大きいため、グラフィック性能・視認性は、良いように感じました。

ただ、あまりこのマルチファンクションディスプレイに映し出されるハイブリッドシステム表示画面を見過ぎると、”アドバンス(Advance)”専用の機能の”ドライバーモニタリング”で脇見運転と注意されるので、気を付けないといけませんが…。

ドライバーモニタリングシステムの登録画面もアドバンス専用の表示項目の一つ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”は、ドライバーの顔を認識して、シート位置を自動で調節していくれる”ドライバーモニタリングシステム”を標準装備しています。

■新型フォレスター アドバンスのドライバーモニタリングシステム

このドライバーモニタリングシステムの登録画面もマルチファンクションディスプレイに表示されます。

マルチファンクションディスプレイに映し出されるドライバーモニタリングシステムの登録画面は、このような感じになっています。

■ドライバーモニタリングシステムの登録画面

このドライバーモニタリングシステムの操作は、この登録画面を見ながら、ハンドル・ステアリングホイールの左側に良いされているステアリングスイッチで行うので、操作性は良いとは言えません。

ただ、ドライバーモニタリングシステムの登録自体は文字も大きく、また、文字も見やすいのは好印象でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”に用意されているマルチファンクションディスプレイの表示画面は、このようになっていました。

この新型モデルのマルチファンクションディスプレイの基本的な表示項目は、ガソリン車と同じです。ただ、”ハイブリッドシステム表示画面”など、アドバンス専用画面も…。

この”ハイブリッドシステム表示画面”は、ハイブリッド車ならではの特別感を味わえるとても良いアイテムです。

もしこれからこの新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”の試乗に行かれる方は、マルチファンクションディスプレイに表示される”ハイブリッドシステム表示画面”などの専用の表示項目もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型フォレスター アドバンスの荷室の魅力とは?【エクストレイルと比較】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする