新型CRV/CR-Vのナビ実車画像レビュー【この機能が使えたら、もっと便利だったのに…】

2018年8月、ホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vの5代目モデルが、2年間のブランクを経て、日本再上陸を果たしました。

今回新発売された新型SUVの最上位グレードの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”は、サンルーフやナビなどが標準装備されており、余計なメーカーオプションを購入する必要がないのが、特徴の一つです。

先日、この新型モデルを試乗した際、ナビの使い勝手なども確認してきたのですが、性能自体は、十分満足できるレベルに…。ただ、この機能が使えたら、もっと便利だったのに…と、感じた部分も…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVに標準装備されているナビは、どのようなデザインだったのか?また、私が実際に使用してみて、使い勝手で気になったのは、何だったのか?

2018年8月にデビューをしたこの新型モデルのナビの使い勝手、デザインを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビの実車画像レビュー

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの内装・インテリア

今回新発売された新型モデルに用意されているナビ(カーナビ)は、インパネの中央に埋め込むデザインに…。

■新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビ

この新型CR-V/CRVに標準装備ナビは、ホンダがディーラーオプションとして用意しているナビブランドの”ギャザズ(Gathers)”。

この標準装備されているナビの画面サイズが7インチサイズとなっており、迫力不足なのが、ちょっと残念。また、せっかくナビが標準装備されているのに、後付け感があるのも、個人的には残念なポイントの一つでした。

標準装備されているナビの機能性は十分

このようにちょっと画面のサイズの小ささは気になった新型CR-V/CRVに用意されているナビですが、機能性は十分。

ブルーレイディスクには対応していないもののCD/DVDには、しっかりと対応しています。iPhoneのアプリをナビの画面で確認したりすることができる”アップル カー プレイ(Apple Car Play)”にも対応しています。

また、この新型モデルでは、クルマの後方の様子をナビ画面に映し出してくれる”バックカメラ”も標準装備されており、バックを駐車をする際は、このようにクルマ後方の様子を表示してくれます。

■CRV/CR-Vのバックカメラ

この新型CR-V/CRVのバックカメラは3種類の視点を用意しており、好みの視点に切り替える事ができるのも好印象でした。

新型CRV/CR-VのナビにはプレミアムSUVらしい機能も…

このように基本的な機能は充実している新型CR-V/CRVのナビですが、ヴェゼル/ベゼル(Vezel)など下のランクのモデルには用意されていないプレミアムSUVらしい便利な機能も…。

その一つが、緊急サポート機能です。

この”緊急サポート機能”とは、その名の通り、故障などトラブル時に緊急対応してくれるオペレーターと直接繋がる機能です。クルマが故障した時などイザと言う時に頼りになるサポートが標準装備されているのは、このクラスのSUVならではだなと思いました。

基本的なナビの機能には満足しているけど…

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVに標準装備されているナビは基本的な性能が高いため、機能性には満足しています。(画面サイズが大きければ、もっと良かったですが…。)

ただ、この新型モデルのナビは、とても便利で、私が毎日のように使用しているアプリ”NaviCon(ナビコン)”に対応しないのがとても残念でした。

この”NaviCon(ナビコン)”と言うのは、スマホで検索した目的地をナビにカンタンに転送する事ができるアプリです。

この新型モデルに備わっているナビの操作性が決して悪い訳ではないんですが、やはりチマチマと毎回毎回メニューを開いてジャンルや住所を設定するのは、面倒なんですよね。

しかし、この”NaviCon(ナビコン)”と言うアプリを使用すれば、スマホで音声入力やフリック入力を使ってサクサクっと検索した結果をしたを簡単にナビに転送する事ができちゃいます。目的入力の入力が本当に楽になったので、私は毎日のようにこのアプリを使っています。

この”NaviCon(ナビコン)”に対応したナビは600機種以上あり、ホンダの純正ナビの多くも対応しているのですが、なぜかこの新型CR-V/CRVに標準装備されているナビ(VRU-195CVi)は現在のところ対象外に…。

これには、かなりガッカリ…

この新型SUVに標準装備されているナビ(VRU-195CVi)も、スマホから簡単に目的地を転送できる”NaviCon(ナビコン)”に対応していないのは残念と思うと同時に、早く対応して貰いたいなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのナビは、このようなデザインになっていました。また、このような機能を備えていました。

画面のサイズや後付け感など気になる事は多々あるものの、この新型モデルに用意されているナビの機能性は十分です。

ただ、個人的は、この新型モデルに標準装備されているナビは、スマホで入力をした目的地を簡単に転送できるアプリ”NaviCon(ナビコン)”に対応していないのは、少々ショックでした。

“NaviCon(ナビコン)”と連動する事ができると、目的地入力がとてもラクになり、ナビの使い勝手が格段に良くなるので、この新型CRV/CR-Vでも一日でも早く使えるようになれば良いのになと思いました。

>>> ホンダ新型CRV/CR-Vの内装【試乗車を見た人の多くが不満に感じた事とは?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする