ホンダ新型CRV/CR-Vの内装【試乗車を見た人の多くが不満に感じた事とは?】

暫くの間、海外専用車として発売されていたホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vが、2018年6月にフルモデルチェンジをして、新発売されました。

今回日本再デビューを果たした5代目モデルは、ミドルクラスSUVらしく高級感のある内装・インテリアに…。また、機能や装備も充実しています。

ただ、この新型モデルの内装・インテリアを見た多くのお客さんが不満に感じが事が…。
今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの内装・インテリアは、どのようなデザインだったのか?また、実車を見た人の多くが不満に感じた事は、何だったのか?

この新型モデルの内装・インテリアのデザインを確認してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vの内装【多くのお客さんが不満に思った事とは?】

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、ガソリン車とガソリン車の2つのパワートレーンを用意していますが、それぞれのモデルの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の内装・インテリア

■ガソリン車の内装・インテリア

今回新発売された新型モデルの内装・インテリアは、木目調のパネルをアクセントに用いた高級感溢れるデザインに…。

また、ハイブリッド車では、シフトレバーの代わりにボタンで”ドライブ”や”リバース”、”パーキング”などの操作を行う”エレクトリックギヤセレクター”を標準装備。見た目のデザイン性だけではなく、先進性を兼ね備えた最新の内装・インテリアになっていました。

■新型CRV/CR-Vのハイブリッド車のボタン式のシフトレバー

このようにプレミアムSUVに相応しいデザインと機能・装備を備えている新型CRV/CR-Vの内装・インテリアですが、試乗車を見た多くの人が残念に感じている事がありました。

そんな新型モデルの内装・インテリアの不満を包み隠さず紹介したいと思います。

内装の不満1:センタークラスター部分のデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの内装・インテリアを確認した人の多くが感じた不満の一つが、シフトレバーなどを備えているセンタークラスター部分のデザインです。

今回新発売された新型モデルのセンタークラスター部分は、特別な加飾・デコレーションが施されておらずプラスチック素材が剥き出しになっています。

■新型CRV/CR-Vのセンタークラスターのデザイン

そのおかげもあり、見た目のデザイン性を損なっている感じが…。

しかも、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、センタークラスター部分が大きめに作られているため、かなり目立つんですよね。

個人的には、シルバーやピアノブラック調のパネルをセンターコンソール部分に施すなど、もうすこし高級感・上質感を感じるセンタークラスターの方が良いように感じました。

内装の不満2:ナビのサイズ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されている新型CRV/CR-Vに用意されているナビも、多くのお客さんが不満に感じているポイントの一つです。

■新型CRV/CR-Vに用意されているナビ

この新型モデルでは、ミドルクラスSUVとしては珍しくナビが、全グレード標準装備となっています。

ナビが上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”だけではなく、下位モデルの”EXグレード”でも標準装備になっているというのは、本当に珍しいですよ。

ナビが標準装備となっていて余計な費用が掛からないのはとても嬉しいのですが、ちょっと残念だったのは、ナビのサイズ。

この新型モデルに標準装備されているナビの画面は、7インチサイズとなっております。

広くて大きい新型CRV/CR-Vのダッシュボードの中にあると、7インチサイズのナビでは、ちょっと物足りなさが…。また、この新型モデルに用意されているナビは、エントリーモデルという事もあり、機能性もイマイチで、ちょっと安っぽさを感じます。

例えば、市販されているナビの中でも特に人気の高いアルパインの”ビッグX”とこのクルマに標準装備されているナビを比較すると、見た目の迫力・デザイン性は、雲泥の差です。

私もそうなのですが、意外とナビの性能とかメーカー、見た目のデザインにこだわる人って多いんですよね。

どれくらいの画面サイズや機能性を求めるか人によって異なるナビの場合、中途半端な機能や装備を備えたものを標準装備をするよりも、クルマ本体とナビのセット購入で、10万円の割引などにした方が、好きなナビを選べて、親切だったのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの内装・インテリアを確認したところ、このようなデザインになっていました。

多くのお客さんが、プレミアムSUVらしい先進性のある機能や装備を備えている部分は評価をしていましたが、プラスチックが剥き出しで安っぽさを感じられるセンタークラスターのデザインや後付け感満載のナビに不満を感じているようでした。

また、私も実際にこの新型モデルを見た際、同じような不満を持ちました。

ちなみに、このようなお客さんの不満は、ディーラーさんの耳にも入っているようです。
私が以前、この新型CRV/CR-Vを見た際、「ナビの画面が、ちょっと小さいですね。」と言ったら、「あ~~、このような事を言うお客さんは多いんですよね。」と、仰っていました。

ホンダは意外とお客さんの声を反映するメーカーさんのイメージがあります。

まだこのクルマは発売されたばかりなので、スグにはマイナーチェンジなどは行われないと思いますが、今度のマイナーチェンジのタイミングや特別仕様車が出るタイミングで、ホンダが何かしらの施策を施すかもしれませんね。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする