使いやすい!?新型CRV/CR-Vの後部座席の装備や機能を徹底チェック

2018年8月、ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが大きく進化を遂げて、2年ぶりに復活を果たしました。

先日、この新型モデルの試乗に行ってきたのですが、意外と良いと思ったのが、後部座席の快適性です。

普段はクルマを運転しているので気が付かなかったのですが、この新型モデルは競合車・ライバル車よりも車内空間が広い事もあり、ゆったりと過ごせるのが好印象でした。

そんな新型CR-V/CRVの後部座席ですが、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような機能や装備を用意していたのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUVの後部座席を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vの後部座席のデザインをチェック

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVは、ガソリン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様、ハイブリッド車の3つのモデルを用意しているのですが、それぞれの後部座席は、このようなデザインになっていました。

■ハイブリッド車の後部座席

■ガソリン車5人乗り仕様の後部座席

■ガソリン車7人乗り仕様の後部座席

今回新発売された新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様の後部座席は、基本的には同じデザインになっています。

ただ、スライド機能や小さく折り畳める”タンブル機能”を備えている7人乗り仕様は、全くの別設計に…。

■7人乗り仕様の後部座席をスライドした時の様子

スライド機能などを備えている7人乗り仕様の後部座席の方が、足元空間の広さなどを調節できるため、ガソリン車の5人乗り仕様やハイブリッド車の後部座席よりも利便性は良いように感じます。

ただ、ガソリン車の5人乗り仕様/ハイブリッド車とガソリン車の7人乗り仕様では、シートの背もたれのサイズやヘッドレストのサイズが異なるため、座り心地の快適性に関しては、5人乗り仕様の方が良いように感じました。

>>> 2列目シートの収納方法って面倒?実際に試してみた【新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様】

新型CRV/CR-Vの後部座席の装備や機能をチェック

このようにモデルによって、シートのデザインが異なる新型CR-V/CRVですが、後部座席周りの機能や装備に関しては、大きく違いがありませんでした。

この新型モデルの後部座席の装備を確認してみたところ、次のようなアイテムが用意されていました。

■後部座席用の送風口

■ドリンクホルダー付きのセンターアームレスト

■ドア内側パネルの小型ポケット&ドリンクホルダー

■シートバックポケット

■USBポート(2個)

今回新発売されたこの新型モデルの後部座席には、ホンダらしい工夫を凝らした目新しい機能や装備はありませんでした。

ただ、ドリンクホルダー付きのセンターアームレストや後部座席用の送風口など、基本的なアイテムや装備は用意されています。なので、競合車・ライバル車と比較して、見劣りをしていると感じませんでした。

また、新型CR-V/CRVに用意されている後部座席用のセンターアームレストは、快適に使えるように水平状態をキープしてくれるのも、個人的には、好印象でした。

USBの使い勝手も好印象

また、今回新発売された新型CR-V/CRVの後部座席の装備や機能を確認していて良いと思ったのが、センターコンソールの後方に用意されている2つのUSBポートです。

■新型CRV/CR-Vの後部座席用のUSBポート

では、後部座席用に2つのUSBポートを用意しているのですが、どちらも2.5Aの高出力対応型となっております。なので、スマホやiPhoneだけではなく、タブレット端末や携帯ゲーム機なども充電する事が可能です。

このように高出力対応のUSB徐々に普及し始めていますが、まだまだ用意しているクルマは、少ないです。

例えば、このクルマの競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型エクスレイル(X-TRAIL)では、このようなUSBポートは用意されていません。

このように最新の機能や装備が搭載されているのは、今回新発売された新型CR-V/CRVの魅力の一つなのかなと思いました。

また、2.5Aまで対応しているUSBポートは、家族みんなで遠出や旅行する時に重宝するのかなと思いました。

ただ、この新型モデルに用意されているUSBポートの欠点、デメリットは、USBポートとケーブル接続をしたスマホやiPhoneなどを収納しておくスペースが用意されていなかった事です。

シートバックポケットに収納すると、スマホやiPhoneがこのように埋もれてしますし…。

このように細かい部分に手が届く機能や装備を用意するのが、ホンダの良いところだと思うのですが…。

個人的には、競合車・ライバル車のスバルの新型フォレスター(Forester)のように、スマホやiPhoneなどを収納できるホンダらしいスペースを用意して貰いたかったです。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの後部座席は、それぞれこのようなデザインになっていました。また、このような装備や機能を用意していました。

今回新発売されたこの新型モデルの2列目には、ホンダのクルマらしい凝った造りをした奇抜な装備や機能の用意はありません。

ただ、2.5Aまで対応しているUSBポートや使い勝手の良いセンターアームレストなど、乗車する人が満足できる機能やアイテムはしっかりと用意しているように感じました。

>>> 新型CRVの3列目シート周りの機能や装備は充実している?【実車画像レビュー】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする