表示項目は何がある?新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイ

2018年8月、ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの5代目モデルが、2年半のブランクを経て、日本市場に帰ってきました。

今回新発売された新型モデルは、高精細なフルデジタル表示のメーターを採用しているのも注目のポイントの一つです。

また、このフルデジタル表示のメーターには、仮面サイズが大きいマルチインフォメーションディスプレイも用意しています。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このマルチインフォメーションディスプレイは、どのような表示項目を用意していたのでしょうか?

ホンダからデビューをした新型SUVのマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイは、どんなデザイン?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのメーターは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのメーター

今回新発売された新型モデルでは、3つの画面で構成されたフルデジタル表示のメーターを標準装備。

そして、画面サイズが一番大きい中央部分の下にマルチインフォメーションディスプレイが用意されていました。

■新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイ

このようにマルチインフォメーションディスプレイが、画面中央に用意されているのは、ちょっと珍しいですよね。

ホンダのクルマの場合、画面の右側にマルチインフォメーションディスプレイを用意している事が多いので…。

ただ、マルチインフォメーションディスプレイが中央に用意されている新型CRV/CR-Vの方が、視線の移動が少なく、運転中に画面を確認しやすいように感じました。

また、この新型モデルのマルチインフォメーションディスプレイの画面サイズは大きく、視認性に優れているのも好印象でした。

新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイは、どんな表示項目を用意?

このようなデザインになっている新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイですが、どのような表示項目を用意しているのでしょうか?

ハンドルの左側に用意されているマルチインフォメーションディスプレイ切り替えスイッチを操作して、表示項目を確認してみたところ、このような画面が用意されていました。

■航続可能距離表示/平均燃費表示/瞬間燃費表示

■平均燃費履歴表示

■平均車速表示/経過時間表示

■ドライバー注意力モニター

■リヤシートベルト使用状況表示

これらの画面項目の多くは、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)など他のホンダ車と基本的には同じになっています。ただ、高精細なディスプレイのおかげで、他のホンダ車よりも視認性は良いように感じました。

ハイブリッド車とガソリン車で違う表示項目も…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、ハイブリッド車とガソリン車を用意しちえるのですが、ハイブリッド車専用の表示項目も用意されていました。

ハイブリッド車では、専用の表示項目として、次の2つの画面が用意されていました。

■ECOドライブディスプレイ

■パワーフロー/エンジン作動表示

一方、ガソリン車の専用の表示項目はありませんでした。

急加速や急減速をグラフィックで見せてくれるECOドライブディスプレイは、ガソリン車でもあっても良いと思うのですが…。

ハイブリッド車とガソリン車でマルチインフォメーションディスプレイの表示項目に違いがあるのは当然だと思いますが、ガソリン車にECOドライブディスプレイが用意されていないのは、少々残念でした。

新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイの注目の表示画面は?

このような表示項目を用意している新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイですが、その中で印象的だったのは、ハンドルの操作などから居眠り運転や不注意運転のレベルを表示してくれる”運転者注意力モニター”です。

■新型CRV/CR-Vの運転力注意モニター

この運転者注意力モニターが搭載されたのは、ホンダ車の中でこのクルマが初めてです。
このように安全運転をサポートしてくれる画面が新たに設定されたのも、この新型モデルの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型CRV/CR-Vに用意されているマルチインフォメーションディスプレイは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルのマルチインフォメーションディスプレイは画面サイズが大きく、他のホンダ車よりも視認性が良い感じが…。

また、”運転者注意力モニター”など安全装備をサポートする画面が用意されているのも、とても良いと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く際は、ハンドルのマルチインフォメーションディスプレイ切り替えスイッチを操作して、色々な画面を確認してみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vはティッシュの置き場はココ!実車画像で紹介

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする