残念に感じた事とは?新型CRV/CR-Vのサンルーフの使い勝手インプレ

2018年8月、北米や中国で人気を博したミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2年ぶりに日本に帰ってきました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車それぞれ2つのグレードを用意していますが、最上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”では、車内に開放感を与えてくれるサンルーフを標準装備しています。

先日、この新型モデルを試乗した際、サンルーフの使い勝手も確認してきたのですが、ちょっと残念だった部分が…。

2年半ぶりに日本復帰を果たした新型CR-V/CRVのサンルーフは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、私が実際にサンルーフを使ってみて、ちょっと残念に感じた事・デメリットだと思った事は、何だったのでしょうか?

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUVのサンルーフの使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのサンルーフの使い勝手レビュー

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの最上位モデル”EX マスターピース(EX Masterpiece)”に標準装備されているサンルーフは、このようなデザインになっています。

こちらがこの新型モデルのサンルーフをシェードを閉じている時の様子です。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフ

そして、運転席のルームランプ部分に用意されているサンルーフの操作スイッチを用意して、シェードを開けてみると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフの操作スイッチ

■新型CRV/CR-Vのサンルーフ:シェードを開けた時の様子

この新型モデルのサンルーフのガラスエリアは、かなり広いと思いませんか?

今回新発売された新型モデルのサンルーフのガラスエリアのサイズは。全長約870mm、全幅
約720mmの大型サイズに…。

実際にサンルーフのシェードを開けた時と閉めた時では、車内の広さ・開放感がこんなに異なります。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフのシェードを閉めた時の様子

■新型CRV/CR-Vのサンルーフのシェードを開けた時の様子

サンルーフを開けた時と閉めた時では、車内の明るさ、開放感が全く異なりますよね。

後部座席に座っても開放感を感じられるデザイン&サイズになっているのは、とても良いと思いました。また、車内を引きしまった印象にするブラックの内装色では、車内を明るく照らすサンルーフのありがたみを特に感じました。

サンルーフを使ってみて驚いた事とは?

このように広いサイズになっている新型CR-V/CRVのサンルーフですが、実際にガラスエリアを開け閉めしたところ、ちょっとビックリとしたことが…。

それは、スライド開閉できるガラスエリアの広さです。

この新型モデルの最上位グレード”EX マスターピース(EX Masterpiece)”に標準装備されている大きなサンルーフは2枚のガラスで構成されているのですが、開け閉めできるのは、前方部分のガラスエリアのみです。

後方部分のガラスエリアは備え付けになっているため、開閉する事ができません。

なので、新型CR-V/CRVのサンルーフを最大限まで開けたとしても、ここまでしかいきません。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフを最大限まで開けた時の様子

この新型モデルに備わっているサンルーフのスライド幅は370mmとなっているため、十分な広さを実感する事ができます。

ただ、私は、この新型モデルに標準装備されている大型サンルーフを初めて見た時、ガラスエリア全面が開けれると思っていたため、サンルーフの前方部分しか開けれないと知った時には、少々ガッカリ…。

個人的には、ガラスエリア全体が開閉できる方が好みなので、少々残念に感じました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのサンルーフは、ガラスエリアをスライドして開閉するだけではなく、ガラスエリアの前方部分を少し持ち上げるチルト機能も用意されていました。

チルト機能を使って、この新型モデルのサンルーフを開けてみると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフのチルト機能

隙間自体はそれ程大きく無いのですが、車内の空気を喚起したい時や新鮮な空気を車内に取り入れたい時には、重宝するのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの最上位グレード”EX マスターピース(EX Masterpiece)”に標準装備されているサンルーフは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルに用意されているサンルーフは、後部座席でも開放感を実感できるくらいの大きなサイズは確保されていました。

ただ、この新型モデルのサンルーフでちょっと残念だったのは、スライド開閉できるサイズ。

個人的には、サンルーフ全体が開け閉めできる方が、開放感や明るさを感じられることができて良かったのに…と、思いました。また、今回新発売された新型CR-V/CRVのサンルーフはお気に入りのアイテムの一つなのですが、この開閉サイズだけは、少々残念でした。

ちなみに、今回この新型モデルに用意されているサンルーフは、最上位グレード”EX マスターピース(EX Masterpiece)”の専用装備となっております。下位モデルの”EXグレード”では、用意されていません。

もしサンルーフを備えたモデルが欲しかったら、最上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”を選択するしかないので、ご注意を…。

>>> 新型CRV/CR-Vの荷室はフルフラットになる!?実車画像で徹底解剖

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする