新型CRV/CR-Vの荷室はフルフラットになる!?実車画像で徹底解剖

2018年8月、北米や中国で大ヒットしているホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、日本に逆輸入をされました。

2年半ぶりに復活を果たしたこの新型モデルは、大きく分けて次の3つのモデルをラインナップしています。

・ガソリン車5人乗り2列シート仕様
・ガソリン車7人乗り3列シート仕様
・ハイブリッド車

この3つのモデルは、内装・インテリアのデザインや機能・装備が異なりますが、荷室・ラゲッジスペースのアレンジや広さも異なります。

そんな新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジルームは、フルフラットになるのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、荷室・ラゲッジスペースのフルフラット性能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vの荷室のフルフラット性能:ガソリン車5人乗り仕様のケース

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-V ガソリン車の5人乗り仕様の荷室

そんなガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、左右の壁面にある”後部座席収納レバー”を操作して、後部座席を収納するとこのような感じに…。

■後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さ

ご覧の通り、このガソリン車の5人乗りの荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納すると、ほぼフルフラットに…。

荷室の奥行きも約1,850mmもあるため、車中泊などに使うのにもピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車5人乗り仕様で荷室がフルフラットになるのは、ラゲッジボードを上段に設置した時です。

ラゲッジボードを下段に設定すると、このようにフルフラットではなくなるので、ご注意を…。

新型CRV/CR-Vの荷室のフルフラット性能:ガソリン車7人乗り仕様のケース

こちらは、今回新たにラインナップされた新型CRV/CR-Vの7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースです。

■新型CRv/CR-V7人乗り仕様の荷室

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの5人乗り仕様と7人乗り仕様は、ボディサイズが同じになっています。

なので、3列目シートを設置したしわ寄せで、7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、ちょっと狭くなっている感じが…。

そんな新型CRV/CR-Vの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースのフラット性能は、このようになっていました。

こちらは、7人乗り仕様の3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースです。

■3列目シートを収納した時の新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の荷室

また、こちらは3列目シートと2列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースです。

■3列目&2列目シートを収納した時の新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の荷室

どちらもラゲッジボードを上段に設置した時の荷室・ラゲッジスペースの様子なのですが、荷室フロアは、ほぼフルフラットに…。

5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースと比較すると、フロアがデコボコしているのが気になるところですが、荷物の積み下ろしや車中泊にそれほど影響はないのかなと思いました。

ちなみに、このガソリン車の7人乗り仕様に備わっているラゲッジボードを下段に設置すると、荷室・ラゲッジスペースは、フルフラットにならないので、ご注意を…。

また、新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートは、タンブル機能を備えており、このように小さく折り畳むことが可能です。

■タンブル収納時の新型CRV/CR-Vの2列目シート

2列目シートをこのように小さく折り畳むタンブル機能を使用すると、収納した3列目シート前方に大きなスペースが…。

意外かもしれませんが、大きい荷物を積み込む機会が多い方には、この大きな収納スペースを生み出すことができる7人乗り仕様の方が5人乗り仕様よりもピッタリなのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vの荷室のフルフラット性能:ハイブリッド車

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された5代目新型CRV/CR-Vに新たに加わったハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vハイブリッドの荷室

この新型モデルのハイブリッド車は、ガソリン車のガソリン車の5人乗り仕様と同様に荷室・ラゲッジスペースの壁面に”背もたれ収納レバー”を備えており、ワンステップで後部座席を収納する事ができます。

実際にこの”背もたれ収納レバー”を操作して、このハイブリッド車の後部座席を収納すると、このような感じになります。

■後部座席を収納した時のハイブリッド車の荷室

後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、ガソリン車と5人乗り仕様と同様にほぼフルフラットに…。ガソリン車と同様に使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースになっているように感じました。

ちなみに、この新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、ガソリン車と異なりラゲッジボードが用意されていません。

なので、ガソリン車のように荷室・ラゲッジスペースの高さを調整できないので、ご注意を…。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルは大きく分けて3つのモデルを用意していますが、どのモデルの荷室・ラゲッジスペースもフルフラットに…。

荷室・ラゲッジスペースのアレンジなどに違いはあるものの、どのモデルを選んでも十分に満足できる広さと使い勝手を備えているように感じました。

ただ、このグレードによって、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は異なります。

なので、どのモデルを購入しようか迷っている場合は、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手もしっかりとチェックした方が良いと思いますよ。

>>> 新型CRV/CR-Vの後部座席【5人乗りと7人乗りの意外な違いとは?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする