新型CRV/CR-Vのサイズって本当にでかい!?競合車と比較してみた

2年間のブランク期間を経て、ホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vが日本市場に帰ってきました。

先日、この新型モデルの試乗をしてきたのですが、私がこのクルマを運転した第一印象は、「ボディサイズがバカでかい!」という事でした。ただ、運転がしやすいように様々な工夫は施していましたが…。

そんな新型CRV/CR-Vのボディサイズは、どのくらいだったのでしょうか?また、スバルの新型フォレスターやトヨタのハリアーなど、競合車・ライバル車と比較して、どのくらい違いがあったのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUVのボディサイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vはでかい!?ボディサイズを確認

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの外装・エクステリア

先代モデルよりも一回り大きい18インチのタイヤ&ホイールを備えるなど、存在感のあるデザインに…。

そんな新型モデルのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-Vの外装・エクステリア
全長:4,605mm(+70mm)
全幅:1,855mm(+35mm)
全高:1,690mm(+ 5mm)

※カッコ内の数値は先代モデルとの比較です。

今回新発売された新型モデルは先代モデルよりも、全長/全幅/全高がすべて大きくなっています。そのおかげもあり、先代モデルよりもどっしりとしたプレミアム感溢れるデザインになっているように感じました。

また、実際にこの新型CRV/CR-Vを見てみると存在感があるため、数値よりも一回り大きいように感じました。

新型CRV/CR-Vと競合車のサイズ比較

このように先代モデルよりもボディサイズが大きくなったホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vですが、競合車・ライバル車と比較したら、どうなのでしょうか?

本当に競合車・ライバル車よりもデカくなっていたのでしょうか?

ホンダの新型CRV/CR-Vと他車のミドルクラスSUVのボディサイズを比較してみました。

■新型CRV/CR-Vと競合車のボディサイズ
・ホンダ 新型CRV/CR-V
グレード:EX マスターピース/FF
全長:4,605mm
全幅:1,855mm
全高:1,680mm
・トヨタ ハリアー
グレード:プログレス(ガソリン車)
全長:4,725mm
全幅:1,835mm
全高:1,690mm
・スバル フォレスター
グレード:プレミアム
全長:4,625mm
全幅:1,815mm
全高:1,715mm
・日産 エクストレイル
グレード:20Xi
全長:4,690mm
全幅:1,820mm
全高:1,740mm

今回新発売された新型CRV/CR-Vと競合車のボディサイズを比較してみたところ、全長は、競合車・ライバル車と大差ありません。むしろ、新型CRV/CR-Vの方が短いくらいです。

ただ、横幅(全幅)に関しては、競合車・ライバル車よりも圧倒的に大きくなっています。
そのおかげもあり、ホンダの新型CRV/CR-Vは、他車メーカーのミドルクラスSUVよりも存在感があるのかなと感じました。

全幅の大きさは、新型CRV/CR-Vを運転しても感じる

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、競合車・ライバル車よりも全幅が大きくなっていますが、実際に運転をしていても横幅の大きさは、実感します。

私は、今回新発売された新型CRV/CR-Vだけではなく、トヨタのハリアーやスバルの新型フォレスターなども運転した事があるのですが、全幅が一番大きい新型CRV/CR-Vが一番車体感覚が掴みにくいです。

なので、細い路地を運転した時は、ちょっと怖い感じがしました。
なので、クルマを路肩に寄せて、停車させる時もいつも以上に気を使いました。

また、この新型モデルはサイドミラーのサイズも小さく、助手席側の死角が大きくなっています。新型フォレスターのように助手席側の視界の悪さをカバーするカメラも、この新型CRV/CR-Vには、用意されていませんし…。

車体感覚が掴みにくいだけではなく、この助手席側の死角の多さも、新型CRV/CR-Vの運転のしにくさを助長しているのかなと思いました。

今回新発売された新型モデルは、競合車・ライバル車よりも横幅が広いため、シート間の左右間の距離がしっかりと確保されているのは、大きな魅力の一つです。なので、誰が後部座席に座っても、満足できる居住性・快適性が確保されています。

ただ、ホンダからデビューをしたこの新型モデルは、競合車・ライバル車よりも車体感覚が掴みにくく、細い路地での運転には不向きなので注意をしてくださいね。

>>> 視認性&サイズはどうだった?新型CRV/CR-Vのサイドミラー

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vと競合車・ライバル車のボディサイズを比較してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの全長は、競合車・ライバル車と大差ありません。
ただ、全幅に関しては、競合車・ライバル車よりも一回り大きいデザインに…。

そのおかげもあり、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、競合車・ライバル車よりも存在感がありました。

ただ、その分、この新型モデルは車体感覚が掴みにくくなっているので、購入を検討している方は、試乗をして、運転のしやすさをしっかりと確認をしてくださいね。

>>> ハイブリッド車は意外と良い!?新型CRV/CR-Vと競合車の航続可能距離比較

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする