視認性&サイズはどうだった?新型CRV/CR-Vのサイドミラー

ホンダの人気SUVヴェゼル/ベゼル(VEZEL)を一回り大きくしたプレミアムSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、全長が4,600mmを超えるボディサイズが大きいクルマなので、サイドミラーも大きくなっています。また、死角を減らすため、助手席側のサイドミラーには、”プリズムアンダーミラー”が標準装備されています。

そんな新型CRV/CR-Vのサイドミラーの視認性は、どうだったのでしょうか?また、プリズムアンダーミラーの使い勝手、視認性は、どうだったのでしょうか?

2018年8月にデビューをした新型モデルのサイドミラーのサイズや視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのサイドミラーの実車画像レビュー

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのサイドミラーは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのサイドミラー

今回新発売された新型モデルに用意されているサイドミラーは、大きめのサイズに…。

なので、サイドミラーの視認性は十分に良かったのですが、ミドルクラスSUVの中でもボディサイズが大きいため、サイドミラーではカバーしきれない部分は、多いのかなと感じました。

プリズムアンダーミラーの視認性&確認のしやすさは?

このように死角が多い新型CRV/CR-Vですが、助手席側の死角を解消するためのアイテムとして、サイドミラーの下に”プリズムアンダーミラー”を標準装備しています。

■新型CRV/CR-Vのプリズムアンダーミラー

この”プリズムアンダーミラー”は光を屈折を活用して、死角となる助手席側の前輪付近を映し出してくれる機能です。

確かにこのプリズムアンダーミラーは、助手席側の前輪付近を映し出してくれるので、駐車をする時やクルマを左側に寄せる時には、重宝します。

ただ、”プリズムアンダーミラー”は曲面になっているため、ちょっと見にくいんですよね…。確認できる範囲も少ないですし…。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスターでは、助手席側のサイドミラーに搭載したカメラをマルチファンクションディスプレイに表示してくれる”サイドビューモニター”を用意しています。

■スバル 新型フォレスターのサイドビューモニター

また、弟分のベゼル/ヴェゼル(Vezel)の上位モデルでは、バックに入れるとサイドミラーの鏡面の角度を下側に変更をする”リバース連動ミラー”を用意しています。

しかし、今回新発売された新型CRV/CR-Vでは、新型フォレスターに用意されている”サイドビューモニター”や、ヴェゼル/ベゼル(Vezel)に用意されている”リバース連動ミラー”は、用意されていません。

なので、助手席側の視認性&確認のしやすさに関しては、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)や弟分のヴェゼル/ベゼル(Vezel)よりも劣るのかなと感じました。

また、ヴェゼル/ベゼルに用意されている”リバース連動ミラー”が、新型CRV/CR-Vに用意されていないのは、腑に落ちませんでした。

新型CRV/CR-Vのサイドミラーには良い部分も…

このように助手席側の視界、確認のしやすさには課題があったホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vですが、良い部分もありました。

それは、高速道路での車線変更をアシストしてくれる”ブラインドスポットインフォメーション(後側方車両検知警報)”が全グレード標準装備されていた事です。

この”ブラインドスポットインフォメーション(後側方車両検知警報)”とは、サイドミラーに搭載されたセンサーで目視がしにくい斜め後方を検知し、接近しているクルマがある場合、サイドミラーに搭載されているインジケーターでお知らせしてくれる機能です。

ちなみに、こちらが新型CRV/CR-Vのサイドミラーに用意されているブライドスポットインフォメーション用のインジケーターです。

■新型CRV/CR-Vのブライドスポットインフォメーション

もしクルマが接近している場合、このインジケーターが点灯をして、お知らせをしてくれます。なので、高速道路などでの車線変更がとってもラクになります。

この機能は、日産のエクストレイル(X-TRAIL)やスバルの新型フォレスター(Forester)などにも用意されている一般的な安全装備なのですが、オプション設定になっている事が多いんですよね。

しかし、今回新発売された新型CRV/CR-Vでは、高速道路での運転を楽に、そして、安全性を高めてくれる”ブラインドスポットインフォメーション(後側方車両検知警報)”が全グレード標準装備されています。

このような便利な機能が標準装備されているのは、今回新発売されたこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのサイドミラーは、このようなデザインになっています。

この新型モデルでは、助手席側のサイドミラーの下に”プリズムアンダーミラー”を装着するなど、死角を減らす様々な工夫を施しています。

ただ、カメラ映像をマルチファンクションディスプレイに表示してくれる”サイドビューモニター”を備えているスバルの新型フォレスター(Forester)よりも劣る感じが…。

もしこれからこの新型CRV/CR-Vの試乗に行かれる方は、サイドミラーやプリズムアンダーミラーの視認性、運転のしやすさをしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 操作性は意外と良い!?新型CRV/CR-Vのパドルシフトの使い勝手レビュー

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする