ガソリンとハイブリッドで違いが!?新型CRV/CR-Vのハンドル実車画像レビュー

2018年8月、北米を中心にヒットをしている5代目新型CRV/CR-Vが、日本デビュー果たしました。

2年ぶりに復活を果たしたこの新型モデルは、ガソリン車だけではなく、ハイブリッド車も新たにライナップに加えるなど、大幅に進化をしました。

そんな新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアを見比べる機会があったのですが、ハンドル・ステアリングホイールに違いが…。

この新型モデルのインパネの違いは、シフトレバーやメーターくらいだと思っていたので、少々意外でした。

そんな新型CRV/CR-Vのハンドル・ステアリングホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルのハンドルは、ハイブリッド車とガソリン車でどのような違いがあったのでしょうか?

2018年8月にデビューを果たしたホンダの新型SUVのハンドル・ステアリングホイールのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのハンドルの実車画像レビュー【ガソリン車とハイブリッド車の違いは?】

2年半ぶりに日本復帰を果たしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのガソリン車とハイブリッド車のハンドル・ステアリングホイールは、それぞれこのようなデザインになっています。

■ガソリン車のハンドル・ステアリングホイール

■ハイブリッド車のハンドル・ステアリングホイール

この新型モデルに採用されているハンドル・ステアリングホイールは、ホンダの人気軽自動車N-BOX(Nボックス)など、最近のホンダ車に採用されている統一規格のものです。

ただ、ホンダのN-BOX(Nボックス)など他のクルマよりもハンドル・ステアリングサイズは大きく、しっかりとした握り心地になっていました。

そんな新型CRV/CR-Vのハンドル・ステアリングホイールは左右にステアリングスイッチを用意しているのですが、右側には、クルーズコントロールの設定&ステアリング支援のON/OFFを設定できるスイッチを配置。

■新型CRV/CR-Vの右側のステアリングスイッチ

一方、ハンドルの左側には、メーター内にあるマルチインフォメーションディスプレイの表示を切り替えスイッチやオーディオのボリューム設定などのスイッチを設定。

■新型CRV/CR-Vの左側のステアリングスイッチ

競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)よりもスイッチの数が少なく、シンプルで直感的に使える操作性の良いデザインになっているように感じました。

また、この新型モデルのステアリングスイッチは、ストロークが少なく、マルチインフォメーションディスプレイの画面の切り替えがしやすいデザインになっているのも好印象でした。

ハイブリッド車とガソリン車のハンドルの違いとは?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのハンドル・ステアリングホイールは、このようにハイブリッド車とガソリン車で全く同じように感じます。

実際にこの新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のハンドル・ステアリングホイールを改めて確認すると、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のハンドル・ステアリングホイール

■ハイブリッド車のハンドル・ステアリングホイール

しかし、今回新発売された新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、機能で若干の違いがありました。

その機能とは、ハンドル・ステアリングホイールの付け根から生えている”パドルシフト”です。

■新型CRV/CR-Vのパドルシフト

ガソリン車に用意されているパドルシフトは、ハンドル・ステアリングホイールの左右のレバーを操作をする事によって、1速から7速までシフトチェンジを行え、疑似的にマニュアル車(MT車)のような運転を楽しめる機能となっています。

なので、パドルシフトを使って、シフトチェンジを繰り返せば、マニュアル車のようなスポーティーでキビキビとした運転を楽しむ事ができます。

また、急こう配の坂道を下っている時など、強いエンジンブレーキを効かせたい時にも、ガソリン車に備わっているパドルシフトは重宝します。

一方、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車のパドルシフトは、ガソリン車のようにシフトチェンジをする機能は無く、回生ブレーキの強さを4段階で調整できる”減速セレクター機能”となっています。

例えば、ハンドル・ステアリングホイールの右側に設置されている”+(プラス)”のパドルシフトを操作すると、回生力を強める事ができます。逆に、ハンドルの左側に設置されている”-(マイナス)”のレバーを操作すると、回生力を弱める事ができます。

この新型モデルのハイブリッド車は、ガソリン車のようにマニュアル車のような運転を楽しむ事が出来ないのは、個人的には、少々残念でした。

ただ、回生力(ブレーキの強さ)を調整できる機能を備えているクルマって、珍しいですよね。競合車・ライバル車の一つでもある新型フォレスターや新型エクストレイルのハイブリッド車では、このような機能は用意されていません。

この事を考えると、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車にパドルシフト式の減速セレクターが標準装備されている事は、競合車には無い大きな魅力の一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのハンドル・ステアリングホイールの基本的なデザインは、同じになっています。

ただ、ハンドルの裏側に備わっているパドルシフトの機能に違いがありました。

特に、ハイブリッド車に用意されているパドルシフト式の減速セレクター機能は、競合車・ライバル車に用意されていないこの新型CRV/CR-Vの注目の機能の一つです。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、パドルシフトの操作性や使い勝手をしっかりと確認してみてくださいね。2台のモデルのパドルシフトを使い比べてみると、機能の違いをスグに実感できると思いますよ。

>>> 新型CRV/CR-Vのブラックとブラウンの内装色【選ぶ色でこんな装備にも違いが!?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする