新型CRV/CR-Vのアクセサリーソケットの使い勝手レビュー【設置場所&個数を確認】

2016年8月に日本市場から撤退をしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2年間のブランクを経て復活を果たしました。

ハイブリッド車と3列シート仕様を引っ下げて日本市場に復活を果たしたこの新型モデルですが、機能や装備が充実しているのが魅力の一つです。

そんな新型CR-V/CRVの機能や装備を確認していて良いと思ったのが、アクセサリーソケット(シガーソケット)の数です。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、いくつアクセサリーソケットを用意していたのでしょうか?また、アクセサリーソケットは、どこに用意されていたのでしょうか?

2年ぶりに復活を果たした新型モデルのアクセサリーソケット(シガーソケット)の数や設置場所を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのアクセサリーソケットの数は何個?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの内装・インテリア

フルデジタル表示のメーターやボタン式のシフトレバーなど先進性のある機能や装備が印象的なこの新型モデルですが、アクセサリーソケット(シガーソケット)の数も十分。

そんな新型CR-V/CRVのアクセサリーソケットの数を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型CRV/CR-Vのアクセサリーソケットの数…3個

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルでは、アクセサリーソケットを3つ標準装備。

この新型モデルでは、携帯電話やスマホ、携帯ゲーム機、タブレット端末の充電に役に立つ急速充電タイプのUSBポートも3つ用意されていますし、これだけの数のアクセサリーソケットが用意されていれば、困る事は無いのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vのアクセサリーソケットはどこに用意されているの?

このようにアクセサリーソケットを3つ用意している新型CR-V/CRVですが、設置場所はどこだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されているアクセサリーソケット(シガーソケット)の配置場所を確認してきたので、紹介したいと思います。

その1.センターコンソールトレー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、印象的なセンターコンソールボックスの前方の収納スペース”センタコンソールトレー”部分に1つのアクセサリーソケット(シガーソケット)が用意されています。

■センターコンソールトレー内のアクセサリーソケット

オープンスペースに用意されているので、また、運転席や助手席からも操作しやすいため、使い勝手は3つの中で一番良い感じが…。

新型CR-V/CRVの運転席周りには、USBソケットが一つしか用意されていません。また、運転席周りに用意されているUSBポートは、1.0Aまで対応となっているので、急速充電する事ができません。

なので、このアクセサリーソケットに急速充電対応のUSBソケット(シガーソケットUSB充電器)を差し込んで、タブレット端末や携帯ゲーム機を充電できるようにするのも良いのかなと思いました。

また、自動車内を掃除するカークリーナを繋げる時や市販のドライブレコーダーを接続する時などにも重宝するのかなと思いました。

その2.センターコンソールボックス内

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、センターコンソールボックス内、USBソケットの隣にもアクセサリーソケット(シガーソケット)が用意されています。

■センターコンソールボックス内のアクセサリーソケット

センターコンソールトレーと同様に市販のシガーソケットUSB充電器を繋げて、増設するのが、一番良い感じが…。このようにセンターコンソールボックスにスマホやiPhoneを置く事もできますし…。

ただ、個人的には、センターコンソールボックス内に用意されている事から、アクセサリーソケット(シガーソケット)の使い勝手は、センターコンソールトレー部分よりも劣るのかなと思いました。

その3.荷室・ラゲッジスペース

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、荷室・ラゲッジスペースの左側(助手席側)の壁面にアクセサリーソケットが1つ標準装備されています。

■荷室・ラゲッジスペースのアクセサリーソケット

この新型モデルではパンク修理キットが備わっていますが、イザと言う時、このスペースのアクセサリーソケット(シガーソケット)から給電をしてパンク修理キットを使用する事ができます。

また、キャンプや車中泊をする際、電気ケトルなどの給電にも使用する事ができます。

ミドルクラスSUVの多くは、荷室・ラゲッジスペースにアクセサリーソケットを標準装備しているクルマが多いですが、やはり荷室にアクセサリーソケットが用意されていると、安心感が違うなと感じました。

ちなみに、この新型CR-V/CRVのアクセサリーソケット(シガーソケット)は、荷室フロアに近い位置(低い位置)に用意されています。

最初、もう少し高い位置にアクセサリーソケットが設置されている方が使い勝手が良いのかなと思っていました。しかし、実際に使用をしてみると、この位置の方が、アクセサリーソケットに繋いだツールのコードなどが邪魔になりません。

しかも、見た目もすっきりしていて使いやすいです。

使う人の事を考えて、この位置にアクセサリーソケットを設置しているとしたら、ちょっと凄いなと感心をしてしまいました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのアクセサリーソケット(シガーソケット)の個数、設置位置を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、3個のアクセサリーソケットを用意。

USBソケットも含めて考えると、この新型モデルでは十分に満足できるアクセサリーソケットの数を用意しているなと思いました。

また、設置されている位置も良く、使い勝手に優れているのも好印象でした。

試乗をする際はアクセサリーソケットの数や配置まで確認する事は無いと思いますが、この新型モデルの場合、購入後にアクセサリーソケット位置や使い勝手でストレスを感じる事は無いのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする