ハイブリッド車は意外と良い!?新型CRV/CR-Vと競合車の航続可能距離比較

ホンダが世界に誇るベストセラーSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月、日本市場に復活を果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車の2つのパワートレインをラインナップしていますが、ガソリン車の航続可能距離が、競合車・ライバル車よりも少なくなっているのが、ちょっと難点です。

>>> 意外な欠点!?新型CRV/CR-Vのガソリン車の航続可能距離は競合車よりも短い!

ただ、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の航続可能距離は、競合車・ライバル車と比べても、引けを取らない数値になっていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルのハイブリッド車の航続可能距離は、どのくらいになっていたのでしょうか?また、競合車・ライバル車と比較して、どうだったのでしょうか?

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の航続可能距離を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-V ハイブリッドの航続可能距離は、どのくらい?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのハイブリッド車は、”EXグレード”と”EX マスターピース”と言う2つのグレードをラインナップしていますが、それぞれの燃費性能をカタログで確認してみたところは、このようになっていました。

■新型CRV/CR-Vハイブリッドの燃費性能
・EXグレード
2WD…25.8km/L
4WD…25.0km/L
・EX マスターピース
2WD…25.8km/L
4WD…25.0km/L

今回新発売された5代目モデルで新たにラインナップされた新型CRV/CR-Vのハイブリッド車は、どちらのグレードを選んでも燃費性能に違いはありません。(この2台のモデルは、車体重量が異なるので、厳密には上位モデルの方が燃費は悪そうですが…)

このハイブリッド車のガソリンタンク容量は57リットルなので、一回の給油で走行できる航続可能距離を確認してみると、次のようになっていました。

■新型CRV/CR-Vハイブリッドの航続可能距離
・2WD…1,470.6km
・4WD…1,425.0km

カタログ上の数値ですが、2WD/4WDどちらのモデルも1,400kmオーバーの高水準に…。

実燃費はカタログ地の70%程度と言われているので、実際の航続可能距離は、この数値より劣ります。実際にこの新型ハイブリッド車の70%水準の航続可能距離を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-Vハイブリッドの航続可能距離
・2WD…1,029.42km
・4WD… 997.50km

実燃費に近い70%水準で航続可能距離を確認してみたところ、2WDで1,000kmオーバーの結果に…。

ちなみに、この新型CRV/CR-Vのガソリン車の航続可能距離は、約580km~630kmなので、2倍近く違う結果になっていました。(注意:カタログ値の70%で計算)

個人的には、一回の給油で1,000kmくらいは走って貰いたいと思っております。

この点、今回新発売されたこの新型モデルのハイブリッド車の航続可能距離は、十分に満足できる結果となっていました。

新型CRV/CR-Vの航続可能距離は競合車よりも優れている?

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の航続可能距離は十分に満足できる結果となっていましたが、競合車・ライバル車と比較すると、どうなのでしょうか?

この新型モデルと競合車・ライバル車のハイブリッドモデルの航続可能距離を比較してみました。

■新型CRV/CR-Vと競合車の航続可能距離比較
・ホンダ 新型CRV/CR-V
グレード :EX マスターピース/2WD
航続可能距離 :1,470.6kmkm
・トヨタ 新型ハリアー
グレード :プログレス/2WD
航続可能距離:1,198.4km
・日産 新型エクストレイル
グレード :20Xi/2WD
航続可能距離:1,248.0km
・スバル 新型フォレスター
グレード :アドバンス
航続可能距離:892.0km

このように見ると、今回新しくラインナップされた新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の航続可能距離は、競合車・ライバル車を圧倒していますよね。

ガソリン車の航続可能距離は競合車・ライバル車よりも劣っていて少々ガッカリしたのですが、このハイブリッド車の航続距離に関しては、大満足でした。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の航続可能距離を確認してみたところ、このようになっていました。

また、競合車・ライバル車の航続可能距離と比較してみたところ、この新型モデルのハイブリッド車の方が圧倒的に勝っていました。

競合車・ライバル車よりも圧倒的に長くなっている新型CRV/CR-V ハイブリッド車の航続可能距離は、競合車・ライバル車にはないこのクルマの大きな魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんに確認してみたところ、ハイブリッド車の場合、どんなに多く運転する人でも月一回くらいの給油で済んでいるみたいですよ。

この給油する手間が少ないのも、このハイブリッド車の魅力のように感じました。

>>> 新型CRV/CR-Vには、コンセントは付いている!?実車を確認してみた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする