新型CRV/CR-Vのヘッドライト実車画像レビュー【光り方や視認性を徹底解剖】

2018年8月、ホンダのプレミアムSUV新型CRV/CR-Vが1.5リットルターボエンジンを搭載したガソリン車とハイブリッド車を引っ下げて、2年ぶりに日本市場に帰ってきました。

今回新発売された新型CR-V/CRVは、ホンダのクルマらしいスタイリッシュな見た目になっていますが、この見た目の良さを演出しているのが、シャープなデザインをしたヘッドライトです。

また、他のクルマには用意されていない機能なども用意されており、視認性に優れているのも好印象でした。

そんな新型CR-V/CRVのヘッドライトは、どのようなデザイン&光り方になっていたのでしょうか?また、他のモデルには用意されていないこのクルマならではのヘッドライトの機能は、何だったのでしょうか?

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUVのヘッドライトのデザインや点灯時の様子、機能性などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのヘッドライト実車画像レビュー

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのヘッドライト

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車それぞれ2つのグレードを用意していますが、すべてのグレード共通でLEDのヘッドライトを標準装備しています。

最上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”だけではなく、最廉価モデルの”EXグレード”でもLED

そんな新型CR-V/CRVのヘッドライトを点灯すると、このような感じに…

■新型CRV/CR-Vのヘッドライトを点灯時の様子

ヘッドライトを点灯すると、シャープさが際立つ感じが…。

ライン状のフォグランプとの相性も良く、スタイリッシュなフロントマスクを演出しているように感じました。

ちょっと残念だったのは、ウィンカーのデザイン

このようなデザインになっている新型CR-V/CRVのLEDヘッドライトですが、ちょっと残念だったのは、ウィンカーのデザインです。

今回新発売された新型モデルに用意されているウィンカーは、ヘッドライトを覆うようにライン状に点灯するデザインになっています

■新型CRV/CR-Vのウィンカーを点灯した時の様子

このようにライン状で点灯するウィンカーも、新型CR-V/CRVらしくてとても良いと思います。

ただ、ちょっと残念だったのは、この新型モデルに用意されているウィンカーは、流れるタイプ(シーケンシャルタイプ)ではなく、オーソドックスなデザインになっていた事です。

ちなみに、ホンダの人気軽自動車Nボックス カスタム(N-BOX Custom)では、流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)が標準装備されています。

■新型Nボックス カスタム(N-BOX Custom)のヘッドライト

Nボックス カスタム(N-BOX Custom)に流れるウィンカーを装着しているのなら、上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”のみでも良かったので、新型CR-V/CRVに流れるウィンカーを搭載しても良かったのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vのヘッドライトは機能性も十分

このようなデザインになっているホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのヘッドライトの機能性も、注目ポイントの一つです。

今回新発売された新型モデルのヘッドライトでは、他の車種では搭載されていない”アクティブコーナリングライト”と言う機能を採用しています。

この”アクティブコーナリングライト”とは、車速が40km/h以下でステアリングホイールを90度以上切った時など、斜め方向を照らす専用ライトが点灯し、進行方向を照らしてくれると言う機能です。

私もこの新型モデルを試乗した際、この”アクティブコーナリングライト”の実力を確かめさせて貰ったのですが、進行方向をしっかりと照らしてくれるので、安心してコーナーを曲がれる感じが…。

私は普段、”アクティブコーナリングライト”のような機能が搭載されていないクルマに乗っていますが、この機能が搭載されているのと搭載されていないのでは、やはり運転をする時の安心感が異なります。

新型CR-V/CRVを試乗をした私の妻も言っていましたが、この”アクティブコーナリングライト”は装着を義務にした方が良いと思うくらい便利な機能だと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのヘッドライトは、このようなデザインになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルに用意されているヘッドライトは、LEDを採用したスタイリッシュなデザインに…。

流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)が搭載されていなかったのは少々残念でしたが、アクティブコーナリングライト機能が備わっており、安全面を考慮したデザインになっているのも好印象でした。

ちなみに、今回ホンダから新発売された新型CRV/CR-Vは全グレード共通でフロントフォグランプが標準装備されているのですが、ガソリン車とハイブリッド車でデザインに若干の違いが…。

>>> HVとガソリンで意外な違いが?新型CRV/CR-Vのフォグランプの実車画像レビュー

私もディーラーさんに教えて貰って初めて気づいたのですが、このフォグランプのデザインの違いも注目ポイントの一つですよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする