ホンダ新型CRV/CR-Vの安全装備【競合車には無い魅力&メリットとは?】

スタイリッシュなデザインに生まれ変わったホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たしました。

今回新型モデルでは、”ホンダセンシング(Honda SENSING)”を中心に様々な安全装備が、全グレード標準装備されています。

また、この新型モデルに備わっている安全装備は、競合車・ライバル車には無いメリットが…。

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVでは、どのような安全装備が標準装備されているのでしょうか?また、競合車・ライバル車には無いこの新型モデルの安全装備も魅力&メリットは、何なのでしょうか?

ホンダからデビューをしたホンダのプレミアムSUVの安全装備の魅力&良さを、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

ホンダ新型CRV/CR-Vの安全装備レビュー【競合車には無いメリットとは?】

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型CRV/CR-Vは、ハイブリッド車/ガソリン車問わず全グレード競合車・ライバル車に勝るとも劣らない安全装備が標準で備わっています。

そんな新型モデルに用意されている安全装備を紹介したいと思います。

ホンダセンシングは全グレード標準装備

今回新発売されたプレミアムSUV新型CRV/CR-Vでは、ホンダの最新の安全装備”ホンダ センシング(Honda SENSING)”が最上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpice)”だけではなく、最廉価モデルの”EXグレード”でも標準装備されています。

そんな新型モデルに標準装備されている”ホンダ センシング(Honda SENSING)”では、次のような安全機能が含まれています。

■新型CRV/CR-Vのホンダセンシングに含まれている機能
・衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール
・車線維持システム
・先行や発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

他の車種のホンダセンシングよりも優れているところとは?

ホンダの最新の安全装備システム”ホンダセンシング(Honda SENSING)”は、弟分のヴェゼル/ベゼル(VEZEL)だけではなかう、コンパクトカーの”フィット3(FIT3)”や軽自動車の”N-BOX(Nボックス)”などにも用意されている定番の機能です。

ただ、今回新発売されている新型CRV/CR-Vの”ホンダセンシング(Honda SENSING)”は、夜間の歩行者も検知できる衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)を備えるなど、他のモデルよりも進化したバージョンに…。

競合車・ライバル車よりも劣らない機能性を備えているのは、この新型モデルの安全装備の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ホンダセンシング以外の安全装備システムも充実

また、今回新発売された新型CRV/CR-Vでは、ホンダセンシング以外の安全装備も充実しています。

具体的には、この新型モデルでは、次のような安全装備システムが全グレード標準装備されていました。

■新型CRV/CR-Vに標準装備されている安全装備
・LEDアクティブコーナリングライト
・プリズムアンダーミラー
・運転席&助手席シートベルト閉め忘れ警告ブザー
・運転席&助手席エアバッグシステム
・サイドエアバッグシステム&サイドカーテンエアバッグシステム
・ドライバー注意力モニター

今回新発売された新型CR-V/CRVでは、LEDアクティブコーナリングライトやプリズムアンダーミラーなど、運転のしやすさをサポートする安全装備システムも充実。

■新型CRV/CR-Vのプリズムアンダーミラー

>>> 視認性はどう?新型CRV/CR-Vのプリズムアンダーミラーの実車画像レビュー

また、運転席の目の前にあるマルチインフォメーションディスプレイにドライバーの疲労度を一目で分かるように表示してくる”ドライバー注意モニター”など、他のクルマには用意されていない安全装備システムが充実しているのも印象的でした。

■新型CRV/CR-Vのドライバー注意モニター

新型CRV/CR-Vの安全装備で一番驚いた事とは?

このように安全装備システムが備わっているホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vですが、実車を確認してみて一番驚いたのは、”ブラインドスポットインフォメーション”が標準装備されていた事です。

この”ブラインドスポットインフォメーション”とは、車線変更をする際、斜め後方から接近してくるクルマを検知し、サイドミラーに設置されたインジケーターでお知らせをしてくれる機能です。

■ブラインドスポットインフォメーションのインジケーター

名前自体はメーカーによって異なるのですが、このように車線変更をアシストしてくれる機能は、競合車・ライバル車にも備わっています。

例えば、スバルの新型フォレスター(Forester)や日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)でも、この”ブラインドスポットインフォメーション”に似たような機能は用意されています。

ただ、競合車・ライバル車の場合、この便利な機能がメーカーオプション設定になっているんですよね。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、車線変更をする時に心強い”ブラインドスポットインフォメーション”が標準装備されています。

普段の運転の時から役に立つ”ブラインドスポットインフォメーション”が、標準装備されているのは、競合車・ライバル車には無いこの新型モデルの安全装備も最大の魅力なのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vでは、このような安全装備を良いしていました。

この新型モデルに用意されている安全装備の機能は、競合車・ライバル車と比較しても勝るとも劣らない出来に…。なので、安心してクルマを運転をする事ができます。

また、何より、今回新発売された新型CRV/CR-Vは、競合車・ライバル車ではメーカーオプション設定になっている”ブラインドスポットインフォメーション”が標準装備されている事に、感動すら覚えました。

>>> 新型CRV/CR-Vの車線維持支援システムの感想【プロパイロットより良かった点は?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする