新型カローラスポーツの荷室はフルフラットになる?【実車画像で確認】

トヨタの代表車種”カローラ”からコンパクトハッチバックモデルの新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回トヨタから新発売された新型モデルは、走りを優先したスポーツモデルと言う事もあり、収納スペースは少なめに…。また、荷室・ラゲッジスペースの広さも、必要最小限と言った感じになっていました。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、後部座席を収納した際、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、フルフラットになるのでしょうか?

トヨタからデビューをした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースがフルフラットになるか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カローラスポーツの荷室の広さ&使い勝手

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツの荷室・ラゲッジスペース

今回新発売された新型モデルは、ホイールハウス後方部分を最大限に外側へえぐっているため、荷室・ラゲッジスペースの横幅は、予想以上に広くなっています。

ただ、この新型モデルの荷室の奥行きは約810mmとなっており、コンパクトハッチバックの中でもちょっと狭め…。

普段使いでは困らないだけの荷室・ラゲッジスペースの広さを備えていますが、家族旅行や大きい荷物の買い物した時など、たくさん荷物を積み込まないといけないシーンでは、不便に感じる事もあるのかなと思いました。

後部座席を収納すると荷室はフルフラットになる?

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納すると、フルフラットになるのでしょうか?

今回新発売された新型モデルの後部座席は6対4分割方式を採用しておりのですが、後部座席の背もたれを収納してみると、このような感じに…。

■後部座席を収納した時の新型カローラスポーツの荷室

ご覧いただけば分かると思いますが、今回新発売された新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースの背もたれの境目部分で大きな段差ができてしまい、フルフラットになりません。
競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)などでも後部座席を収納した時に段差ができてしまいます。

■スバルの新型インプレッサスポーツの荷室

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の方が、後部座席を収納した時の段差が格段に大きいような…。

荷物を積み込み際に影響がでるくらい大きな段差は、今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

新型カローラスポーツの荷室は、オプションでフルフラットにする事が可能

このように2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは大きな段差ができてしまい、フルフラットにする事ができません。

ただ、メーカーオプションとして用意されている”アジャスタブルデッキボード”を備えると、後部座席を収納した際にフルフラットにする事が可能です。

そんな”アジャスタブルデッキボード”を装着したモデルの荷室・ラゲッジスペースが、コチラです。

■アジャスタブルデッキボード装着時の荷室

アジャスタブルデッキボードは上段と下段の2段階調整できるようになっているのですが、上段に設置すると、荷室フロアの位置が開口部の掃出し口の高さに…。

また、この状態で後部座席を収納すると、このように新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、フルフラットに…。

■アジャスタブルデッキボード装着時の荷室

アジャスタブルデッキを使用していない標準仕様時の荷室・ラゲッジスペースとは、大違いですよね。

■標準仕様の荷室・ラゲッジスペース

ちなみに、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)にディーラーオプションとして用意されているアジャスタブルデッキボードの価格は、8,640円となっています。

オプション価格もそれ程高く無いですし、アジャスタブルデッキボードを装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジルームは、標準仕様のままでは、後部座席を収納時、フルフラットにする事はできません。

ただ、メーカーオプション設定になっている”アジャスタブルデッキボード”を装着すると、フルフラットな荷室・ラゲッジルームにする事は可能です。

荷室の使い勝手にこだわるのなら、後部座席を収納した時フルフラットにする事ができるアジャスタブルデッキボードは装着した方が良いのかなと思いました。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているアジャスタブルデッキボードは、メーカーオプション設定となっており、後付けする事ができないので、ご注意を…。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする