【GZ専用】新型カローラスポーツの内装の赤はカッコいい!?実車画像レビュー

2018年6月、オーリスに変わる新たなスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、グレードによって内装・インテリアが異なり、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は赤い装飾が施されています。

また、”GZグレード(ハイブリッドGZ)”専用で赤い本革シートをメーカーオプションで用意しています。

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の赤い内装・インテリアは、どのようなデザインだったでしょうか?

赤のアクセントカラーを使った最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の内装・インテリアを、実車画像を使って、徹底レビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型カローラスポーツの内装の赤はカッコいい!?実車画像を使って徹底レビュー

赤のアクセントカラーが施されている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の標準仕様の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツのGZグレードの標準仕様の内装

この最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、ダッシュボードやセンターコンソール、ドア内側パネルに赤いステッチが…。

■GZグレードのダッシュボード

■GZグレードセンターコンソール

■GZグレードのドア内側パネル

また、それ以外にも、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、サイドに赤いステッチを施した専用デザインのシートを標準装備。

■GZグレード専用デザインのシート

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”では、このようにシルバーのステッチをあしらった内装・インテリアになっています。

■Gグレードの内装・インテリア

内装・インテリアのデザインの雰囲気が全く異なりますよね。

赤いステッチを施した最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の内装・インテリアは、スポーツモデルらしいアグレッシブなデザインに…。

一方、シルバーのステッチを施した中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、シンプルモダンなデザインに…。

このように新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、グレードによって、内装・インテリアの雰囲気が大きく異なるので、内装のデザインの好みで購入するグレードを選んでも良いのかなと思いました。

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんの話によると、赤いステッチを施した最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、20代~30代の若い世代の方に人気が高いようです。

一方、シルバーのステッチを施した中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、40代以上の比較的年配層に人気が高いモデルになっているそうですよ。

メーカーオプションになっているレッドの本革シート仕様は、どんなデザイン?

また、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、”GZグレード(ハイブリッドGZ)”専用のオプションとして、赤の本革シート仕様を用意しています。

ただ、この赤の本革シート仕様にすると、さらに刺激的なデザインに…。

メーカーオプションのレッドの本革シート仕様に変更したこの新型モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の内装・インテリアを確認する事ができたのですが、このようなデザインになっていました。

■GZ専用オプション赤の本革シート仕様の内装

メーカーオプション設定になっている赤の本革シートにすると、ブラックのウルトラスエードをメイン部分に使用し、サイドにレッドの本革をあしらったデザインに…。

標準仕様のシートよりも引き締まった座り心地になっており、スポーツモデルらしさが、ワンランクもツーランクも増したように感じました。

また、メーカーオプション設定になっているレッドの本革仕様にすると、センターコンソールの前方部分が赤い加飾が追加されます。

■標準仕様のセンターコンソール

■レッド本革仕様のセンターコンソール

センターコンソールに施された赤い加飾も良いワンポイントアクセントになっており、スポーツモデルらしさを演出しているように感じました。

2018年6月にトヨタからデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

赤いステッチを内装・インテリアにあしらった最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、他のグレードよりも刺激的なデザインに…。なので、好き嫌いは、ハッキリと分かれると思います。

なので、もし新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の購入を検討しているのなら、一度ご自身の目で直接、内装や外装を確認をした方が良いのかなと思いました。

ちなみに、GZグレード専用に用意されている赤の本革のシートのオプション価格は125,280円とちょっと高めの設定になっているので、ご注意を…。

>>> 画面の変更が可能!新型カローラスポーツGZのメーターの注目ポイント

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする