画面の変更が可能!新型カローラスポーツGZのメーターの注目ポイント

2018年6月に、いつまでも愛せる大人っぽいスタイルと刺激的な走りが特徴のスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューをしました。

今回新発売されたこの新型車の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、先進の装備やアイテムを搭載しているのが、注目ポイントの一つです。

そんな最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の注目の機能の一つが、メーターです。

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、フルデジタルのメーターを採用しているのですが、スピードメーターをアナログ表示とフルデジタル表示に切り替える事が可能です。

今回新発売された新型モデルの最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のメーターは、どのようなデザインだったのか?また、スピードメーターをアナログ表示とデジタル表示では、どちらの方が見やすかったのか?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のメーターを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型カローラスポーツGZグレードのメーターは、どんなデザイン?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■GZグレードの内装

そして、最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、中央部分にも7インチサイズのディスプレイを採用したフルデジタル表示のメーターを標準装備。

■GZグレードのメーター

ちなみに、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”や最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、フルデジタル表示ではなく、オーソドックスな三眼式のメーターとなっています。

■Gグレードのメーター

■GXグレードのメーター

このように3つのグレードのメーターを見比べると、先進性が異なりますよね。

最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の方が未来感のある刺激的なデザインのメーターになっているように感じました。

また、ドライブモードを”スポーツモード”に切り替えると、中央にあるスピードメーターが赤く変わるのも、スポーツモデルらしくて好印象でした。

新型カローラスポーツGZグレードのメーター:アナログ表示とデジタル表示はどっちが良い?

このように先進性のあるデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”ですが、中央にあるスピードメーターのデザインをアナログ表示とデジタル表示で切り替える事が可能です。

実際に、この新型モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のメーターの表示をアナログとデザイタルで切り替えると、このような感じに…。

■アナログ表示のメーター

■デジタル表示のメーター

アナログ表示とデジタル表示で、メーターの雰囲気がだいぶ変わりますよね。

アナログ表示のメーターは、スピードに応じて、ホワイトの針が回るようなデザインになっているのに対し、デジタル表示のメーターは、車速がメーター中央上部に表示されるデザインになっています。

このように自分好みでメーターのデザインを変更できるのは、フルデジタル表示を採用している、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の良いところだと思いました。

ちなみに、この新型モデルのメーターのアナログ表示とデジタル表示の切り替えは、マルチインフォメーションディスプレイの設定画面で簡単に変更する事が可能ですよ。

デジタル表示とスピード表示はどっちが見やすい?

このようにメーターのデザインを切り替える事ができる新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GZグレード(ハイブリッドGZ)”ですが、アナログ表示とスピード表示のどちらの方が視認性が良かったのでしょう?

私は実際にメーターの表示を切り替えて運転をしてみたのですが、やはりデザイタル表示の方が視認性は良いです。また、具体的な数値で教えてくれるので、細かい速度まで一目で分かるのが良かったです。

また、デジタル表示のスピードメーターは、メーター上部に表示されているので、アナログ表示よりも視線の移動が少なく確認できるのもメリットの一つです。

ただ、メーターのデザイン性に関しては、数値でお知らせしてくれるデジタル表示よりもハリの位置で速度をお知らせしてくれるアナログ表示の方が好みでした。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、メーカーオプションでフロントガラスで速度などを確認する事ができるヘッドアップディスプレイ(HUD)を装着する事が可能です。

そして、このヘッドアップディスプレイ(HUD)では、車速を数値で確認する事が可能です。

■新型カローラスポーツのヘッドアップディスプレイ

なので、個人的には、車速は視線の移動が少なく確認しやすいデジタル表示のヘッドアップディスプレイ(HUD)で確認をして、メーター自体はアナログ表示にしておくのが、一番良いのかなと思いました。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のメーターは、このようなデザインになっていました。

この最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、先進性のあるデザインに…。

また、自分の好みでアナログ表示とデジタル表示に切り替える事ができるのも、フルデジタル表示を採用している”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のメーターの魅力の一つだと思いました。

今回新発売されたこの新型スポーツハッチバックの最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、ご覧の通り、メーターのデザインもカスタマイズする事が可能です。試乗をする際は、メーターのデザインにも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型カローラスポーツ ハイブリッドのメーター【特徴&魅力を徹底レビュー】

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする