新型カローラスポーツのハンドル比較【ハイブリッドとガソリンの違いは?】

いつまでも愛せる洗練されたデザインが魅力のスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売あれた新型モデルは外装だけではなく、内装・インテリアもスタイリッシュなデザインになっていました。

ただ、その中でも特に印象に残ったのが、ハンドル・ステアリングホイールです。

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に標準装備されているハンドル・ステアリングホイールは、、スポーツモデルらしいスタイリッシュなデザインになっていました。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車で、若干の違いが…。

2018年6月にデビューをした新型モデルに標準装備されているハンドル・ステアリングホイールは、どのようなデザインだったのか?また、ハイブリッド車とガソリン車でどのような違いがあったのか?

新型カローラスポーツのハンドル・ステアリングホイールを実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型カローラスポーツのハンドル・ステアリングホイールは、どんなデザイン?

2018年8月にトヨタからデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハンドル・ステアリングホイールは、次のようなデザインになっています。

こちらは、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”に標準装備されているハンドル・ステアリングホイールです。

■新型カローラスポーツのGZ/Gのハンドル

この新型モデルの上位2つのグレードでは、見た目の高級感がある本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

夏場の暑い時、手の平に汗をかいた時に若干滑りやすくなるのが少々気になるところですが、車格に相応しい高級感&上質感を備えているのは、好印象でした。

一方、こちらは最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”に標準装備されているハンドル・ステアリングホイールです。

■新型カローラスポーツのGXのハンドル

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の上位モデルと異なり、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

なので、見た目のデザイン性は、若干劣ります。

ただ、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”でも、スポーク部分にステアリングスイッチが標準装備されているのは、嬉しかったです。クルマによっては、最廉価モデルでは、ステアリングスイッチが標準装備されていない事もあるので…。

新型カローラスポーツのハンドルに付いているステアリングスイッチは、何ができるの?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハンドル・ステアリングホイールでは、ご覧いただいた通り、全グレード共通でステアリングスイッチが標準装備されていたのですが、何を行う事ができるのでしょうか?

こちらは、ハンドルの右側に用意されているステアリングスイッチです。

■ハンドルの右側のステアリングスイッチ

ハンドルの右側に設置されているステアリングスイッチでは、主にACC(アダプティブクルーズコントロール)などの安全装備の設定、そして、オーディオ設定(モードや選曲、ラジオの選局など)を行う事が可能です。

一方、こちらは、ハンドルの左側に設置されているステアリングスイッチです。

■ハンドルの左側のステアリングスイッチ

ハンドルの左側に用意されているステアリングスイッチでは、主にメーター内に設置されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目などの切り替えやオーディオのリモコン操作ができるようになっています。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハンドル・ステアリングホイールは、スポーク自体が細めになっているので、スイッチのサイズもそれ程大きくありません。

ただ、この新型モデルのハンドルに備わっているステアリングスイッチは、操作内容によって、スイッチの形状を変えてあります。

例えば、クルーズコントロールの設定スイッチは丸型の十字キーになっているのに対し、オーディオのモードや選曲の切り替えスイッチは横に広いワイドタイプになっています。

このように今回新発売された新型モデルのハンドル・ステアリングホイールのスイッチは、すべての形状が異なるため、運転中の操作ミスがしにくくなっているのが好印象でした。

ガソリン車とハイブリッド車でハンドルのデザインや機能に違いはあった?

このようなデザインになっていた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハンドル・ステアリングホイールですが、ハイブリッド車とガソリン車で見た目のデザインヤ機能に違いはあったのでしょうか?

実際にこの2台のハンドル・ステアリングホイールを見比べたところ、ハイブリッド車とガソリン車で見た目のデザインに違いはありませんでした。

■ハイブリッド車のハンドル

■ガソリン車のハンドル

ただ、この2台のモデルでは、ハンドルに備わっている機能若干の違いがありました。

ガソリン車のハンドル・ラゲッジスペースの付け根には、手元でシフトアップやシフトダウンを行えるパドルシフトを標準装備。

■ガソリン車のパドルシフト

一方、ハイブリッド車のハンドル・ステアリングホイールには、このようにパドルシフトが用意されていません。

■ハイブリッド車のハンドル

やはりパドルシフトが付いていると、色々と助かりますよね。
エンジンブレーキを掛けるのもラクですし…。

また、カチカチとパドルシフトを操作して、気持ち良くワインディングロードを走り抜ける事ができるのは、ガソリン車ならではの魅力なのかなと思いました。

ちなみに、パドルシフトが標準装備されてるのは、ガソリン車の中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”以上となっています。最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、メーカーオプション設定になっているので、ご注意を…。

2018年8月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルに用意されているハンドル・ステアリングホイールは、ステアリングスイッチを全グレードに標準装備。最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”でも、他のグレードと同様の機能を備えているのは、少々驚きました。

ただ、パドルシフトが標準装備されているのは、ガソリン車のみとなっており、ハイブリッド車には用意さられていません。

なので、キビキビとした運転を楽しみたい方は、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が良いのかなと思いました。

>>> 【GZ専用】新型カローラスポーツの内装の赤はカッコいい!?実車画像レビュー

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする