デッキボードは後付けできる!?新型カローラスポーツの人気オプション

シリーズ初となる3ナンバーサイズになり存在感と車格が大幅に増したスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは様々なオプションを用意しているのですが、特に人気が高いのが、荷室・ラゲッジスペースをフルフラットにすることができるデッキボードです。

ただ、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の購入者の中には、デッキボードの存在を気づかず購入しなかった人も…。

そんな新型モデルの人気オプション”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”は、後から装着する事ができるのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、人気オプションの”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”は後付けできるかどうか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カローラスポーツの荷室にデッキボードは後付けできる!?

今回デビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の標準仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツの標準仕様の荷室

この標準仕様の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納すると、このように大きな段差ができてしまうのが欠点・デメリットの一つです。

■後部座席を収納した時の標準仕様の荷室

しかし、メーカーオプション設定になっているデッキボードを装着すると、後部座席を収納した時にフルフラットにする事が可能です。

■新型カローラスポーツのデッキボード

■後部座席を収納した時のデッキボード仕様の荷室

このようにフルフラットな荷室・ラゲッジスペースは、大きな荷物を積み込む際に助かりますよね。

また、オプション設定になっているこのデッキボードは”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”を使用すると、上下2段に分けて収納できるようになるため、荷室・ラゲッジスペースを有効活用できるようになるのも魅力の一つです。

■デッキボードを上段に設置時

■デッキボードを下段に設置時

また、後部座席を収納した時、フルフラットになるのも、アジャスタブルデッキボード仕様の良いところの一つでした。

このように通常仕様よりも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を良くすることができる”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”ですが、いつもお世話になっているディーラーさんに確認したところ、後付けする事はできないようです。

ちょっと残念ですよね。

ただ、”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”を新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に後付けできないのには、大きな理由があるようです。

オプションのデッキボードを後付けできない理由

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)にメーカーオプションの”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”を後付けできない理由の一つが、荷室・ラゲッジスペースのデザインにあるそうです。

日産の人気コンパクトカー”ノート(NOTE)”など、クルマによっては、元々デッキボードを使用する事を前提に荷室・ラゲッジスペースを設計しているクルマもあります。

ただ、今回トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、通常仕様とオプションの”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”で荷室・ラゲッジスペースが別設計になっているそうです。

実際に標準仕様とアジャスタブルデッキボード仕様を見比べてみると、荷室・ラゲッジスペースが全くの別設計になっているのが分かると思います。

■標準仕様の荷室・ラゲッジスペース

■デッキボード仕様の荷室・ラゲッジスペース

荷室フロアの高さなど、デッキボード仕様と標準仕様では、後部座席後方の作りが全く異なりますよね。デッキボード仕様のに荷室・ラゲッジスペースの左右には、ポケットも用意されていますし…。

このように新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のアジャスタブルデッキボード仕様は、荷室・ラゲッジスペースが専用設計になっているため、後付けできないようですよ。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)にオプションとして用意されているデッキボードは、残念ながら、後付けはできないとの事でした。

なので、残念ながら現在のところ、購入後に荷室・ラゲッジスペースをフルフラットにする方法はないようです。

なので、この新型モデルの購入を検討している方は、後々後悔しないように、”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”が必要かどうか、しっかりと考えてみてくださいね。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を注文したばかりの方は、今の注文をキャンセルして、再度注文し直す事で、”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”を装着する事ができるかもしれません。(の間近の場合は、難しいようですが…)

この新型モデルの注文後、メーカーオプションの”アジャスタブルデッキボード(デッキボード)”を装着したくなった方は、一日も早く、ディーラーさんに確認してみてください。

>>> 荷室サイズはどれくらい違う!?新型カローラスポーツとシビック比較

また、メーカーオプションのラゲッジボードを装着できるのは、ハイブリッド車とターボ車のFF車のみとなっています。ターボ車の4WDモデルでは、アジャスタブルデッキボードを装着する事ができないので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする