トヨタ新型カローラスポーツGグレードのメーター 【視認性&デザインを徹底解剖!】

スポーティーなハッチバックスタイルが特徴の新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは3つのグレードを用意していますが、その中間に位置しているのが、上質なデザインが魅力の”Gグレード/ハイブリッドG”です。

16インチのアルミホイールやシルバーのステッチを施したダッシュボードなど、様々な専用装備を用意している新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード/ハイブリッドG”ですが、メーターも専用デザインになっています。

中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”に標準装備されているメーターは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、使い勝手や視認性は、どうだったのでしょうか?

トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターのデザインヤ視認性を徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型カローラスポーツGグレードのメーター画像レビュー

トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツのGグレードのメーター

この”Gグレード/ハイブリッドG”は、左側にタコメーター、右側に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイ、そして中央に大きなスピードメーターを採用した3眼式のアナログメーターを標準装備。

フルデジタル表示のメーターを採用している最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”と比較すると、この”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターは、シンプルなデザインになっています。また、先進性もありません。

■GZグレードのデジタル表示のメーター

>>> 画面の変更が可能!新型カローラスポーツGZのメーターの注目ポイント

ただ、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターは 、オーソドックスなデザインになっている分、誰でも違和感なく使いこなせるというメリットが…。

また、スピードメーターのリングはゴールドカラーの加飾が施されており、スタイリッシュさが売りの内装・インテリアにマッチしたデザインに…。

このデザイン性と使い勝手の良さは、この中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

Gグレードには、カラーのマルチインフォメーションディスプレイを標準装備

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のの”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターは、右側にマルチインフォメーションディスプレイを搭載しており、様々な情報を表示してくれます。

■新型カローラスポーツのGグレードのマルチインフォメーションディスプレイ

ご覧の通り、今回新発売された新型モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”のマルチインフォメーションディスプレイは、カラー表示に…。また、ディスプレイの画面サイズも4.2インチあり、大きさも十分満足できるレベルに…。

ただ、ちょっと気になったのは、マルチインフォメーションディスプレイです。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード/ハイブリッドGZ”のマルチインフォメーションディスプレイは、スピードメーター内に備わっていたため、真下に視線を落とせば、確認する事ができました。

■新型カローラスポーツのGZグレードのマルチインフォメーションディスプレイ

しかし、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、マルチインフォメーションディスプレイを確認する際、斜め下に視線を落とさないといけません。

なので、マルチインフォメーションディスプレイを確認する際の視線の移動が、最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”よりも大きい感じが…。

このマルチインフォメーションディスプレイを確認する際の視線移動の大きさは、試乗をしていて、少々気になるところでした。

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”では、フロントガラスに走行状況やエネルギーの出力/回生状況を表示してくれる”ヘッドアップディスプレイ(HUD)”を装備する事ができないのも、少々残念でした。

ハイブリッドとターボでメーターのデザインに若干の違いが…

このようなオーソドックスな3眼式メーターを採用している新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”ですが、ハイブリッド車とターボ車で、メーターのデザインに若干の違いがありました。

■ターボ車”Gグレード”のメーター

■ハイブリッド車”Gグレード”のメーター

この2台のモデルのメーターで異なる事の一つが、針とスピードメーター内のカラーです。

■ターボ車のスピードメーター

1.2リットルターボエンジンを採用しているターボ車は、レッドのメーター針を採用。また、スピードメーター内の加飾もレッドになっており、走りにこだわったスピードモデルらしいデザインになっていました。

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車は、ホワイトのメーター針とブルーの加飾を施した爽やかなデザインに…。

■ハイブリッド車のスピードメーター

基本的にこの2台のモデルのメーターは同じデザインになっていたのですが、このメーター針とスピードメーター内の加飾で、見た目の印象がだいぶ変わるように感じました。

また、モーターのパワーだけで走る事ができるハイブリッド車は、”エンジンの回転0″が用意されているのも印象的でした。

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターは、このようなデザインになっていました。

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”とは異なり、この”Gグレード/ハイブリッドG”は、シンプルな3眼式なアナログメーターを標準装備。

ただ、しっかりと加飾が施されたこの”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターは、シンプルモダンなデザインが売りのこのグレードに相応しいデザインに…。また、この新型モデルはスピードメーターが大きいデザインになっており、視認性に優れているのも好印象でした。

今回新発売された新型モデルのメーターは、グレードによって、デザインや視認性が異なります。もしこの新型モデルの試乗に行かれる方は、ぜひともメーターのデザインの違いや視認性にも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型カローラスポーツ ハイブリッドのメーター【特徴&魅力を徹底レビュー】

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする