【新型カローラスポーツvsシビック】荷室が使いやすいと思ったのはどっち?

2018年6月、トヨタからオーリス(AURIS)に変わる新しいスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)がデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルの競合車・ライバル車の一つは、ホンダから発売されている”シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)”です。

先日、この2台のモデルを乗り比べる事ができたのですが、乗り心地だけではなく、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手にも大きな違いがありました。

2018年6月にデビューをしたトヨタの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)とホンダの新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのか?また、どちらの方が使い勝手は、良かったのでしょうか?

その理由とともに、この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型カローラスポーツと新型シビック ハッチバックの荷室・ラゲッジスペースを比較

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツの荷室・ラゲッジスペース

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約810mmとなっており、コンパクトハッチバックの中では比較的小さめに…。

ただ、普段使いで使用するには、困らないくらいの荷室・ラゲッジスペースのサイズを確保しているように感じました。

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの左右には、スーパーの買い物袋などを掛けておけるコンビニフックが用意されるなど、使い勝手が良くなるように様々な工夫が施されているのが、好印象でした。

一方、こちらは、ホンダから新発売されているスポーツハッチバック”新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)”の荷室・ラゲッジスペースです。

■新型シビック ハッチバックの荷室・ラゲッジスペース

六角形のようになっている開口部が印象的な新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)ですが、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりもひと回り大きい荷室サイズに…。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)と比較すると、荷室の高さは劣るのですが、奥行きは930mmもあり、競合車・ライバル車の中でトップクラスの広さを確保しているのが、好印象でした。

また、巻き取り式になっていて、必要ない時は簡単に収納する事ができるトノカバーを備えているのも新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型カローラスポーツとシビック ハッチバックの荷室【どっちの方が使い勝手は良かった?】

このように荷室のサイズやデザインが大きく異なる新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)と新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の荷室・ラゲッジスペースですが、私は新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の荷室の方が使い勝手が良いように感じました。

新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手が良いと感じた理由は、何だったのでしょうか?

その理由を包み隠さず紹介したいと思います。

理由1:後部座席を収納した時の使い勝手

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手が良いと感じた理由の一つが、後部座席を収納した時の使い勝手の良さです。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジルームは、後部座席を収納すると、後部座席の背もたれの部分で大きな段差が生じてしまいます。

■新型カローラスポーツの後部座席を収納した時の荷室

ちょっとこの段差は、大きすぎますよね。

なので、大きい荷物を積み込む際の新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室の使い勝手は、あまり良いとは感じませんでした。

一方、こちらは後部座席を収納した時の新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の荷室・ラゲッジスペースです。

■新型シビック ハッチバックの後部座席を収納した時の荷室

新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の荷室・ラゲッジスペースもフルフラットという訳ではありませんが、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも段差が小さくなっています。

また、段差が荷物の積み下ろしの妨げにならないように、スラローム状になっています。

このような心遣いは、嬉しいですよね。

後部座席を収納した時の広さだけではなく、使い勝手も新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の方が一枚も二枚も上手だったように感じました。

理由2:床下収納

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の方が荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良いと感じた理由の一つが、床下収納(サブトランク)です。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)でも床下収納(サブトランク)は、標準装備されています。

■新型カローラスポーツの床下収納

しかし、ご覧の通り、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の床下収納(サブトランク)はかなり狭いため、収納できるアイテムが限られてしまいます。

一方、ホンダからデビューをした新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)は、床下収納(サブトランク)のサイズも大きくなっています。

■新型シビック ハッチバックの床下収納

これだけ大きければ、洗車道具や子供の玩具など、様々なアイテムを収納する事が可能です。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は荷室・ラゲッジスペースのサイズがコンパクトハッチバックの中で小さめなので、せめてこれくらいの床下収納(サブトランク)は用意して貰いたかったような…。

荷室・ラゲッジスペースのサイズだけではなく、この広くて使い勝手の良い床下収納(サブトランク)も新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の魅力の一つなのかなと思いました。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)と新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の荷室・ラゲッジスペースを比較してみたところ、それぞれこのようなデザイン&広さになっていました。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)もスポーツハッチバックとしては標準的な広さの荷室・ラゲッジスペースを備えていますが、新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)と比較すると、ワンランクもツーランクも劣るような感じが…。

走りの質だけではなく、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手にこだわるのなら、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)よりも新型シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)の方が良いのかなと、実車を見比べて感じました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする