新型カローラスポーツのアクセル&ブレーキの操作性【不満に感じた事とは?】

2018年6月、スポーティーなデザインに生まれ変わった新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ドライビングポジションを優先したデザインになっているため、運転がしやすいクルマに仕上がっています。

また、今までのトヨタ車と比較して、この新型モデルは、アクセルやブレーキペダルのタッチもかなり良くなっていました。

ただ、その一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のアクセルやブレーキペダルで気になる部分も…。

2018年6月にデビューをしたこの新型モデルのアクセル&ブレーキペダルは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、私が実際にこの新型モデルのアクセル&ブレーキペダルを確認して、残念に感じたところは、どこだったのでしょうか?

トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のアクセル&ブレーキを徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型カローラスポーツのアクセル&ブレーキの実車画像インプレ【運転席の足元をチェック】

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の運転席は、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツの運転席

そして、運転席の足元に用意されているアクセル&ブレーキペダルは、このようなデザインになっていました。

■新型カローラスポーツのアクセル&ブレーキ

今回新発売された新型モデルは、シンプルなゴム製のアクセル&ブレーキペダルを全グレード標準装備。

「スポーツモデル」を謳うのなら、最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”ぐらいは、アルミ製のスポーツペダルを標準装備して貰いたかったです。

このように見た目がシンプルなゴム製のアクセル&ブレーキだったのも少々残念だったのですが、次のような事も気になりました。

欠点1.アクセルペダルのデザイン

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のアクセル&ブレーキペダルで残念・欠点に感じた事の一つが、アクセルペダルのデザインです。

今回新発売された新型モデルのアクセルペダルは、シンプルな吊り下げ式を採用…。

■新型カローラスポーツのアクセルペダル

なので、この新型モデルのアクセルペダルのタッチや操作性は、オルガンのペダルのように床にペダルが備わている”オルガン式アクセルペダル”を採用している競合車・ライバル車の一つでもあるマツダの”アクセラ スポーツ(AXELA SPORT)”よりも劣る感じが…。

■オルガン式のアクセルペダル

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)と同じくらいの時期にフルモデルチェンジを行ったトヨタの高級セダン”新型クラウン(CROWN)”では、操作がしやすいオルガン式のアクセルペダルが標準装備されているんですよね。

個人的には、今回新発売された新型モデルでも、オルガン式のアクセルペダルを標準装備するくらいの気概を見せて貰いたかったです。

欠点2.アクセル&ブレーキペダルの位置

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のブレーキペダルを確認していて、ちょっと残念だったのは、アクセルとブレーキペダルの位置です。

今回新発売された新型モデルでは、ホイールハウスを避けるために、アクセルペダルとブレーキペダルの設置位置が若干左に寄っているんですよね。

運転席に座って、右足を伸ばした延長線上にアクセルペダルが無いため、アクセルペダルやブレーキペダルを操作をする際のスムーズがイマイチ。

私はマツダの”アクセラ スポーツ(AXELA SPORT)”を試乗した後に、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗したのですが、運転席に座った瞬間に大きな違いを感じました。

やはり”アクセラ スポーツ(AXELA SPORT)”の方が、シートとペダルの位置関係のしっくりくると言うかなんというか…。

個人的には、アクセルペダルとブレーキペダルの位置を10mm程度で良いので、右側に設置して貰いたかったです。

この右足の位置と若干ずれているアクセルペダル&ブレーキペダルの位置も、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の気になるところの一つでした。

2018年6月にトヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ドライビングポジションだけではなく、ステアリングホイールやアクセル/ブレーキペダルの操作性など”運転のしやすさ”を最優先にシャーシ設計をしたドライバーズカーとなっています。

なので、新型プリウス(Prius)やCHR/CH-Rなど、他のトヨタ車よりも、シートとペダル・ハンドルの位置関係が格段に良くなっています。

ただ、この新型モデルのアクセルペダルやブレーキペダルは、見た目のデザイン性だけではなく、使い勝手や操作性も、競合車・ライバル車よりも若干劣る感じが…。

「運転の楽しさを追求したスポーツモデル」と言う事を考えると、見た目のデザインやアクセルペダルやブレーキペダルの設計、設置位置などを、もう少し細部まで煮詰めて貰いたかったです。

ちなみに、今回新発売された新型モデルは、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールが、全グレード標準装備されています。

オートブレーキホールドの使い勝手で若干気になるところはありましたが、上位モデルだけではなく、最廉価モデルの”ハイブリッドGX(GXグレード)”でも標準装備されているのは、好印象でした。

>>> 新型カローラスポーツのハンドル比較【ハイブリッドとガソリンの違いは?】

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする