新型CRV/CR-VのEXマスターピースはお買い得!?価格と装備から検証してみた

2018年8月、街乗りにピッタリなスタイリッシュSUVの先駆けホンダの新型CRV/CR-Vが、2年半ぶりに日本市場に帰ってきました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ”EXマスターピース(EX Masterpiece)”と”EXグレード”と言う2種類のグレードを用意しています。

このように2つのグレードをラインナップしている新型CRV/CR-Vですが、どのような違いがあるのでしょうか?また、最上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”は、お買い得なのでしょうか?

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”はおススメできるのかどうか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

まずは新型CRV/CR-VのEXマスターピースとEXグレードの価格差、機能&装備の違いを確認

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vの最上位モデル”EXマスターピース(EX Masterpiece)”とベースモデルの”EXグレード”のそれぞれの車体本体価格の差は、このようになっています。

■新型CRV/CR-Vのグレード間の価格差
・ガソリン車
EXグレード(5人乗り) :3,230,280円
EXマスターピース(5人乗り):3,591,000円
2つのグレードの価格差 : 360,720円
・ハイブリッド車
EXグレード(5人乗り) :3,784,320円
EXマスターピース(5人乗り):4,145,040円
2つのグレードの価格差 : 360,720円

今回新発売された新型モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”と”EXグレード”の価格差は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ約36万円となっています。

この金額差だけみると、正直に言って、思ったよりも価格差は大きいなと感じてしまいました。

新型CRV/CR-Vの2つのグレードの機能や装備の違いをチェック

このように意外と価格差がある新型CRV/CR-VのEXグレードとEXマスターピースですが、この2つグレードの機能や装備を比較すると、次のような違いがありました。

■新型CRVの最上位モデル”EXマスターピース”のみの機能&装備
・本革シート
・ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(電動パワーゲート)
・電動パノラミックサンルーフ
・助手席4ウェイパワーシート
・ルーフレール

このように見ると、機能面や装備面に意外と差がありますよね。

電動パワーゲートや助手席側の4ウェイパワーシートなど使い勝手の良い装備が標準仕様になっているのも嬉しいのですが、個人的には、本革シートや解放感のある車内にしてくれるサンルーフなどのプレミアム感を演出するアイテムが標準で備わっているのは、かなり大きなと思いました。

■EXマスターピースの本革シート

■EXマスターピースのサンルーフ

また、この2台のグレードの内外装の機能や装備を見比べると、上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”の方が明らかに豪華さや上質感がありました。

>>> 開口部の広さはどれくらい?新型CRV/CR-Vのサンルーフの使い勝手を徹底解剖

新型CRV/CR-VのEXマスターピースはお買い得?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの最上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”とベースモデルの”EXグレード”ですが、どちらの方がおススメなのでしょうか?

機能や装備が充実している”EXマスターピース(EX Masterpiece)”は、お買い得なのでしょうか?

先ほども紹介したとおり、今回新発売された新型CRV/CR-Vの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”と”EXグレード”では約36万円の価格差があります。

ただ、この2台のモデルの装備や機能の違いを考えると、この価格差は妥当な感じが…。本革シートだけでも、通常10万円以上しますし…。

しかし、車体本体価格と機能・装備のバランスが取れているという事は、”EXマスターピース(EX Masterpiece)”にお買い得感はないとも言えます。

なので、サンルーフや本革シート、電動パワーゲートなど”EXマスターピース(EX Masterpiece)”に備わっている専用装備に魅力を感じれば、購入する価値は大いにあるのかなと思いました。

逆に、最上位モデルの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”に用意されているアイテムにこだわりが無ければ、廉価モデルの”EXグレード”で十分なのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、グレード間で走破性や安全装備に違いはありません。

なので、グレード選びをする際は走破性や安全装備を気にせず、機能や装備だけの違いに注目すれば良いと思いますよ。

ちなみに、EXマスターピース”に用意されている専用装備の中で、EXグレードにオプションで装着できるのは、ルーフレールのみとなっています。

本革シートやサンルーフなどのアイテムは、オプション設定となっていないため、ベースモデルの”EXグレード”には装着できないようになっているので、注意してくださいね。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの”EXマスターピース(EX Masterpiece)”とEXグレードの車体本体価格は、それぞれこのようになっていました。

また、この2台のグレードの装備や機能を見比べてみたところ、このような違いがありました。

今回新発売された新型CRV/CR-Vの最上位モデル”EXマスターピース(EX Masterpiece)”は、機能や装備が充実していますが、その分、車体本体価格が高い感じが…。なので、それほどお買い得感を感じませんでした。

なので、”EXマスターピース(EX Masterpiece)”に備わっている装備や機能が必要かどうかと言う点に着目をして、グレード選びをするのが良いのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんに、”EXマスターピース(EX Masterpiece)”と”EXグレード”のどちらの方がおススメか聞いてみると、

「プレミアムSUVらしさを味わえる”EXマスターピース(EX Masterpiece)”の方が、おススメできる。」

と、言う方が多いです。

ただ、先ほども紹介した通り、ベースモデルの”EXグレード”でも十分に満足できる機能や装備を備えています。なので、ディーラーさんの言葉を鵜呑みにせずに、本当に本革シートやサンルーフが必要かどうか、しっかりと吟味してくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vとエクストレイルのサイズ比較【車内の広さが全然違う!?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする