新型CRV/CR-Vとエクストレイルの7人乗り仕様の荷室【使い勝手が良いのはどっち?】

北米や中国で人気のホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの5代目モデルが、2018年8月、満を持して日本デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルのガソリン車は、5人乗り2列シート仕様に加えて、初めて7人乗り3列シート仕様をライナップ。乗車人数や使用するシチュエーションによって、お好きな方を選べるようになりました。

>>> 新型CRV/CR-Vの荷室はフルフラットになる!?実車画像で徹底解剖

そんな7人乗りの3列シート仕様のミドルクラスSUVと言えば、新型CRV/CR-Vの競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)も用意しています。

今回新発売された新型CRV/CR-Vと競合車の一つでもある新型エクストレイル(X-TRAIL)の7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、荷室の使い勝手は、どちらの方が良かったのでしょうか?

実車画像を使って、この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの違いを紹介したいと思います。また、どちらの荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手が良かったのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vとエクストレイルの荷室比較【使い勝手が良いのはどっち?】

2018年6月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vと、競合車の一つでもある新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの荷室

■新型エクストレイルの荷室

3列目シートを使用した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行き(広さ)は、ホンダの新型CRV/CR-Vの方が広く、収納力に優れています。

ただ、荷室・ラゲッジルームの使い勝手に関しては、新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が良いように感じました。

なぜ新型CRV/CR-Vよりも新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手は良いと感じたのでしょうか?

その理由を紹介したいと思います。

理由1:荷室フロアの違い

今回私が新型CRV/CR-Vよりも新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手が良いと思った理由の一つが、荷室フロアの違いです。

新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジフロアは、一般的なカーペット素材になっているのに対し、日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室フロアや3列目シートのシートバックは、撥水加工が施された素材に…。

■新型CRV/CR-Vの荷室フロア

■新型エクストレイルの荷室フロア

なので、汚れ物や水に濡れているアイテムを積み込んでも、簡単にお手入れや掃除をする事が可能です。

これはちょっと嬉しいですよね。

スキーやスノボーなどのアウトドアレジャーだけでなく、日常使いで使用する方でも、汚れに強い荷室・ラゲッジスペースは、心強いです。

この防水・防汚処理が施されている荷室・ラゲッジスペースは、新型CRV/CR-Vには無い新型エクストレイル(X-TRAIL)の大きな魅力の一つだと思いました。

理由2:荷室アレンジ

また、荷室アレンジのバリエーションの多さも、日産から発売されている新型エクストレイル(X-TRAIL)の魅力の一つです。

どちらのモデルも、3列目だけではなく、2列目シートを収納すると、車中泊にピッタリなフルフラットな荷室・ラゲッジスペースにする事が可能です。

■新型CRV/CR-Vの2列目&3列目シートを収納した時の荷室

■新型エクストレイルの2列目&3列目を収納した時の荷室

このようにどちらも荷室・ラゲッジスペースがフルフラットになるのは良いのですが、日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)には、新型CRV/CR-Vに用意されていない荷室アレンジが…。

その荷室アレンジとは、2列目シートの中央部分のみを収納するアレンジです。

日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の2列目シートは、ホンダの新型CRV/CR-Vとは異なり、4対2対4の分割方式を採用。そのため、2列目シートの中央部分のみを収納する荷室アレンジをする事ができます。

このような荷室アレンジは、サーフボードやスキー、スノボーなどの長尺物を積み込むのに便利そうですよね。

一方、一般的な6対4分割方式の2列目シートを採用している新型CRV/CR-Vでは、新型エクストレイル(X-TRAIL)のように2列目シートの中央部分のみを収納するアレンジは用意されていません。

なので、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が使い勝手が良い感じが…。

このように競合車・ライバル車にはない荷室アレンジを用意しているいるのも、日産から発売されているアウトドアギア新型エクストレイル(X-TRAIL)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新初場されたホンダの新型CRV/CR-Vと競合車の日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースを比較してみたところ、それぞれこのようなデザインになっていました。

荷室・ラゲッジスペースの広さは、新型エクストレイル(X-TRAIL)よりも新型CRV/CR-Vの方が広くなっています。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、防水・防汚のフロアを備えており、また、荷室アレンジが豊富な新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が良いように感じました。

このようにこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やアレンジは、異なります。

もしどちらのモデルを購入しようか迷っている場合は、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手にも注目をしてみると良いかもしれませんよ。

>>> 新型CRV/CR-Vとフォレスターの荷室比較【サイズが大きいのはどっち!?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする