ホンダ新型CRV/CR-Vのシフトレバー【ハイブリッドとガソリンの違いを比較】

2018年8月、アーバンクロスSUVの先駆けホンダの新型CRV/CR-Vの5代目モデルが、ホンダからデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ターボエンジンを搭載したガソリンやに加え、1.8リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車を用意。

先日、この2台のモデルを乗り比べさせてもらったのですが、乗り心地や静寂性、加速感が全くちがいました。

そんな新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車ですが、シフトレバーのデザイン・使い勝手も大きく異なります。

この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のシフトレバーは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、使い勝手・操作性は、どちらの方がよかったのでしょうか?

ホンダの新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車のシフトレーバーのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車【シフトレバーのデザインの違いを比較】

2018年8月にホンダからデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車のシフトレバーは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのハイブリッド車のシフトレバー

■新型CRV/CR-Vのガソリン車のシフトレバー

今回新発売された新型モデルは、先代モデルと同様にインパネ中央にシフトレバーを配した”インパネシフト”を採用。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では、シフトレバーのデザインに違いがありました。
ガソリン車のシフトレバーは、”D(ドライブ)”や”R(リバース)”、”N(ニュートラル)”などが一直線にならんだオーソドックスなストレート式のシフトレバーを標準装備しています。

一方、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車は、最近徐々に普及をし始めたボタン式(スイッチ式)のシフトレバーを採用。

国産車のミドルクラスSUVの中で、ボタン式のシフトレバーを採用しているのは、現時点では、ホンダからデビューをしたこの新型モデルのみ。

一般的なストレート式を採用しているガソリン車よりも、先進性のあるデザインになっているように感じました。

新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車のシフトレバー【使い勝手・操作性が良いのは、どっち?】

このように全く異なるデザインになっていた新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車のシフトレバーですが、どちらの方が使い勝手や操作性は、良かったのでしょうか?

私はデザインや使い勝手が異なるこの2台のモデルのシフトレバーを実際に操作をしてみたのですが、初めて使う方が迷わずに使えるのは、オーソドックスなガソリン車のシフトレバーです。

一方、ハイブリッド車のシフトレバーは、最初、どのように使っていいのか戸惑います。
私もこのクルマを試乗をする際、ディーラーさんに操作性などをしっかりとレクチャーを受けてから、運転を始めましたし…。

ただ、スイッチ式になっているハイブリッド車のシフトレバーも実際に使用してみると、思ったよりも使い勝手は良いように感じました。

ガソリン車よりもハイブリッド車のシフトレバーの方が優れている点とは?

今回、この2台のシフトレバーの使い勝手や操作性を確認してみて、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の方が優れていると感じた事の一つが、操作ミスの少なさです。

ストレート式を採用している新型CRV/CR-Vのガソリン車のシフトレバーの欠点・デメリットの一つは、ポジションの入れ間違いが多い事です。

また、どのポジションに入っているか分かりにくいため、シフトレバー、もしくは、メーターで目視をする必要があります。

一方、スイッチ式になっているハイブリッド車のシフトレバーは、各スイッチ(ボタン)が独立しており、また、デザインや操作性も異なります。

例えば、一番使用する頻度の多い”D(ドライブ)”のスイッチは、目立つようにメッキ調の加飾で覆われており、スイッチのサイズも他のものよりも大きくなっています。また、”D(ドライブ)”のスイッチは、プッシュ式になっています。

一方、駐車やバックをする時に使用する”R(リバース)”に関しては、引いて操作をするプルスイッチに…。

このように新型CRV/CR-Vのハイブリッド車のシフトレバーは、スイッチによって、サイズや操作性が異なるので、ガソリン車のものよりも操作ミス(ポジションの入れ間違い)が少なくなりそうな感じが…。

今回新たにラインナップされたハイブリッド車に用意されているスイッチ式のシフトレバーは、まだ新しいシステムのため、最初は戸惑うかもしれません。

ただ、実際にこのシフトレバーを使ってみると、操作性の良さを実感する事ができると思いますよ。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのシフトレバーは、このようにハイブリッド車とガソリン車でデザインや操作性が異なります。

この2台のモデルのシフトレバーでとっつきやすいのは、オーソドックスなデザインになっているガソリン車の方だと思います。

ただ、個人的には、操作ミスを起こすリスクが少ないハイブリッド車のシフトレバーの方が、操作性は良いように感じました。

今回新発売された新型CRV/CR-Vのハイブリッド車に採用されているスイッチ式(ボタン式)のシフトレバーを採用しているクルマは、まだまだ少ないです。

もし、ハイブリッド車の購入を検討している方は、購入前にスイッチ式のシフトレバーの操作性や使い勝手をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> やっぱりイマイチ!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの座り心地レビュー

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする