どうやってやるの!?新型フォレスターの後部座席の倒し方

車内の広さをしっかりとキープをしつつ、運転のしやすさも兼ね備えているスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)の5代目モデルが、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデル、先代モデルよりもあらゆる面で良くなってしましたが、個人的に特に関心をしたのは、後部座席の居住性です。

この5代目モデルは、ボディサイズの拡大部分を後部座席まりの居住性に活用した事もあり、先代モデルよりもゆったりと快適に過ごせるようになっていました。

>>> 新型フォレスターって本当に狭い?後部座席を広さを確認してみた

そんな新型フォレスター(Forester)の後部座席は、先代モデルと同様に背もたれを倒して、荷室・ラゲッジスペースを広くすることが可能です。

今回新発売された新型モデルの後部座席は、どのように背もたれを倒す事ができるのでしょうか?また、カンタンに背もたれを倒す事ができるのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席の背もたれの倒し方を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターの後部座席の倒し方は?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの後部座席

今回新発売されたこの5代目モデルの後部座席は、新たに設計された専用デザインに…。若干背もたれの小ささは気になるものの、フィット感の良さ好印象でした。

また、成人男性が座っても快適に過ごせる足元空間(ニークリアランス)の広さを確保しているのも好印象でした。

■新型フォレスターの後部座席の足元空間

このようなデザインになっている新型フォレスター(Forester)の後部座席ですが、背もたれの倒し方は、2種類用意していました。

後部座席の倒し方1:荷室左右に備わっているレバー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席の背もたれの倒し方の一つは、荷室・ラゲッジスペースの左右の壁面に用意されている”背もたれ収納レバー”を使用する方法です。

■荷室に左右に用意されている背もたれ収納レバー

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの左右に用意されている”背もたれ収納レバー”を引くと、後部座席の背もたれのロックが外れ、静かに背もたれが前方へパタンと倒れます。

レバー操作もとても軽く、新型フォレスター(Forester)の後部座席の背もたれを簡単に倒せます。また、レバー操作をした際、バタンと大きな音を立てて倒れるのではなく、静かにゆっくりと倒れるのも好印象でした。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの後部座席の背もたれを倒した時の荷室・ラゲッジスペースは、このようになります。

■新型フォレスターの後部座席収納時の荷室

ご覧いただければ分かると思いますが、後部座席の背もたれを収納した時の荷室フロアは、ほぼフルフラット状態になります。(厳密にいうと、若干の手前下がりになっていますが…)

なので、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースは、先代モデルよりも格段に使い勝手が良くなったように感じました。

後部座席の倒し方2:背もたれに用意されているレバー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席の背もたれを倒すもう一つの方法は、背もたれの肩口に用意されているレバーを操作する方法です。

■新型フォレスターの後部座席の肩口のレバー

この新型フォレスの後部座席に備わっているレバーを引くと、背もたれのロックが解除されます。後は手動で、背もたれを前方に倒すだけ。

後部座席の横にあるサイドドアから後部座席の収納作業をする時には、この倒し方が便利なのかなと思いました。

ちなみに、この新型フォレスター(Forester)の後部座席の肩口に用意されているレバーは、背もたれを前方に倒すだけのものです。

後部座席の背もたれをリクライニングする際は、このレバーではなく、シートの座面と背もたれの間からピロピロと出ているストラップで操作する必要があるので、ご注意を…。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の後部座席の倒し方・収納方法を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、2通りの背もたれの倒し方を用意。

日産のエクストレイルやホンダのCRV/CR-Vなど競合車・ライバル車でも用意されていましたが、この新型モデルでも、レバー一つで後部座席の背もたれを倒す事ができる機能が備わっているのは、とても良いと思いました。

荷室・ラゲッジスペースに多くの荷物を積み込む方は、購入前に、後部座席の背もたれの倒し方や操作性をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型フォレスターの荷室のメリット【CRV/CR-Vには無い魅力とは?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする