新型フォレスターのプレミアの外装【ツーリングには無い専用装備とは?】

スバルが世界に誇るミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)が2018年6月にフルモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

今回新発売された新型モデル4つのグレードをラインナップしていますが、ガソリン車の中で最上位モデルに位置しているのが、”プレミアム(Premium)”です。

そんな新型フォレスター(Forester)と他のガソリン車のグレードでは、積んでいるエンジンや走破性に違いはありません。ただ、見た目のデザインや乗り心地に若干の違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”と最廉価グレードの”ツーリング(Touring)”の外装・エクステリアは、何が違うのでしょうか?

ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”の外装・エクステリアのみに用意されている専用装備を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター プレミアムの外装【ツーリングとの違いとは?】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のガソリン車の最上位モデル”プレミアム”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター プレミアムの外装

一方、最廉価モデルのツーリング(Touring)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター ツーリングの外装

パッと見ただけでは、外装・エクステリアに大きな違いがないこの2台のモデルですが、最上位モデルのプレミアム(Premium)の外装には、次のような専用装備が用意されていました。

プレミアムの専用装備1:タイヤホイールのデザイン&サイズ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の”プレミアム(Premim)”の外装・エクステリアのみに用意されている専用装備の一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

今回新発売された新型モデルは全グレード異なるデザインのタイヤ&ホイールを採用しているのですが、このプレミアム(Premium)は、スタイリッシュな細めのスポークを採用したダークメタリック塗装&切削光輝加工を施したスタイリッシュなホイールを採用。

■新型フォレスター プレミアムのタイヤ&ホイール

かなりカッコいいですよね。

このグレードに備わっているホイールは、”プレミアム(Premium)”と言うグレード名に相応しいスタイリッシュなデザインに…。また、街中で映える高級感漂うオシャレなデザインになっているように感じました。

プレミアムの専用装備2:ウィンドウモール

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のプレミアムのみに用意されている専用装備の一つが、サイドウィンドウを彩るモールのデザインです。

最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”では、何の塗装が施さられていないブラックのウィンドウモールを採用していましたが、最上位モデルのウィンドウモールは、高級感漂うメッキ調のデザインに…。

■新型フォレスター プレミアムのサイドウィンドウモール

スタイリッシュなタイヤを相まって、新型フォレスター(Forester)のサイドビューを華やかに彩っている感じが…。

この新型モデルに相応しい高級感・上質感を演出したいのなら、やはり最上位モデルのプレミアム(Premium)なのかなと思いました。

ちなみに、このプレミアム(Premium)のアウトドアハンドルは、メッキ調のデザインではなく、ボディカラーと同色になっていました。

■新型フォレスター プレミアムのアウトドアハンドル

個人的には、このアウトドアハンドルもメッキ調デザインにしたら、”プレミアム”グレードらしい高級感がもっと出たのになと、思いました。

プレミアムの専用装備3:フロントフォグランプ

また、最廉価モデルのツーリング(Touring)には無く、新型フォレスター(Forester)ガソリン車の最上位モデルのプレミアム(Premium)のみに用意されている専用装備の一つが、フロントフォグランプです。

■新型フォレスター プレミアムのフロントフォグランプ

実は、フロントフォグランプ自体は、最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”でも、フロントフォグランプは用意されています。

しかし、”ツーリング(Touring)”に用意されているフロントフォグランプの光源は、ハロゲンになっています。

一方、新型フォレスター(Forester)のガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”では、スタイリッシュなLEDフォグランプを標準装備。

実際にこのLEDフォグランプを点灯してみると、このような感じ。

■新型フォレスター プレミアムのLEDフォグランプを点灯時の様子

LEDのフロントフォグランプは、シャープなデザインが印象的なLEDのヘッドライトとの相性も良く、車格に相応しい高級感・上質感を兼ね備えているように感じました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型フォレスター(Forester)のガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”と最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

また、ガソリン車の最上位モデルの”プレミアム(Premium)”の外装・エクステリアには、専用デザインのホイールや、サイドビューを華やか彩るメッキ調のサイドウィンドウモールを標準装備。

できるだけ乗り出し価格を抑えたいのなら、最廉価モデルのツーリング(Touring)でも良いと思います。走破性や安全装備に違いは無いので…。

ただ、外装や内装の高級感、デザイン性にもこだわりたいのなら、最上位モデルのプレミアム(Premium)の方が良いのかなと思いました。

>>> 新型フォレスターの内装色【ブラックとブラウンでどれだけ違う!?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする