おすすめのアイテムは!?新型フォレスターXブレイクのオプションを確認してみた

2018年6月、日本だけではなく、北米でも高い人気を獲得しているミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)の5代目がデビューをしました。

ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)がラインナップされるなど、話題に事欠かないこの新型モデルですが、先代モデルでは特別仕様車だった”Xブレイク(X-BREAK)”が標準グレードに格上げされたのも見逃せないポイントの一つです。

そんな新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)ですが、ガソリン車の最上位モデルのプレミアム(Premium)などと比較すると、機能や装備が劣るのが欠点・デメリットの一つです。

ただ、この新型Xブレイク(X-BREAK)では、この欠点・デメリットを補うオプションが用意されています。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)を購入する際に装備した方が良いおススメのオプションは、なんだったのでしょうか?

先日、この新型モデルの試乗をした際、ディーラーさんにこの新型Xブレイク(X-BREAK)に最適なおススメのオプションを教えて貰ったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター Xブレイクにおススメのオプションは?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)の外装・内装は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター Xブレイクの外装

■新型フォレスター Xブレイクの内装

外装や内装に施されたオレンジのアクセントラインが印象的ですよね。

また、この新型Xブレイク(X-BREAK)はルーフレールや撥水加工が施された荷室・ラゲッジスペースが標準装備されるなど、他のモデルには無い機能や装備が盛り沢山。

キャンプやスキーやスノーボード、サーフィンなどのアウトドアレジャーに行く人には、ピッタリなモデルになっているのかなと思いました。

そんな新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)に用意されているメーカーオプションを確認したところ、次のようなアイテムを用意していました。

■新型フォレスター X-BREAKに用意されているメーカーオプション
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・パワーリヤゲート
・アイサイトセーフティプラス(運転支援)
・アイサイトセーフティプラス(視界拡張)

ディーラーさんおススメのメーカーオプションは?

このようなメーカーオプションを用意していた新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)ですが、ディーラーさんが絶対に装着して欲しいと言っていたメーカーオプションが次の2つです。

■ディーラーさんおススメのメーカーオプション
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・アイサイトセーフティプラス(運転支援)

今回新発売された新型Xブレイク(X-BREAK)のベースは最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”になっている事もあり、機能や装備が充実していないのが欠点・デメリットの一つです。

そんな新型Xブレイク(X-BREAK)で私が特にガッカリしたのは、標準仕様のエンジンの掛け方です。

最近は軽自動車でも、鍵を携帯していれば、ワンプッシュでエンジンを立ち上げるプッシュスタート式のエンジンを採用していますが、この新型Xブレイク(X-BREAK)では、一昔前の鍵を差し込むタイプのデザインに…。

この新型Xブレイク(X-BREAK)の車格や乗り出し価格を考えると、ちょっと残念ですよね。
この一昔前のキーをプッシュスタートエンジンに変えてくれるのが、メーカーオプション設定になっているキーレスアクセス&プッシュスタートです。

ちなみに、メーカーオプションの”キーレスアクセス&プッシュスタート”を装着すると、内装・インテリアは、このようなデザインになります。

■新型フォレスター X-BREAKのキーレスアクセス&プッシュスタート

ディーラーさん曰く、「発進までのスムーズさ手軽さを感がると、キーレスアクセス&プッシュスタートは是が非でも装着して欲しい」との事。

私ももし新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)を購入するのなら、せめてキーレスアクセス&プッシュスタートは、欲しいなと思いました。

新型フォレスター Xブレイクの安全装備を高めるアイサイトセーフティプラス(運転支援)

また、ディーラーさんが強くおススメをした新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)のメーカーオプションの一つが、アイサイトセーフティプラス(運転支援)です。

今回フルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルは、スバルの最新の安全装備システム”アイサイト バージョン3(Eeysight Ver.3)”が全グレード標準装備されています。
なので、基本的な安全装備は、元から付いております。

しかし、メーカーオプションになっているアイサイトセーフティプラス(運転支援)を装着すると、車線変更やバックでの出庫する際の危険を知らせてくれる”スバルリヤビークルディテクション”などが追加されます。

私も先日、この新型モデルを試乗した際にスバルリヤビークルディテクションを試させて貰ったのですが、サイドミラーに装着されたカメラが死角をしっかりとカバーしてくれるので、安心をして車線変更をする事ができました。

長距離ドライブをすると、注意力が散漫になったりする事ってありますよね。

高速道路なってに乗って、アウトドアレジャーに行く人には、高速道路での車線変更をラクにしてくれるアイサイトセーフティプラス(運転支援)は、特におススメできるアイテムのように感じました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)のおススメのオプションを確認したところ、このようになっていました。

ちなみに、この新型モデルでは、メーカーオプションは単体で購入する事ができず、すべてセット販売になっており、今回ディーラーさんがおススメしてくれた”キーレスアクセス&プッシュスタート”と”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”のみの販売はありません。

ただ、この”キーレスアクセス&プッシュスタート”と”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”に”運転席&助手席8ウェイパワーシート”を加えたセットオプションは用意されており、価格は16万2000円でした。

決して安い金額ではありませんが、使い勝手の事を考えると、十分に元を取れるオプションなのかなと思いました。

もし新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)の購入を検討している方は、これらのオプションの装着も検討してみてくださいね。

>>> 3つの専用装備とは?新型フォレスターX-BREAKの荷室・ラゲッジルー

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする