3つの専用装備とは?新型フォレスターX-BREAKの荷室・ラゲッジルーム

2018年6月、スバルの人気ミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目がデビューをしました

今回新発売された新型モデルでは4つのグレードを用意していますが、その中でも特に異彩を放っているのが、特別仕様車から一般グレードに格上げをしたX-BREAK(Xブレイク)です。

そんな新型X-BREAK(Xブレイク)の人気の秘訣の一つが、専用装備を備えた荷室・ラゲッジスペースです。

今回新発売された新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジルームは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、他のモデルの荷室・ラゲッジスペースとどのような違いがあったのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室・ラゲッジスペースを紹介したいと思います。また、スバルの新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室・ラゲッジスペースに用意された3つの専用装備を紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターX-BREAKの荷室レビュー:3つの専用装備とは?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターX-BREAKの荷室・ラゲッジルーム

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジルームの広さは、他のグレードと同じになっています。また、後部座席を収納して、広い荷室・ラゲッジスペースにできる事など、荷室アレンジについても、全く同じです。

■新型フォレスターX-BREAKの荷室アレンジ

ただ、今回新発売された新型X-BREAK(Xブレイク)は、他のグレードの荷室・ラゲッジスペースと異なり様々な専用装備を用意していました。

そんな新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースのみに用意されている専用装備を紹介したいと思います。

新型X-BREAKの荷室の専用装備1:荷室フロア

今回新発売された新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースのみに用意されている専用装備の一つが、撥水加工済みの荷室フロアです。

■新型フォレスターX-BREAKの荷室フロア

他のグレードでは、カーペット素材の一般的な荷室・ラゲッジフロアになっているのに対し、この新型X-BREAK(Xブレイク)では、プラスチック素材のような撥水加工済みの荷室フロアを標準装備。

なので、ウェットスーツ、スキーやスノボーのウェアをそのまま荷室・ラゲッジスペースに置く事ができます。また、汚れた時もタオルや雑巾でサッと拭き取ればキレイになるので、自転車などの泥が付いたアイテムも気軽に積み込める事ができちゃいます。

やはり荷室・ラゲッジスペースの汚れって気になりますよね。

汚れや傷を気にせずに、気軽に荷室・ラゲッジスペースを使えるのは、新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の大きなメリットの一つなのかなと思いました。

また、今回新発売されたX-BREAK(Xブレイク)の荷室・ラゲッジスペースでは、重たい荷物を積み込みやすいレール(スムーザー)も装備。

■新型フォレスター Xブレイクの荷室レール

キャンプやアウトドアなど、重たい荷物をたくさん積み込まないといけない時には、重宝するのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、汚れや傷に強い撥水加工処理が施された荷室・ラゲッジスペース目当てで、小さいお子さんがいるファミリーの方もこの新型X-BREAK(Xブレイク)を選んでいく方が多いようですよ。

新型X-BREAKの荷室の専用装備2:リヤゲートランプ

また、テールゲートの裏側に用意されているリヤゲートランプも新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の専用装備の一つです。

■新型フォレスター X-BREAKのリヤゲートランプ

今回新発売された5代目新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)は、通常、荷室・ラゲッジスペースの入り口付近の天井に一つラゲッジランプが用意されているだけです。

ただ、標準装備されているラゲッジランプは、明るさに定評のあるLEDではなく、また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは広い事もあり、ちょっと暗いんですよね。

しかし、この新型X-BREAK(Xブレイク)では、リヤゲート部分にランプが装着されているおかげで、他のグレードよりも荷室・ラゲッジルームを明るく照らしてくれます。しかも、このリヤゲートランプは、嬉しいLEDライトです。

また、これに伴い新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)に用意されているラゲッジランプは、LEDライトになっています。

ちなみに、LEDのラゲッジランプが標準装備されているは、この新型X-BREAK(Xブレイク)だけです。

このように夜間の荷物の積み下ろしをラクにしてくれるリヤゲートランプが標準装備されているのも新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

オレンジのアクセントラインが印象的なアクティブ指向モデル新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

この新型X-BREAK(Xブレイク)には、様々な専用装備を備えていますが、荷室・ラゲッジスペースもこのように様々な専用装備を採用。他のグレードの荷室・ラゲッジスペースよりも確実に使い勝手は良いように感じました。

この新型X-BREAK(Xブレイク)は見た目がハデなので、好き嫌いは分かれますが、この見た目が気にならなければ、十分に満足できるのかなと思いました。

>>> アイサイトは付いている?新型フォレスターXブレイクの安全性を確認

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする