乗り降りしやすくなった!?新型フォレスターの乗降性インプレッション

オンロードもオフロードも難なく走れる走破性が魅力のスバルの新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にモデルチェンジを行いました。

今回新発売された5代目モデルは、キープコンセプトとなっているため、外装や内装に大きな変化はありませんが、実際に試乗をしてみると、様々な違いが…。

そんな5代目新型フォレスター(Forester)を試乗してみて、先代モデルよりも良くなっていると感じたのが、乗り降りのしやすさです。

今回新発売された新型モデルの乗降性・乗り降りのしやすさは、どうだったのでしょうか?また、先代モデルよりもどこが良くなったのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの乗降性・乗り降りのしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターの乗降性レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの外装・エクステリア

そんな5代目モデルのフロントシートとリアシートのドアを開けてみると、開口部は、このような感じになります。

■新型フォレスターのドア開口部の広さ:フロントシート

■新型フォレスターのドア開口部の広さ:後部座席

この新型モデルは本格派のSUVと言う事でドア開口部のフロアの高さは、比較的高めになっています。

■新型フォレスターの地上からドア開口部の下端までの高さ
フロントシート:450mm
リアシート :470mm

この新型モデルは、地上からドア開口部までの下端が高くなっているため、この新型モデルで乗り降りをする際は、コンパクトカーなどよりも足を高く上げる感覚があります。なので、足腰が弱い年配の方や小さいお子さんがいる場合は、注意が必要です。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の乗降性は、先代モデルよりも明らかに良くなっていました。

進化のポイント1:ドアが開く角度

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の乗降性で、先代モデルよりも良くなったと感じた事の一つが、ドアの開き方です。

今回新発売された新型モデルは、ご覧の通り、フロントシート・後部座席どちらのドアも90度近くまで開く事が可能です。

■新型モデルのドア開閉角

実はこのクラスのクルマで後部座席のドアが90度近くまで開くのは、珍しいんですよね。
この大きく開くドアのおかげで、高いくの良い人でも乗り降りがしやすくなった感じが…。また、チャイルドシートに子供を乗せやすくなったのも、嬉しいポイントの一つなのかなと思いました。

進化のポイント2:ドア開口部

また、ディーラーさんに教えて貰ったのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は、30mm程Cピラーを下げて、後部座席のドア開口部を広くしたそうです。

たった30mmなので、先代モデルと新型モデルの後部座席の開口部を比較しても、その違いには気づきません。

ただ、実際に乗り降りをしてみると、頭の出し入れが先代モデルよりもしやすくなった感じが…。(先代モデルよりもドア開口部が広くなった影響もあると思いますが…)

この広くなったドア開口部も先代モデルよりも進化をした部分だと思いました。

進化のポイント3:ステップの大型化

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の乗降性を確認していて、スゴイ便利と感心したのが、後部座席のドア開口部に用意されているステップが大きくなっていた事です。

■新型フォレスターのステップ

ドア開口部に用意されているステップは、ルーフレールやルーフキャリアを使用する際の足場になるのですが、先代モデルよりもステップが大きくなっており、重たい荷物の積み降ろしがラクにできるようになった感じが…。

また、この大型化されたステップは、ルーフレールの使い勝手を良くするだけではなく、洗車する時などにも重宝するのかなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の乗降性・乗り降りのしやすさを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルは、本格派SUVと言う事で、競合車・ライバル車よりもドア開口部の下端が高く設定してあるため、乗り降りをする際、足を少し高く持ち上げる必要があります。

ただ、今回新発売された新型モデルは、ドア開口部を広くするなど、乗り降りがしやすいくなるような様々な工夫が施されており、先代モデルよりも乗り降りがしやすくなっていたのは、好印象でした。

また、ステップが大きくなっており、ルーフでの作業がラクになったのもとても良いと思いました。

>>> どこが進化した?新型フォレスターのパワーリヤゲートの改良点とは?

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする