新型フォレスターのサンルーフっていらない!?【実車を見て気になった欠点】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)は4つのグレードを用意していますが、アクティブモデルのX-BREAK(Xブレイク)を除いた3グレードでは、メーカーオプションでサンルーフを装着する事ができます。

先日、メーカーオプションのサンルーフを装着した5代目新型フォレスター(Forester)を見る事ができたのですが、ちょっと気になった事も…。

私が実際にこの新型モデルに用意されているサンルーフを見て、気になった事・残念に思った事は、何だったのでしょうか?また、メーカーオプションに用意されているサンルーフはいらないのでしょうか?

この5代目に用意されているサンルーフを実際に見て、残念に感じた事や欠点、デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスターのサンルーフの欠点・デメリットは?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のサンルーフは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターに用意されているサンルーフ

このサンルーフを開けるスイッチは、フロントシートの上部のルームランプ部分に用意されています。

そして、このスイッチを操作して、サンルーフを開けてみると、このような感じ。

■新型フォレスターのサンルーフを開けた時の様子

かなり大きなデザインですよね。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているサンルーフは、サイズが大きく、後部座席からでも開放感を味わえるのが、とても良いと思いました。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vの最上位モデル”EX マスターピース”でも、サンルーフは標準装備されています。

しかし、新型CRV/CR-Vのサンルーフは、新型フォレスター(Forester)のサンルーフと異なり、半分くらいしか展開する事ができません。

この広いサンルーフの開口部は、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルだけの魅力の一つなのかなと思いました。

ただ、その一方、この新型モデルのサンルーフには、欠点・デメリットも…。

私がメーカーオプション設定になっているこの新型フォレスター(Forester)のサンルーフを確認してみて気になった事・欠点に感じた事を包み隠さずお話いたします。

新型フォレスターのサンルーフの欠点1:チルト機能

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されたサンルーフはサイズが大きく後部座席にいても、開放感が味わえるのは、とても良いです。

ただ、この新型モデルに用意されているサンルーフを実際に使ってみて、欠点・デメリットに感じた事の一つは、サンルーフの後方を少し持ち上げるチルト機能が用意されていなかった事です。

チルト機能が用意されていると、車内の換気や少し新鮮な空気を車内にいれたい時に便利なんですよね。

ちなみに、新型フォレスター(Forester)の競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型CRV/CR-Vや日産のエクストレイルに備わっているサンルーフでは、しっかりとチルト機能が備わっています。

なので、この5代目モデルのサンルーフでもチルト機能は、当然のように備わっていると思っていたので、ディーラーさんにチルト機能が用意されていないと教えてもらった時には、かなりガッカリ…。

このように競合車・ライバル車に備わっているサンルーフのチルト機能が用意されていない事は、この新型モデルの大きな欠点・デメリットの一つだと思いました。

新型フォレスターのサンルーフの欠点2:価格設定

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の欠点・デメリットの一つは、価格設定です。

この新型モデルに用意されているサンルーフ自体のオプション価格は、5万4000円となっており、競合車・ライバル車と比較しても、高いわけではありません。競合車の一つでもあるホンダの新型CRV/CR-Vの上位モデルには、サンルーフが標準装備されていますが…。

ただ、この新型モデルでは、サンルーフのみを単体購入できる設定はなく、他のメーカーオプションとセットでは買えない仕組みになっています。

ちょっとコレは残念ですよね。

ちなみに、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”やハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”に用意されているサンルーフを含む一番安いオプションを確認してみたところ、次のようになっていました。

■サンルーフを含む最安値オプション
セット内容:
・パワーリヤゲート
・サンルーフ
オプション価格:108,000円

また、サンルーフを含む一番高いオプションは、すべてのメーカーオプションを装着した仕様で、オプション価格はなんと25万円以上…

■サンルーフを含む最高値オプション
セット内容:
・パワーリヤゲート
・サンルーフ
・本革シート
・アイサイトセーフティプラス(視界拡張)
・ルーフレール
オプション価格:280,800円

>>>  新型フォレスター アドバンスの見積もり【オプションを全装着時の乗り出し価格は?】

ちょっと高いですよね。
サンルーフ単体で購入できるようにしてくれた方が装着率は、伸びると思うのですが…

このように他のオプションとセットで購入しないといけないようになっているのも、新型フォレスター(Forester)のサンルーフの残念な部分でした。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のサンルーフは、このようなデザインになっていました。

このサンルーフの大きさには大満足だったのですが、チルト機能が用意されていないなど、競合車・ライバル車と比較すると、機能面や装備面で見劣りする部分も…。

新型フォレスター(Forester)にサンルーフを装着すると、窮屈感や圧迫感がなくなると言うメリットがあるので、「絶対にいらない!」「装着する意味はない!」とまでは言えません。サンルーフを装着すると、リセールバリューも高くなりますし…

ただ、アイサイトセーフティプラス(視界拡張)やルーフレールなど、他のメーカーオプションと比較すると、個人的には、優先順位は落ちるのかなと思いました。

>>> 新型フォレスターのルーフレールは必要?【実車を見た感想を包み隠さず紹介します】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする