新型フォレスターの内装色【ブラックとブラウンでどれだけ違う!?】


スバルのミドルクラスSUV5代目新型フォレスターが2018年6月にデビューをしましたが、その中でも特に人気が高いのは、ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)です。
今回新発売されたハイブリッド仕様アドバンス(Advance)の魅力の一つが、本革シート選択時の内装色のカラーです。

ガソリン車で用意された内装色はブラックのみですが、新しく設定されたハイブリッド車のアドバンス(Adbance)では、ブラックに加えてブラウンの内装色を選択できるようになっていました。

先日、新型フォレスター(Forester)を試乗した際、ブラウンの内装色を見る事できたのですが、ブラックの内装色の時と車内の雰囲気が全く違う感じが…

この新型モデルに用意されているブラックとブラウンの内装色は、それぞれどのようなデザインだったのでしょか?また、ブラックとブラウン本革では、車内の雰囲気にどんな違いがあったのでしょうか?

内装色によって、新型フォレスター(Forester)の車内の雰囲気がどれだけ変わるのか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター アドバンスのブラック本革はスポーティーな内装

メーカーオプション設定になっているブラックの本革シートを選択した時の新型フォレスター(Forester)のアドバンスの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター ブラック本革の内装・インテリア

このブラック本革を施した新型モデルの内装・インテリアを一言で表すと、モダンスタイリッシュ。

インパネやセンターコンソールのサイドの部分にあしらわれたシルバーの加飾との相性が良く、ビシっと引き締まったモダンテイストの内装・インテリアになっているように感じました。

ブラック本革の内装の注目ポイント

そんな新型フォレスター(Forester)に用意されているブラック本革の内装・インテリアで特に良いと思ったのが、センターコンソールのサイドの部分です。

標準仕様のセンターコンソールは、なんの加飾も施されていないシンプルな作りに…。

■標準仕様のセンターコンソール

プラスチックが剥き出しになっているため、見た目がチープです。

一目見た時から、「5代目モデルの内装・インテリアは、先代モデルよりも良くなったが、センターコンソールは安っぽいな…。」と思っておりました。

また、標準仕様のセンターコンソールはザラザラとした肌触りになっており、運転中に、このセンターコンソールのサイドの部分に足が触れると、ちょっと痛いです。

しかし、メーカーオプションのブラック本革にすると、このセンターコンソール部分がゴムのような柔らかい素材に…。

■ブラック本革のセンターコンソール

このブラック本革のセンターコンソールには、ポツポツの穴のあいたパンチング加工が施されており、見た目もスタイリッシュなデザインに…。ワンポイントアクセントになっているシルバー加飾との相性も良いです。

また、ゴムのような柔らかい素材を採用しているため、運転中、左足がセンターコンソールに触れた時の感触が良いのも好印象でした。

このように細部までしっかりと作りこんでスタイリッシュさ・高級感を演出しているのが、新型フォレスター(Forester)のブラック本革の魅力だと思いました。

車内をパット明るくしてくれる新型フォレスターのブラウン本革

一方、新型フォレスター(Forester)の最上位モデルに位置するハイブリッド車のアドバンス(Advance)のみに用意されているブラウン本革の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター ブラウン本革の内装・インテリア

ブラック本革の内装・インテリアがスタイリッシュさを追求したデザインになっていたのに対し、ブラウン本革はオシャレな感じに…。

スバルのクルマとは思えない洗練されたデザインになっているように感じました。
また、女性には人気が出そうな内装・インテリアの雰囲気になっていました。

ブラウン本革のメリット

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のブラウン本革の内装・インテリアのモデルを試乗していて良いと思ったのが、ブラック本革よりも車内の広さを感じられた事です。

今回新発売された5代目モデルに用意されているブラック本革は高級感のあるデザインになっているのですが、車内のブラックの面積が多すぎるため、圧迫感のある重苦しい雰囲気になっているのが、欠点・デメリットの一つです。

特に後部座席に座ると、圧迫感を感じます。

しかし、ブラウン本革の内装・インテリアは、シートやセンターコンソール、ドア内側パネルにブラウンカラーを散りばめているため、車内全体が明るい雰囲気に…。後部座席に座っても、ブラック本革で感じたような圧迫感・窮屈感は、一切感じませんでした。

ブラック内装・インテリアが少し地味に感じた方、カフェのようなオシャレな内装・インテリアのクルマに乗りたいと思っている方は、このブラウン内装・インテリアがピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、メーカーオプションになっている新型フォレスター(Forester)の大型サンルーフと組み合わせると、さらに開放感がアップします。

■新型フォレスターの大型サンルーフ

メーカーオプション設定になっている新型フォレスター(Forester)ブラック本革とブラウン本革の内装色を確認したところ、それぞれこのようなデザインになっていました。

ブラック・ブラウンどちらの本革を選んでも、十分に満足できる高級感・上質感を得る事はできます。ただ、選択するカラーで内装・インテリアの雰囲気は、全く違う感じが…。

ブラック本革の内装色は引き締まったスタイリッシュなデザインになっていたのに対し、新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様アドバンスに用意されているブラウン本革の内装は、ヨーロッパのクルマと比較しても遜色ないオシャレさを備えているように感じました。

ブラックの内装色は圧迫感を感じやすい、ブラウンの内装色は汚れが目立つと、それぞれ欠点・デメリットもありますが、どちらの内装色を選んでも十分に満足できるデザイン性を備えています。

なので、後はご自身の目で実際に確認して、ピンと来た方を選ぶのが良いのかもしれませんね。

>>> 新型フォレスターのメーターはグレードで異なる!?【全3種類を実車画像で公開】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

<スポンサーリンクと関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする