アドバンス専用のアイテムとは?新型フォレスターのオプションを徹底解剖

スバルの中でも特に人気が高いミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、2018年6月に5代目モデルに移行をしました。

今回新発売された新型モデルは、4つのグレードをランナップしていますが、その中でも特に人気が高いのは、e-BOEXERと名付けられたハイブリッドシステムを搭載さした最上位モデルのアドバンス(Advance)です。

私がお世話になっているディーラーでは、なんと4割近くのお客さんが、このアドバンス(Advance)を選択していくそうです。

そんな新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”を購入する際に悩むのが、オプションですよね。

この新型モデルでは、アドバンス専用のオプションも用意しているので…。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの5代目モデルのハイブリッド車では、どのようなメーカーオプションが用意されているのでしょうか?また、”アドバンス(Advance)”専用のメーカーオプションとは、何だったのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”に用意されているメーカーオプションを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フォレスター アドバンスのメーカーオプションは何が用意されている?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型フォレスターのアドバンスの外装

この”アドバンス(Advance)”は、シルバー塗装されたフロントバンパーバンパーガードやリヤバンパーガードを標準装備。また、シルバー塗装されたサイドミラーやメッキ調のドアハンドルもアドバンス(Advance)の専用装備となっています。

■新型フォレスター アドバンスのサイドミラー

■新型フォレスター アドバンスのメッキ調のドアハンドル

このようにガソリン車よりも先進的なイメージのある”アドバンス(Advance)”は、次のようなメーカーオプションを用意していました。

■新型フォレスター アドバンスに用意されているメーカーオプション
・ルーフレール
・大型サンルーフ
・本革シート
・アイサイトセーフティプラス(視界拡張)
・パワーリヤゲート

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”に用意されているメーカーオプションは、基本的にはガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”と同じになっていました。

ただ、次のオプションに関しては、アドバンス専用のデザインを用意しており、ガソリン車とは差別化を図っていました。

アドバンス専用のオプション1:本革シート

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”専用のオプションになっていたのが、本革シートです。

ガソリン車では、ブラックの本革シートしか選べないようになっているのですが、新しくラインナップされたハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”では、ブラウンの本革シートも用意。

ブラックとブラウンの2つのカラーから好きな方を選べるようになっていました。

私は先日、試乗したモデルはブラウンカラーの本革シートを装着したモデルだったのですが、予想以上にオシャレなデザインに…。

■ブラウンの本革シートを装着したアドバンスの内装

また、ブラウンの本革シートを選択すると、センターコンソールやドア内側パネルもブラウンカラーに変更されます。

■ブラウン本革選択時のドア内側パネル

■ブラウン本革選択時のセンターコンソール

ブラウン本革にすると、車内が華やかな印象になる一方、ちょっとハデになり過ぎると言う欠点もあるのですが、今回新発売された新型フォレスター アドバンス(Forester Advance)はブラウンの色味が良いため、ハデすぎる感じは一切しません。

また、ブラウンとベースのバランスが絶妙で、ブラック本革は標準仕様の内装・インテリアでは味わえない上質感&高級感がありました。

個人的には、このブラウンの本革シート目当てで、”アドバンス(Advance)”を選択しても良いのかなと思っちゃうくらい気に入りました。

アドバンス専用のオプション2:ルーフレール

また、ルーフレールも新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”専用のデザインになっています。

■新型フォレスター アドバンスのルーフレール

ルーフレール自体は、Xブレイク(Xブレイク)を除いたガソリン車でもオプション設定になっているのですが、この”アドバンス(Advance)”に用意されているルーフレールは、シルバー塗装が施された専用デザインに…。

そのおかげもあり、この新型アドバンス(Advance)に用意されているルーフレールは、他のモデルのルーフレールよりもスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

また、先ほど紹介したアドバンス専用デザインになっているメッキ調のアウトドアハンドルやシルバーのサイドミラーとの相性も良く、ハイブリッド車らしい先進性を演出しているように感じました。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車のアドバンスはルーフレールも専用デザインになっているので、注目をしてみてくださいね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”では、このようなメーカーオプションを用意していました。

また、ハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”では、ブラウンの本革シートやルーフレールなど、ガソリン車とは異なる専用デザインのメーカーオプションを用意。

特に車内を華やかに彩ってくれるアドバンス専用デザインのブラウンの本革シートは、印象的でした。

このように今回新発売された新型フォレスター(Forester)の”アドバンス(Advance)”では、ガソリン車と全く異なる雰囲気を演出する専用デザインのメーカーオプションを用意しているので、注目をしてみてくださいね。

>>> 新型フォレスター アドバンスの見積もり【オプションを全装着した時の価格は?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする