新型フォレスターの外装の魅力を徹底解剖【単なるキープコンセプトではない!?】

日本を代表するSUVとして人気が高いスバルの新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売された5代目モデルの外装や内装はキープコンセプトになっているため、あまり変わらない印象ですが、スバルの最新のプラットフォーム”スバルグローバルプラットフォーム”を採用するなど、先進性と利便性は大幅に進化。

見た目はそんなに変わっていないのですが、先代モデルよりも信頼感の高いクルマになっていました。

そんな新型フォレスター(Forester)の外装・エクステリアの進化のポイント、魅力を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

5代目新型フォレスターの外装の特徴は?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)は、人気が高かった4代目モデルのイメージを踏襲したデザインになっています。

■4代目モデルの外装・エクステリア

■5代目新型フォレスターの外装・エクステリア

このように2台のモデルを並べて比較してみると、この2台のモデルは同じラインに乗っているは明らかです。

ただ、今回新発売された新型モデルは、SUVらしいチカラ強さと存在感のあるのデザインに…

また、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の外装・エクステリアの各装備は、先代モデルよりも格段に進化しており、ワンランク上の車格感のクルマになっていました。

そんな5代目モデルの進化のポイントを実車画像を交えて紹介したいと思います。

進化のポイント1:ボディサイズ

2018年7月にデビューをした新型フォレスター(Forester)が先代モデルと大きく変わった点の一つは、ボディサイズです。

■新型フォレスターのボディサイズ
グレード:プレミアム(Premium)
全長:4,625mm
全幅:1,815mm
全高:1,715mm

今回新発売さえた新型モデルのボディサイズは、先代モデルと比較して、全長が+15mm、全幅が20mm、ホイールベースが30mmとわずかに大きくなりました。

ただ、この新型モデルの最小回転半径は5.4メートルとなっており、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの数値に…。視界性も良く、大きくなったボディサイズを感じさせない運転のしやすさを備えていました。

また、今回新発売された新型モデルは、日常で取り回ししやすいサイズ感をキープしつつも先代モデルよりも車内が広く、快適にすごせるようになったのは、好印象でした。

進化のポイント2:SUVらしい迫力のあるデザインに…

先ほどもお話した通り今回デビューをした5代目新型フォレスター(Forester)は、先代モデルを踏襲した外装・エクステリアのデザインになっています。

ただ、この新型モデルは先代モデルよりも”たくましさ”が増して、SUVらしいチカラ強さを感じる外装・エクステリアになっていました。

例えば、フロントグリル。

今回新発売された5代目モデルでも先代モデルと同様に六角形の”ヘキサゴングリル”を採用していますが、先代モデルよりも厚みのあるデザインになっており、精悍なフロントマスクを演出しておりました。

■5代目新型フォレスターのヘキサゴングリル

また、この新型モデルではホイールアーチにクラッディングを採用しており、先代モデルよりもSUVらしい躍動感のあるデザインになっているのも印象的でした。

進化のポイント3:LEDヘッドランプを標準装備

今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)は、最近のスバル車のアイコンとも言える”コ”の字型のLEDヘッドライトを全グレードに標準装備。

■新型フォレスターのLEDヘッドライト

実際にこのLEDヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■新型フォレスターのLEDヘッドライトを点灯した時の様子

薄型のヘッドライトのおかげで、今回新発売された新型モデルは、先代モデルよりも凛々しい顔つきになっていました。

また、今回新発売された新型モデルは全グレード共通でフロントフォグランプを標準装備。メッキ加飾が施されたフォグランプベゼルが良いワンポイントアクセントになって、迫力のあるフロントマスクの一役を買っているように感じました。

■新型フォレスターのフロントフォグランプ

進化のポイント4:ワイド感が増したリヤランプ

先代モデルと共通点が多い5代目新型フォレスター(Forester)の外装・エクステリアですが、先代モデルと大きく異なるのが、リヤコンビネーションランプです。

■5代目新型フォレスターのリヤコンビネーションランプ

今回新発売された新型モデルは、テールゲートに食い込んでいるような横に長いデザインに…。

この新型モデルの全幅は20mmほどアップしただけですが、先代モデルよりも大きくなったリヤコンビネーションランプのおかげで、数値以上の安定感&ドッシリ感のある後ろ姿になっていました。

また、リヤバンパーも立体的な形状となり、SUVらしさが強調されているのも印象的でした。

新型フォレスターの外装のまとめ

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型フォレスター(Forester)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回デビューをした5代目モデルは先代モデルのスタイルをそのまま踏襲したスタイルになっていましたが、あらゆる面で進化をしていました。また、フロントマスクの迫力が増して、先代モデルよりも存在感&信頼感のあるデザインになっていました。

最初この新型モデルを見た時、「外装・エクステリアはマイナーチェンジくらいの変更しかないな」と感じてしまったこの5代目モデルですが、細かく確認してみると、先代モデルの良いところしっかりと残しつつ、全方位的にレベルアップをさせたように感じました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする